乾徳山


 11月7日、2人。今年の晩秋の山行は甲州の乾徳山(けんとくさん)にした。勝沼ICから140号に入り、下釜口から林道で大平牧場へ。大平荘で駐車料金500円を支払い、10:00出発。快晴はいえないが天気は良く、山行日和。牧場から唐松林をしばらく進むと急な登りが始まる。10分ほどで林道と交差し、登山口の立派な標識が建っていた。徳和からの合流点には10:40、少し進むと国師ケ原との分岐となる。道満尾根をゆっくりと登り上げる。尾根にはつつじの木が群生しているが既に落葉。樹林帯を出ると一面カヤの扇平につく。ここからはすぐ目前に乾徳山が聳え立っている。陽は雲にさえぎられたりして、風が強い。晴れていたら富士山を眺められたにと、少し残念であった。間食をして山頂をめざす。樹林帯の中の登山道は、岩塊が増えてくる。鎖場が出てくる。最初の垂直の鎖場を越えると巨岩が続く。髪剃岩、雨乞岩などの標識が岩に吊るしてある。山頂直下の鎖は最後の試練の場で、回り道もある。2031Mの山頂には、12:30登頂。360度の展望だが遠くの山々は雲に隠れて見えない。岩場で風も強いので早々に下り始める。扇平には13:10、昼食。熱く沸かした湯でスープとコーヒーは最高の気分。乾燥したカヤの中で景色を眺めながらの食事は何を食べてもうまい。13:55、下山開始。14:30には大平分岐。登山口には15:00。丁度5時間の山行であった。甲州の柿を買い、石和温泉で1泊して帰宅。(2002年)