美ヶ原


 美ヶ原高原溶岩台地。2034M。長野県のど真ん中に広がる高原で霧が峰高原とともに日本百名山に加えられている。和田村の道の駅からビーナスラインを抜けて山本小屋まで車を走らせる。10:08 出発。牧場の中の『囲いの中』を散歩気分で歩き始める。放牧されている牛が主役で自分たちが囲いの中にいる感じで、制約された歩道を美しの塔に向かう。マツムシソウやヤマハハコが咲き乱れている。塩くれ場からはるか前方に槍ヶ岳が顔を見せた。しかし、この時刻になると山はガスがかかってきて北アルプスは霞んきていた。王ケ頭の台地は、ホテルと各放送局のアンテナ基地になっている。その西側を回ると美ヶ原最高地点・王ケ頭の石碑が立っていた。10:50.はるか下に松本平が広がり、もう少し晴れていればアルプスが一望出来たろう。南には高ボッチ、車山がどっしりとした山容で居座っていた。この台地の西端に王ケ鼻という展望台があるということなので行って見た。20分ほどでそこに着いたが多くの石像があり、眺めも良かった。景色を見通せる場所を選び、湯を沸かし、昼食にした。初秋の高原は心地よい風と眺めで「気分は最高」。道の駅で買ってきたリンゴをかじりながら1時間ほどすごした。
 地図には「2人の小道」が王ケ頭まで続いていたので行って見たが、石切り場への道の分岐から数十メートルで道は荒れており、早々に引き返した。人が入らぬ道であり、逆にきれいな草花が咲き誇っていた。ハクサンフウロ、オヤマリンドウなどの高山植物の写真をデジカメに収めながら山を下った。14:20 山本小屋着。久しぶりにゆったりした日本百名山の山行きだった。帰りに美ヶ原高原美術館によって野外彫刻群を鑑賞して来た。館内の売店にピカソのマグカップや灰皿があったのにはびっくりした。(バルセロナで買ってきたものと全く同じ)林道を下り、和田村の湯遊パーク・ふれあいの湯に入り帰宅した。(2003.9.5)