常念岳


コース:一の沢口より常念小屋を経て常念岳

▲山行日記
自宅を2時に出発、暗闇の中を安曇野に向かう。かつて学生時代にワンゲル部でしごかれた山である。今日は日帰りという強行スケジュールで妻と登ることになった。4時に林道に到着。天気予報では晴れるという事で出かけたものの、雨がぱらついてきた。明るくなるのを待って山行計画を決めようと車の中で一眠り。うとうとしているうちに日が射してきた。山は曇っているが運を天に任せ計画どうり決行。林道を進み遭難対策小屋の手前の路肩に駐車。山支度を整える。
  小雨に濡れた林道を歩き出す。久しぶりの山行なのでゆっくりと登り始める。初級者向きの北アルプスなのでどんどんと人が増える。二時間ほど登る頃には下りのパーテイと何組かすれ違う。小雨は止まない。初めて雨具を付けての山行となった。一の沢沿いに登山道は続き、いつまでたっても川が隣り合っている。川との別れ際は急登な登山道になっていてぬかるみも手伝って、苦しい登りとなった。
  小屋まであと1キロぐらいの地点から残りの距離が表示されていて何となく勇気づけられる。林をくぐり抜けると直ぐそこに常念小屋があり、風雨の強まる中、とにかく一服する。10時半だから5時間半かかってたどり着いたことになる。小屋は避難の人で満杯で、蝶ケ岳への縦走を止めたという人もいるくらい風が強かった。常念岳への瓦礫の道をよじ登り頂上はガスで何の景色もなかった。しかし雄大な山であり百名山にふさわしい山だ。常念小屋で昼食をとり、、雨の中を下り始める。同じ道だけどいつまでたっても小屋が見えない。長い下山道だった。穂高温泉に入り、21時帰宅。(97.8.10)