筑波山


 那須湯本温泉を出発してようやく筑波山の姿を見たのは、明野町に入ってからだろうか。長い道のりであった。双耳峰のその山は堂々としていた。筑波山スカイラインを通ってつつじヶ丘の登山口から登ることにした。小学生の一団が騒ぎながら登っていった。10:40、登山開始。ロープウエイの下の道をゆっくりと登り始める。天気は上々で周りの景色を眺めながら数人ずつ小学生を追い越していく。20分ほどで弁慶茶屋に到着。休む時間でもなく、巨岩の間をすり抜けながら進む。10分ほどで尾根に出る。ベンチが用意されており、女体山が見える。この辺りも奇岩が多く、母の胎内くぐりとか出船・入船などの名前が付いている。少し傾斜のきついのぼりを越え、11:30に女体山山頂(876M)に到着。立派な本殿があり、その横に筑波山山頂の標識がある。岩場に上るとつくばや土浦の町が見渡せる。
 もう一つの峰である男体山をめざす。がま石などを通過し、アップダウンを繰り返すとケーブルカーの山頂駅やみやげ物店食堂が軒を並べている。とても山頂とは思えないにぎわいである。店の裏手から少し登ったところに男体山本殿(871M)がある。丁度正午に本殿に着いた。階段に腰掛けて途中で買ってきた弁当を開いた。今日はわずかな登りであったが、3日連続3座の山登りは、かなり足に負荷をかけてきた。これから自宅まで帰ることを考えると下山する気力が衰え、ロープウエイ駅までがやっとであった。(2003.10.2)

安達太良山


 あだたら高原・奥岳の駐車場までは5時間かかった。すでに50台ほどの車が止まっていた。9:25出発。清清しい林道をゆっくりと登る。あだたら高原自然歩道になっており、ハイキングコースである。しばらくして烏川を渡ると、林道をショートカットするように登山道が続いている。雨が降れば滑りやすく大変な道である。10:05、展望の開けた場所があり、乳頭の山頂を持つという安達太良山が望めた。数分して林道に出ろ。両脇に高山植物をみながら緩やかなのぼりとなり、右の屏風岩を見ながら高原の空気を楽しむ。12−13cmのギンヤンマが堂々と飛び交っていた。勢至平の分岐には10:30到着。2人の青年が休んでいた。ここからは安達太良山が良く見える。屏風岩は切り立っており、我がふるさとの荒船山の様である。ここから10分ほどで金明水という水場で水神さまが祭られていた。冷たいおいしい水を一口戴いた。さらに10分ほどでくろがね小屋に到着、10:55。ここは温泉もあり、宿泊できるということであった。硫黄の臭いがすごく、嘗て登山者のガスによる死亡事故があったところはどこかなと思いながら小屋に入った。オレンジジュースとオリジナルバッジを買った。水を補給して山頂を目差した。ここからは岩と石ころの道で、赤ペンキの指導標を頼りに登っていった。11:30には籠山からの道と合流する峰の辻の稜線にでる。この頃から山頂付近はガスがかってくる。牛の背といわれる峰道を伝い、安達太良山の山頂(1700M)には、12:05登頂。岩の上の山頂で強風のため、山頂直下の標識のところで記念撮影。ガスと風はひどくなるばかりだが、青空ものぞいている。少し下ったところで風をよけ、湯を沸かして昼食、自宅で作ってもらったお結びとラーメンで満足。周囲の高山植物の写真をとり、13:15下山開始。石がごろごろする道を過ぎると木道が続く。シャクナゲノ群生が一面を覆い、その時期には素晴らしいだろうなと思いながら下る。仙女平分岐までは25分。それからは五葉末の林が続く。この辺りの木道は4尺幅で歩き易い。ゴンドラで登ってきた軽装の人達数人に出会う。薬師岳にあるゴンドラの山頂駅には14:00に到着した。あだたらエクスプレスで山麓に運んでもらう。岳温泉で疲れを癒し、白石に向かう。(2004,8)