八ヶ岳


コース:八ケ岳別荘地よりそま添尾根を経て赤岳

▲山行日記
午前5時、八ケ岳別荘地の登山口より入山開始。天気は良いものの頂上は難しい空模様。そま添尾根コースは初心者には登りやすいコースと聞いていた。林間コースなのでほとんど周りの景色は見えない。ただひたすら登るだけ。十分の休養を取りながらバテないように、一歩一歩確実に標高を稼いでいった。尾根に出ると目の前に八ツ岳の主峰赤岳が見え、八ヶ岳が初めての裕子は感激していた。ガスに見え隠れはしたもののその雄姿は臼田から見慣れたものとはまた一味違うものであった。
横岳からの縦走路の三叉峰に到着。あとは稜線歩き。クサリ場やハシゴを渡っての登山はこれが始めての裕子は慎重に足元を固め、遂に主峰赤岳に登頂した。
2899Mの山頂は、日本百名山にふさわしい眺望であった。 ガスで四方の山を見下ろすわけにはいかなかったが、行者小屋方面の展望は良く、硫黄岳、天狗岳の眺めは見事であった。
帰り道、一人で横岳奥の院にまで足を伸ばす。途中コマクサの群生に出合う。久しぶりの高山での出合いであった。
いずれ縦走したい山脈である。(96.8.10