十勝岳


 7月17日、臼田を発ちANAで千歳へ。レンターカーを借りて滝川から富良野経由で十勝岳の麓、白銀温泉国設キャンプ場につく。佐久病院のケースワーカーの杉田君と出会う,なんと奇遇なことか。いっぱい飲みながら山の話に花を咲かせた。
 18日5:30キャンプ場を出発。車で望岳台まで行き、支度をして6:00登山開始。最初から山頂は望めない空模様であった。噴火の爪あとを残す登山道をゆっくりと歩き始める。7:00に避難小屋に着き、昨日用意しておいた朝食をとる。7:35出発、雲行きが悪くなりカッパを着る。ガスに混じって硫黄の臭いが強くなり、活火山を登っていることを実感させられる。周りの景色は全く見えず、道を踏み外さないようにひたすら登り続ける。滑りやすい火山灰と砂礫の急登を過ぎるとすぐに頂上であった。10:00丁度の登頂。少し日が差してきた。ゆっくりと食事をして晴れ間を期待したもののままならず、35分ほど休憩して下山開始。急坂を過ぎたあたりの砂礫帯で急にガスが晴れ、山頂や周辺の雪渓が見渡せた。素晴らしい景色の中にいるんだ。前十勝岳は噴火の最中でガスが噴出していた。反対側には大きな雪渓が控えており、鋸岳、美瑛岳が目の前に迫っていた。下りのピークあたりで再び雨になり、集団登山にきた中学生はそこから引き返していた。川と化した登山道を注意深く下山。13:50望岳台に無事到着。レストハウスで北海道の最初の百名山踏破にビールで乾杯した。白金温泉で汗を流し、中富良野の宿に直行。(1999年)

幌尻岳


 7月19日、中富良野から日高町を経由して振内、そして林道ゲートに着いたのは10:50。すでに50台ほどの車で林道の両脇は埋められていた。ゲートから取水ダムまでは整備された林道を進む。幌尻は無人小屋しかないのでテントを担いでの登山だ。12:20取水ダムに到着し、昼食をとる。12:40出発。渡渉が始まるまで45分ほど山道を歩く予定であったが、雨が降り始めたため、渡渉用の支度に着替える。川を避ける道、結構急な流れ、冷たい雪解けの水。岩の横ばいなどさすが難所と言われる登山道であった。岩にある印を頼りに15回ほどの渡渉をした。15:10ようやく幌尻山荘に到着。山荘の周りはテントで一杯で、川の対岸で草を踏み固めテン場を確保する。一息ついて夕食と明日の朝食の準備をする。これといった水場はなく、川の少し上流で水を補給する。買ってきた地元の酒を少しのみ早めに休む。寝心地は悪くなかなか寝付けなかった。
 7月20日、天気は良い。4:30に山荘前を出発。最初からかなり急な道が続く。1時間40分ほどカンバの林を進むと命の泉という水場についた。50メートルほど下り、冷たい水を補給して30分ほど休憩。英気を養い、気持ちよくあるきはじめる、1700メートルの稜線には7:10到達。目の前に戸蔦別岳が見事な三角形で迎えてくれた。その奥のほうにも山々が重なって、大きな日高山脈をつくっている。這松の根を越え、岩礫の尾根伝いに標高を稼ぐ。幌尻岳はみえていてもなかなか近づけない。北カールに近づくとあたり一面に素晴らしいお花畑が広がていた。北アルプスなどとは規模の違うお花畑だ。近くを歩いていた登山者が花の名前を教えてくれ、楽しみながらの登山になった。8:55遂に幌尻山頂に到着。360度のパノラマに感動した。百名山達成という金沢の人からお祝いのビールを頂き、みんなで乾杯した。いつか自分もそうした日がくることを思い浮かべ、見渡す限りの北海道の山々を堪能した。1時間ほどして下山を開始、幌尻山荘のテン場には12:55到着。昼食をとり、テントを撤収して14:10山荘を後にした。下りの渡渉は目印が少なく道を探すのに苦労したところがあった。16:25取水ダムに到着、渡渉の装備を解き、ようやく登山靴を履いたときはほっとした。帰りの林道はゲートまでがかなり長く感じられた。ゲートには18:00。朝からよく歩いた。
 振内の宿を確保したものの、遅すぎて夕食は別のため、近所の焼肉屋に入る。北海道2座目の登頂を2人で生ビールで乾杯。(1999年)

