岩木山


 7月17日、本州最北端の日本百名山、岩木山をめざす。前日の16日に自宅を出発。台風の最中を盛岡まで足を進めた。盛岡の宿は4時20分に出発し、大鰐・弘前I.Cで下りる。台風一過でめざす岩木山の山頂は全く望めない。曇り空なので山頂をめざす。登山口は濃霧で車が2台。8時25分、登り始める。低木帯を歩くがだんだんと風が強まってくる。天気がよければ登山道の横をリフトが動くはずである。リフトの終点9合目からは、岩石帯で風をさえぎるものも無く、強風。山頂のわずか下に鳳鳴避難小屋がある。山頂までの急登は強風の中で慎重に三点確保をして登る。9:15登頂。誰もいない山頂には鐘があり、思いっきりたたいた。岩木山神社奥宮、避難小屋、休憩所などがあり、トイレも整備されていた。お結びを食べ、一休みして9:40下山開始。
10:20登山口に到着。レストランが開店していた。缶ビールを一口飲んで疲れをとる。まだ濃霧は続いていいるが段々と人が集まってきた。百沢温泉の岩木山神社横の温泉でひと風呂浴びて帰路についた。弘前のアップルロードはさすがで、見事なリンゴ園が果てしなく続いていた。青森リンゴが大産地を形成していることが良くわかる。大鰐町から十和田湖のキャンプ場をめざす。(2002年)


八甲田山


 7月18日、十和田湖の宇樽部キャンプ場で目を覚まし、奥入瀬の渓流を横に見ながら八甲田山の登山基地酸ケ湯に向かう。天気は上々で今日は東北の山並みが望めそうだった。6:50に駐車場を出発。地獄湯ノ沢を登る。樹林帯を抜けるとガレキの沢伝いに登山道が続く。硫黄を含んだ岩で、結構匂いがきつい。右岸に渡ると崩落を防ぐために丸太で土留めが施されている。山肌にはまだ雪渓が残っていた。さらに、高山植物保護のための木道が続き、小川が流れていた。仙人岱ヒュッテへの分岐付近は木道になっていて、様々な種類の高山植物が咲き乱れていた。アオノツガザクラ、コバイケイソウ、ヨツバシオガマ、チングルマなどおなじみの花が春先のように咲いていた。鏡池を過ぎると噴石を蛇籠で包み、崩落を防いでいた。9:00結構広い八甲田大岳山頂に到着。全く誰にも行き会わない山だ。展望は良く、南八甲田の山々が見渡せた。間食をして下山しようとしたら環境省の自然保護ボランテイアのおじさんに行き会い、上毛無岱まで同行した。9:30下山開始、25分ほどで大岳避難小屋、10:45に上毛無岱で別行動とする。二百近い階段を下りると地等が無数に広がる下毛無岱である。木道の休憩所を独り占めして昼食休憩。靴下を脱ぎ、上半身裸になって日光浴をしながら湯を沸かし、食事をした。誰一人の登山者も無く、大岳を仰ぐ自然の中に身を置く素晴らしさを実感した。11:45下山開始。城ケ倉温泉分岐は11:35分、酸ケ湯温泉には11:55に無事下山した。うだるような暑さである。温泉は入ってみたら混浴で、湯船が2つあり、一つ湯船におばさんが堂々と入っていた。これといった洗い場も無く、ひげも剃れずにとにかく汗を流した。NHKの「さくら」を見ながらビールでのどを潤した。
 ここに来たら雪中行軍遭難者の碑を参拝しなければと思い、車を走らせる。駐車場から250メートルほど歩き、後藤伍長の銅像が青森方面を向いて建っていた。自衛官の一行に頼まれて記念写真のシャッターを切った。お賽銭を入れた後、東北自動車道黒石I・Cより次の目的地岩手山の麓の焼走り国際交流村を目差した。(2002年)

岩手山


 4月19日 焼走り国際村キャンプ場では一人でその敷地を独占した。3時には目がさめ、ゆっくりと朝食をとり、5:00出発。登山届箱の先の登山道入り口で、センサーで「登山届をお出しください」のアナウンスが流れた。初めての経験だったがなかなかいいことだ。朝の空気が心地よく体全体に染み渡る。6:45、ミズナラとカラマツの樹林帯を抜けたところが噴出口で一休みして中食。すごい溶岩が増したに向かって噴出した様子が良くわかる。この山は一部噴火状態なのでこの場所にも警報装置が設置されていた。ここからは火山礫の道で歩きにくい。左右にロープが張り巡らされていた。コマクサの群生が素晴らしくこんなすごいのは見たことがない。左右一面に咲き乱れている。砂礫帯を過ぎると間もなくツルハシノ分レ(5合目)で7:45、上坊コースと合流する。これからはまた、樹林帯に入り、平笠不動避難小屋分岐には8:45着。工事現場にあるような簡易トイレが2棟並んでいた。山頂まであと800Mの標識があり、以後100M毎に杭があった。急登が続き、最後の胸突き八丁。稜線に出ると噴火口がまだ赤い岩肌を見せている。活火山を実感させられる。暫くすると2038M、岩手山・薬師岳山頂、9:40登頂した。小雨模様ではあったが山麓まで良く見渡せた。標高差約1500M、久しぶりの結構きつい山登りであった。コッフェルに湯を沸かしラーメンをつくり、昨日作ったお結びを食べた。数人の登山者が登ってきてはすぐに降りていった。10:20下山開始、ツルハシノ分レは11:25。砂礫帯ではゆっくりと花を見ながらカメラを向けた。ここまででもまた、来て見たい。せっかくのすばらしい自然を楽しむ中で、自衛隊の演習場の砲弾の着弾音が体に響き渡る。噴出口跡には12:00着。麓付近の景色をながめ、雄大な岩手山を仰ぎ見た。13:15登山口に無事下山。「下山届をお出しください」のアナウンスの指示に従う。国際交流村の温泉はまだ新しくきれいで設備も整い、結構にぎわっていた。
3時過ぎまでゆっくりし、八幡平の山麓のねぐらをめざした。(2002年)


八幡平


 7月20日、昨夜から風雨が強くなるとのことでテントはあきらめ、藤七温泉・彩雲荘に宿を取った。まさに正解で、すごい雨が降り続いた。閑静な宿であったが、宿の主人の弁舌と風呂の湯は抜群であった。朝から一向に濃霧は晴れそうもないが、雨は止んだ。朝食をゆっくり食べて、見返峠駐車場は濃霧で2台ほど乗用車が止まっていた。7:45、カッパを着て歩き始める。昨日宿の主人が話してくれた奇妙な凹地にはキヌガサソウがきれいに咲いていた。鏡沼を越えていくと30分で八幡平山頂、1614Mに登頂。最短距離の百名山であった。大きな周辺の案内表示板が建てられ、木製の展望台もあったが何も見えるわけも無く、セルフで記念撮影をして下山開始。遊歩道の道端にはハクサンチドリやコバイケイソウ、ニッコウキスゲなどの高山植物が咲きそろい、目を楽しませてくれた。駐車場には大型バスがこの天気の中、5台も止まっていて、観光客が「散歩」の支度をしていた。藤七温泉に戻り再び温泉に浸かり、八幡平を後にした。またいつか天気の良い日にゆっくりと来たい秘湯であった。(2002年)