鳥海山


(7月1日、温海温泉にて高校の同級会があり、11名参加。翌日は山形でのさくらんぼがり、夕刻に国民宿舎大平山荘に到着。マイカーの運転続きでかなり疲れた)
 7月3日、朝もやの中を4:30鉾立登山口を出発。登山者は誰もいない。30分ほど遊歩道を歩くと雪渓が始まる。指導標はあるものの濃いガスで次のポールが見えず、トレースもないのでなかなか前に進めない。雪解けの時期でもあるのでクレバスや雪庇など考えると指導標のみが頼りである。ガスの晴れ間を見ては方向を定め前進する。一時は急なくだりで降りられず、かなりのトラバースを強いられた。この時期はアイゼンは必需品だと反省した。
 6:05 ようやく御浜小屋に到着。NHK秋田放送局のスタッフ2名の先客がいた。高山植物の撮影に来たとのことであった。朝食を取り6:30出発。御田原ケ原付近はさまざまな高山植物が咲き乱れ、すばらしい景色であった。八丁坂を下るとまた雪渓で道を迷う。しばらく様子を見ながら指導標を探し、前進する。七五三掛分岐は東に切れ落ちていて千蛇谷方面は立ち入り禁止になっていた。尾根道を伏拝岳、行者岳へと進む。この高さになるとガスは消え、眺望はすばらしい。鳥海山山頂小屋は見えるもののそこに至るルートがなんとしても見つからない。七高山には8:40到着。携帯電話がようやく通じ、鳥海山へのルートを聞き出した。なんと、先ほど通過した「立ち入り禁止」の看板のあるルートを降りていくというものであった。わからないはずである。その道は確かに狭く急で崩落しやすい道であり、雪解け後は千蛇谷コースの方が安全かもしれない。
 9:30ようやく鳥海山に登頂。岩だけの山頂はもちろん誰もいない。眼下に日本海を望み秋田や山形の山並みが美しい。初めての東北地方の百名山である。七高山もすばらしく切り立って見事な火口を見せている。セルフで記念撮影を済まし、山頂小屋まで下り昼食。明日が山開きということで、小屋の主人らが準備にせわしかった。10:05下山開始。途中、シナノキンバイのお花畑で、秋田放送局のスタッフにインタビューされた。下山路はガスが切れ、すばらしい景色を見ながらの散歩であった。朝の緊張した雪渓歩きがうそのようであった。山は天候により一変してしまう。これが逆であったなら大変なことであった。
 13:00 登山口に無事到着。大平山荘で風呂につかり汗を流し、ビールで乾杯。14:0帰路につく。村上、新潟を経て上信越道から佐久IC、21:30 自宅にたどり着く。
 3日間で1200`の単独運転は新記録である。(2000.7)

月山


 白石市の宿から車を飛ばし、姥沢に着いたのは9:00であった。今年は体力も十分でないので、月山リフトの力を借りた。リフト上駅(1510M)を9:30出発。姥ケ岳をトラバースしながら牛首尾根を目差すコースを上り始めた。木道の周りには高山植物が咲き乱れ、お花畑が続く。15分ほどで雪渓から流れ出る水場にでる。9:55には休憩所のある広場に出る。どっしりとした月山が望める。西の方向には朝日連峰が雲に見え隠れしている。白装束の参拝登山の人達も多い。湯殿山方面からの片首分岐には10:10到着。山頂を見つめて一休みする人が目立つ。少し行くと尾根筋になり、ガレ場をジグザグと山頂をめざす。頂上台地は広く、月山神社は天に向かっている。立山の雄山神社と同じで、500円を奉納し、お祓いをしてもらった。山頂は11:00到着(1984M)。360度のパノラマで鳥海山や朝日連峰の中間に位置していることが良く分かる。昼食をとり、山頂付近の花の写真をとり、11:35下山開始。牛首からは姥ケ岳経由の道を選ぶ。12:10、湯殿山方面への金姥の分岐、姥ケ岳には12:25登頂。山頂付近は全て木道で、植生を保護してある。ニッコウキスゲやチングルマがきれいに咲いていた。12:45リフト乗り場に到着。昨日の安達太良山に続く山行で結構疲れた。(2004,8)