高妻山


10月20日好天に恵まれ素晴らしい紅葉が楽しめた。4:30に自宅を出発、上信越道を長野に向かう。この時期はまだ真っ暗闇である。途中、大座法師池で朝食をとる。戸隠キャンプ場には6:10到着。すでに数台の車が止まっていた。支度をして10分後に歩き始める。牧場の中の道を気持ちよく歩く。早朝の陽の光をねらってのカメラマンも大きな三脚を構えていた。大洞沢に沿って湿りがちの登山道を登り上げる。岩盤では鎖に助けを求める。帯岩には「ご一行」様が列をなしていてしばし渋滞。足置き場は岩が削られていて心配はいらない。最後の鎖場を登りきり、7:35に一杯清水に着く。冷たい水を飲み、ポリに給水する。15分で一不動に到着。ここには避難小屋があり15人程度収容できるとのこと。ご一行を含め大勢の登山者が休んでいた。ここからは尾根伝いに高妻山頂をめざす。二釈迦、三文殊、四普賢と石の祠が続き、上り下りの激しい道が続く。途中、目の前に迫る後立山連峰の姿に感動する。1998Mの五地蔵岳8:50到着。低木の中の山頂は少し狭いが丁度良い休憩場所で間食をとる。ここからの高妻山の景色は三角錐で格好が良い。八丁ダルミといわれそうな鞍部までは何回かの上り下りがあり、結構疲れを増す。この鞍部には9:50。これからは上りが続く。マガリタケに続きハイマツの生い茂る間の急坂を時には這い登る。久しぶりのせいか息が上がり、休み休み登り、山頂に着いたのは10:50。岩ばかりの山でピーク手前には大きな鏡が立っていた。2353Mの山頂は狭く、大勢の登山者で満杯。北アルプスが一望でき、素晴らしい景色に満足した。記念撮影をした後、鏡の近くに陣取り昼食。湯を沸かし、コーヒーを飲む瞬間はさっきまでの苦労は吹き飛ぶ。家で作ってもらったむすびとラーメンは最高の味である。1時間ほど休んで下山開始。急さかは下りが滑りやすく、結構気を使う。適当に休みながら一不動には13:45着。約2時間。不動滝から大洞沢を降り、15:00キャンプ場に無事到着。結構きつい山行であった。中社の近くの新しくできた温泉につかり、帰宅。
(2001年)            

雨飾山


 6月6日、上信越道を長野で降り、オリンピク道路を白馬に向かって走る。天候は良くない。降らなければ良しとする。小谷温泉を過ぎて登山口に着く。7:30ガスがかかっている登山道を登り始める。広川原のミズバショウは既に盛りをすぎていたが大きな群生だった。それに代わりイワカガミの可憐な花がきれいであった。ブナ林の中を荒菅沢に向かう。沢にはまだ雪渓が残っており、涼しく感じられた。ここから笹平までは一気に高度を稼ぐ(高度差400M)。滑りやすいきついのぼりを過ぎると、熊笹の高原で様々な花が咲いていた。雨飾温泉への分岐を過ぎるといよいよ最後の直登。さすがに100名山は簡単には登らせてくれない。ガスの切れ間から時々山頂が姿を見せるが、なかなか頂上には届かない。山頂には11:00に着いた。北峰にはお地蔵さんや祠が祭ってある。1963Mの三角点は南峰で、大勢が食事をしていた。景色も見えない中なのでゆっくりと昼食をとる。時間の余裕もあったので帰路は高山植物の写真をとりながら下山する。雨上がりは大変だと先輩に言われたことを思い出しながら滑りやすい道を慎重に下る。14:40登山口に到着。村営雨飾荘の温泉は硫黄泉で露天風呂も広々して気分爽快であった。帰りは白馬のジャンプ台を見学し、ジャンプの練習風景を見た。その日は長野の妻の実家に泊めてもらう。翌日はエムウエーブで共産党の大演説会。不破哲三氏を迎えての10000人の演説会は迫力があった。(1998年)

火打山


 9月20,21日に火打と妙高をめざした。臼田を出発したのは5:00過ぎ。途中朝食をとり笹ケ峰登山口に着いたのは7:30.駐車場は車で一杯だった。7:45登山開始。今回はテントを活での山行、木道を歩いたりして黒澤までは焼く時間。それからは十二曲という急登が続く。途中、北アルプスの素晴らしい景色を望む。10:30に富士見平で昼食をとる。富士山はもう少し先で見ることができた。登山道からは火打山の雄姿が見え隠れした。紅葉の始まった山々を眺めながら、11:45高谷池ヒュッテに到着。まず、ビールで乾杯。好天に恵まれ、小屋の周りは大勢の登山客で一杯であった。荷物を軽くし、12:10出発。天狗の庭はさすがに素晴らしい紅葉で、写真家が群がっていた。東側の崩落を前にしながら雷鳥平へと進む。山頂には13;45到着。
目の前の妙高山、焼山をながめながら景色を堪能した。14:30下山開始。高谷池ヒュッテには15:40着。この時間には日帰り登山者は下り、人は少なくなる。黒沢池のキャンプ場には1時間ほどで着いた。ヒュッテには大勢いたが、テントは2張りだけであった。ビールと酒を飲み、明日に備え早々と寝た。(1998年)



妙高山

 9月21日、小雨の中を6:10に黒沢池キャンプ場を出発。道も濡れているため、最初から雨具を着て登り始める。岩の多い苔むした沢を上り詰める。何の景色も見えないのでもくもくと歩く。登山者も少なく、静寂の中の登山になった。2時間ほどで妙高山頂、2446Mに到着。8:15。結構大勢の登山者でにぎわっていた。(写真左は前日に火打山で撮影。右は当日。)少し休憩して下山開始、ヒュッテには10:30到着。雨にぬれたテントを畳んでゆっくりと昼食。11:35下山開始。黒沢池の周りを通り、富士見平には12:20。ここで昨日の道と合流、テントが思い分疲れが増す。黒沢には13:03、笹ケ峰の登山口には14:45着。すっかりぬれた登山服を着替える。たいした雨でなく、昨日の好天を考えるとまあまあの山行であった。帰りは妙高温泉でゆっくり風呂につかり、上信越道を自宅に向かった。(1998年)