立山登山日記


初冠雪の立山ー黒部平             立山、雄山神社前

 10月19日は紅葉を見に立山に出かけた。5:30に臼田の自宅を出発。更埴インターからオリンピック道路に出て大町に向かう。小川村からは冠雪の鹿島槍や五竜がその偉容を現した立山も雪が予想された。扇沢駅で8:00発のトロリーバスに乗り、黒4ダムに着いたら湖の青とその周りは紅葉で立山は真っ白、このコントラストが素晴らしかった。初めての妻は感動していた。ダムの上を歩き今度はケーブルカーに乗った。黒部平から見る間近の立山は迫力があった。この時期に間近に雪山を見れるとは思わなかったせいか感激も大きいモノがあった。
 大観峰を経て室堂に立つと一面雪の原であった。夕べ降ったとのことで10センチ程度の雪が表面を凍らせていた。登山センターに登山届を出し、行けるところまで行ってみようと9:40に出発。室堂平を一ノ越をめざし歩き始める雪渓は歩いたことはあるもののアイゼンもなくどこまで行けるか心配だったが夏山には一度登ったことのあるコースだったのでそう心配は無かった。トレースをふみながら約1時間で一ノ越に着いた。ここからは素晴らしい展望で富士山から槍ヶ岳までが見通せた。数人が雄山の頂上を目指していたのでこれまた行けるところまでと歩き出した。岩と雪だけの道を歩き始め、慣れるとそれほどの困難は無く、下りを考えて少し細かく踏み跡を作りながらステップを切り登り、11:45遂に雄山の山頂に立った。3003M、思えば今年初めての3000M峰である。360度の大パノラマは皆が感激した。山頂には6人が交互に記念撮影をしあい、喜びを分かち合った。こんな雪の山を登るのは初めてで緊張もしたが素晴らしい景色に苦労は吹き飛んだ。景色を眺めながらゆっくりと昼食を取り下山。上りのステップ跡が正に役立った。13:45室堂平に無事下山。レストランで生ビールで乾杯。同じルートを扇平駅迄降り、大町温泉で疲れを取り自宅に戻った。(2000.10.19)

扇沢で1時間並んでチケットを手に入れ、室堂に着いたのは午前10時。紅葉の始まった立山が眼前に聳え立っていた。石畳の登山道を一ノ越に向かう。50分ほどで一ノ越山荘に到着。一息入れて雄山に向けガレ場をよじ登る。11時35分には頂上に立つ。360度の大パノラマが展開する。鹿島槍を初めとする後立山連峰が指呼の間に聳える。昼食を取り、雄山神社でお祓いを受け、剱沢小屋を目指す。暫くして最高峰大汝山(3015M)に到着、記念撮影。以後真砂岳、別山の稜線を登り降りしながら15時剱沢小屋に到着。(98.9.12)