 トムラウシ山

 7月22日トムラウシキャンプ場にて一夜を明かし、午前4時起床。テントを撤収し、車で20分ぐらいの登山口まで行く。4:35出発。早朝の林の中を20分ほどいくとトムラウシ温泉からの道と合流する。カムイ天上までの道は結構急登が続き、足場は悪く、泥溜りの道で2〜3日前は大変だったろう。カムイ天上には5:45到着。軽く食事をして一息つく。そこからは下りになり、コマドリ沢のとりつきには6:55。ここからは沢沿いに登りあげる。この沢のツメは500メートルほどの雪渓で、これが汗を吹き飛ばしてくれた。トレースに沿って登る。そこを抜けると大きな岩石のある登山道になり、8:45前トム平着。目の前に聳えるトムラウシはまさに感動ものである。山をやる者の憧れの山である。巨岩を登り、岩にまたがり、1800メートル地点で食事をする。つづくトムラウシ公園は見事な自然庭園をなしていた。いく種類もの高山植物がいっせいに咲き乱れ、雪渓と沼、岩がバランス良く配置されているようだった。お花畑を通り、コマクサの群生を見ながら、南沼には10:30に着いた。ザックをデポし、山頂をめざす。岩山を掻き登りトムラウシ山頂には、11:03遂に登頂。6時間半の久しぶりの長丁場であった。その労苦を癒してくれるように山頂からの眺めは360度のパノラマで、数日前に登った十勝の連峰が目の前にその雄姿を見せていた。名前の知らない山ばかりであるがまさに北海道の真ん中にいる気分であった。南沼に戻り、昼食は十勝ワインで北海道3座めの登頂に乾杯した。
 12:20下山開始。前トム平まで1時間、コマドリ沢まで1時間、さらに1時間でカムイ天上。下りも結構の距離があり、雨上がりでなく良かったと思うような登山道であった。駐車場には16:15、ほとんど最後の下山者かと思われる。東大雪荘で電話を借り、十勝川温泉の宿を予約した。12時間の強行日程だがこれで今回の北海道山歩きの日程が終了した。林道を下り、十勝平野に出て、温泉には19時に到着、湯につかる。
 翌日は襟裳岬を回り、支笏湖で泊まり、帰省。(1999年)

利尻岳
 

6月25日、鴛泊のホテルで予約したタクシーにて4:00に登山口に到着。昨日に続き晴天。すでに大勢の登山者が準備をしていた。4:15出発。気持ちよい林の中をゆっくりと歩き始める。間もなく名水100泉といわれる「甘露泉」に到着。一口を口に含み、水筒に水を汲む。5:12には五合目に到着。お結びを1個食べる。25分ほどで6合目、5:38。傾斜は段々ときつくなる。7時頃には長官山、目の前に三角形のきれいな姿の利尻富士が迫る。はるか下に鴛泊港が良く見える。少し下った所にある避難小屋の近くで休憩し、間食をとる。低木に囲まれてあまり眺望は良くない。8:15、沓形コースとの分岐到着。旅行会の仲間に携帯電話で無事な様子を連絡。まだホテルで朝食中とのこと。(以後下山まで携帯電話が不通となり、皆さんは心配していたようでした)9合目、これから先は急なガレ場でロープに時々つかまりながら山頂をめざす。
 8:40、利尻岳山頂に到着。360度のまさにパノラマで久しぶりの景色に感動する。島の周りの海が全て見え、まさに洋上アルプスである。海からそそり立っているという実感がある。鴛泊港や沓形港が左右に見られ、礼文島がはっきりと見える。まさに日本百名山の一番目の山にふさわしい景色である。思えば100番目の屋久島の宮之浦岳も洋上アルプスである。眼下は切り落ちた険しい山だ。狭い山頂だがまだ登山者は少なく景色を堪能しながら、ゆっくりと食事をとった。9:25出発。このあと礼文島へ向かうため、沓形港で仲間が待っているので、早めの行動をとる。下山コースは、先ほどと違い少し急なガレ場が続く、慎重に下りながら、三眺山には10:05到着。利尻岳を振り返って見るとここからの山容は、登りと全く違って険しさを象徴している。景色を目に焼きつけ、惜しみながら10:30出発。7合目の避難小屋までは、1時間20分かかり、11:50到着。ゴゼンタチバナの群生を見ながら、単調な道を下る。結構長い下りで、駐車場やレストハウスが見えていながら届かない。12:40沓形登山口に無事到着。レストハウスはまだシーズン前で閉鎖中。タクシーを頼んでみたがこの日はお祭で全て出払っていてこれないとのこと。仕方なく、歩いて沓形港までいこうとしていたら、昼休みに利尻岳を見に来たという営業マンにめぐり合い、町までヒッチハイク。助かりました。港の漁師さんの案内で近所の料理店に腰を落ち着け、ビールと名物のバフンうにの丼を腹いっぱい食べ、満足。その後仲間と合流して礼文島へ。(2000年)

