佐久市は日本一海から遠い町


1996年、国土地理院の関氏らにより計算され発見されました。地理的に『日本のへそ」とも言える地点です。
北海道を調査したら、へそは石狩山地内の108.2キロ地点にあったそうです。
佐久市田口の座標(中心点)
 北緯 36度10分25秒
 東経 138度35分1秒
 標高 1200m

 海岸線まで114.855m
  (静岡県富士市田子の浦港)

<道案内>:
佐久市の旧臼田町の中心に町役場があります。ここから東へ約10キロほど行くと雨川ダムの辺に町営保養センター「湖月荘」があります。ここへ駐車し、駐車場の東に向かう林道を進みます。(ゲートがある)林道を15分ぐらい歩くと川に沿って遊歩道が伸びており、約50分で中心地点に着きます。途中、「あと何m」という標識があります。樹木に囲まれた広場でゆっくりできます。
 お帰りは湖月荘でゆっくりと汗を流しましょう
 問いあわせ 0267(82)5454


日本一の布袋様 うすだ陽迎布袋

            
九州・祖母山(日本百名山)の山中にあった樹齢 
約八百年の楠の巨木の一刀彫り。高さ2・8M,幅2・5
M、重さ5トン。日本最大のもの。

<道案内>
 国道141号線沿い、佐久市臼田美里の「きしや千曲錦」酒店の敷地に安置されている。問い合わせ 0267(82)6628