旧臼田町の歴史

 臼田町の歴史や風土・自然を知るための「臼田町誌」が町史編纂委員会によって10年計画で始まり、先ごろ無事刊行されました。私も執筆者の一員として編纂に参加しました。時間を見つけて町の歴史を紹介します。
 

臼田の名称の由来

 伝説によると
村の辰巳の方向に当たって松の大木有り。夜々光を放つこと度々なり。貞和2年(1346年)の春、長門守正重、或夜夢に老翁来つて告げて曰く「光さす松の根に大石あり。その下の石臼の中に稲穂三つ入れてあり。土中に埋まること年久し、汝来つて此の石を穿ち石臼を掘り出し、その上に宮を建立すべし。我は駿州三穂の明神と一体分身なり。崇敬せば汝の子孫松の葉の栄ゆるごとく繁昌せん」と宣ひて御形は消えて夢は覚めたり。
 霊験明なれば告に従ひ、彼の所に行きて見れば疑いもなく松の下に大石あり。其下の石臼の中に稲穂三つ入れてありければ、神変不思議の御夢想と直ちに駿州より三保の大明神を勧請し、臼の宮と名付け臼は民家の器にして福を得ること疑ひなし。末代までも瑞相希代の吉事とて当所を臼田と改め田も穂垂れ田と名づけたり。


南佐久警部交番の隣にあります。欅の木と石臼