羅臼岳


 7月31日に妻と共に北海道到着。8月1日、斜里岳に挑戦したものの前日来の豪雨で一の沢川が増水し、危険であり、途中までで撤退した。しれとこ自然村に宿をとり、8月2日4時に出発。知床峠で羅臼岳の雄姿を仰ぎ、登山口へ向かう。岩尾別温泉、木下小屋の登山口を5;10出発。標高差約1400Mの羅臼岳(標高1661M)に向かう。最初から急登が続き、久しぶりの登山でもあり、ゆっくりと歩を進める。
「熊に注意」の看板を見ながら鈴を鳴らして歩く。オホーツク展望台では、知床五湖の一部とオホーツク海が望めた。弥三吉の水場には6:30に到着、冷たい水が喉を潤す。極楽平の標識には6:55、あと4キロの道のりだ。平坦な道はいつまでも続かず、仙人坂ののぼりに入る。あと3キロという仙人坂標識には7:25、標高はおよそ900M。銀冷水には7:43。テン場と水場があり、休憩地点である。
 雪渓の残っている大沢入口には8:11。あと2キロの標識がある。この先は、チングルマ、エゾノツガザクラ、チシマフウロなどの高山植物のお花畑である。ゴゼンタチバナにも久しぶりに行き会えた。沢を登り詰めると、1の岩場、2の岩場が続き、羅臼平には、8:48到着。霧で何も見えない。風も強くなり、下ってくる人の話では、山頂はすごい風が吹いているとのことであった。
 ハイマツ帯に入り、露をかぶりなだら進む。岩清水の水場には9:20。いよいよ最後も詰めである。岩場が続き、慎重に登る。頂上直下は大きな岩の積み重ねで、足場を確保するにも気をつかわなければならない。山頂に近づくにしたがって、風が激しくなり、霧が横殴り吹きつけ、眼鏡がすぐに曇ってしまう。
山頂には10:04登頂。ものすごい風で、立っているのが困難。360度、展望は全く開けず。狭い断崖の上であり、やっとこ記念写真を撮り、早々に退却、下山開始。岩稜を少し下った所で、岩陰で風をよけ、一休み。11:20、羅臼平で湯を沸かし、コーヒーと紅茶を淹れ、登頂を祝う。中学生ぐらいの登山グループが重そうなテントを担いで登って来て、露営の準備を始めた。隣の3人グループの一人は足がつったようで仲間に伸ばしてもらっていた。正午近くに下山を開始した。大沢のお花畑では、高山の可憐な花にカメラを向け、知床の自然を楽しみながら下った。3:07木下小屋の登山口に無事下山(写真)
 知床自然センターでオーロラビジョンを楽しみ、しれとこ自然村に帰った。(2005,8,2)