皇海山山行日記

臼田町を4:08出発。国道254の内山峠を下り、下仁田ICより関越に乗る。沼田で降り、R120の追貝の信号を右折し、利根村役場の横を通過する。未舗装の栗原川林道を延々と50分、皇海橋の登山口には7:15着。既に7台の車が駐車してあった。新築されたばかりのトイレの横の登山ノートに記入。準備をして7:30出発。林道から登山道にはいると不動沢沿いに緩やかな登りが続く沢登りのような道は道標をきちんと捕らえないと脇道に進む。しかし、最近立てられた道標もきちんとしており、迷うようなことはない。8:40水場に到着。小雨が降ってきたので水を少し補給して先へ進む。ここから右側に急登が続くが10分程で不動沢のコルにでた。ここは鋸山との分岐点だが何の景色も見えない。山頂に向かい左側の稜線を進む。オオシラビソやダケカンバの原生林の中を進む。山頂直下に2メートルはある青銅の剱が立っている。「当山開祖木林惟一」。
 皇海山(すかいさん)山頂には9:33着。2143mの山頂には、渡良瀬川水源の標柱も立っていた。小雨の中誰もいないのでセルフタイマーで記念写真をとり、下山。不動沢のコルのオオシラビソの木陰で雨宿りをしながら湯を湧かして食事。暖かいスープが体を温める。雨足が激しくなる中を下る。沢の石は濡れて滑りやすく、注意深く歩くので結構神経をすり減らす。11:20に登山口到着。濡れた登山服を着替え、また長い林道を下った。利根村の吹割温泉センターで疲れを癒し、地酒を買い、同じ道を臼田に戻った。


魚沼駒ヶ岳山行日記

 10月6日、臼田を3:30に出発。下仁田より関越自動車道を走り、小出インターで降りて枝折峠に向かう。大湯温泉から峠までの道は舗装はされているものの細かく折れ曲がり、慎重な運転を強いられた。7:00に峠に着き支度をして出発。道路脇からいきなり急坂を登り上げる。寝不足もあるのでゆっくりと歩き始める。25分程度で大明神堂、お堂の前には銀の道の10合目の標識が立っていた。かつての銀山からの運搬道路だったらしい。クマザサを刈ったばかりの道を進み、尾根に出ると展望が開けた。いくつかの小ピークを越えながら高度を稼ぐ。すぐ近くに荒沢岳が三角形の格好の良い山容を現していた。遠く平ケ岳が平らな峰を見せていた。2年前の雨の平ケ岳山行を思い出す。小倉山には8:55着。ここからの展望も素晴らしく、駒ヶ岳、中の岳が並んで聳えている。緩やかな道を35分ほどで百草池に着くが、草が背丈以上に生い茂る中で池は見えない。ここから先は岩の露出した登山道になる。黄色系統の紅葉が山肌を染めて美しい。急勾配の道を景色を楽しみながら登る。池から1時間ほどで駒の小屋に着く。小屋の前でノートに署名をして山頂を目指す。10:50、2002Mの魚沼駒ヶ岳に遂に登頂。
山頂には人影はなく、今回もセルフタイマーで記念撮影。山頂の西側は赤やオレンジを主体とした紅葉がきれいで雲の切れ間をねらってシャッターを切った。景色を楽しみ、ゆっくりと昼食をとり、12:15下山開始。小倉山には1:15、登りには見落としていた銀山湖や銀山平の景色を見下ろしながら下山。石ころや根っこが滑りやすい。3:05枝折峠に無事下山。大湯温泉で泊まる。

赤城山山行日記

  好天に恵まれたので群馬県の中心にある赤城山で最近登った群馬の山々を眺めようと出かけた。10:15大沼湖畔の赤城神社に車を止め出発。車道を5分ほど北側に歩くと黒檜山北登山口がある。樹林帯の石ころの多い少し急な登山道が続く。家族づれや中高年の登山者がそれぞれのペースで登っていた。登山道の脇から時々大沼が見え、高度を上げるに従って湖が小さくなるのがはっきりしてくる。紅葉も進みつつあり、徐々に鮮やかさを増してくる。南の方には小沼が見え始め赤城山周辺の様子が一望できる。50分ほどで尾根にとりつき、駒ヶ岳との分岐を100Mほど左に登ると赤城山の最高峰1827M、黒檜山の山頂である。山頂は僅かに低木に囲まれ、登山者で賑わっていた。東には皇海、白根、ヒウチ、至仏などの山々が一望できた。特に皇海山は先日雨の中を登ったのでその山容も分からずじまいだったのでこうして眺めていると新たな感動がわき起こる。、北には武尊山塊、谷川連峰が聳えていた。群馬の名山が正に一望できる展望台である。
 十分に景色を楽しみ、11:40下山開始。結構急な道であったが45分ほどで無事赤城神社に到着。湖畔の食堂で喉を潤し、帰路に就く。下仁田の荒船の湯で汗を流し、4時過ぎに自宅に着いた。

巻機山


 上信越国境の百名山の最後になった巻機山。天気予報は必ずしも良くないが、決行。3:15自宅を出発。塩沢石打ICを下りて、清水の部落から桜坂の登山口へ着いたのは丁度6時。10台近く車が止まっていた。夕べ作ってもらったおむすびを一つ食べ、6:20出発。ヌクビ沢コースは危険とのことで尾根コースを進む。樹林帯の中、3合目、4合目の標識があり、リズムが出る。しかし、道は険しく九十九折である。粘土土の道、湿った岩ばかりの道、5合目には7:12着。10分ほど休憩、米子沢の渓流の音が心地よい。ここからは尾根歩きに近い。ところどころに展望の開けたところがあり、天狗岩や割引山が望める。
6合目には7:56着。この頃からは標識ごとに休む。8:33に7合目着。ブナの林を抜け出て草原の雰囲気である。20分ほど休み、中食をとる。ここからはニセ巻機と呼ばれる山頂が望める。高山植物も見る余裕も出来、軽快に登る。8合目には9:20、9合目のニセ巻機山には9:47。ここからは目標の巻機山が望める。避難小屋近くは高山植物保護の木道が続き、地塘が横たわっている。ニッコウキスゲやアキノキリンソウが咲き誇っていた。建設会社の人たちが登山道整備のため仕事をしていた。11月中旬まで続けると言う。巻機山頂(1960M)には10:20着。4時間の長丁場であった。全く展望は利かない。空模様は下り坂で早々と食事をして10:55下山開始。雨具を着込んでの下山。滑りやすい道は覚悟していたもののかなり気を使いながら歩く。7合目には12:00、雨は上がり上着は脱ぐ。5合目までは長く感じた到着は13:00。登山口には13:52に到着した。下山は登った道をなぞるわけだがダラダラと長かった。少し気を抜くと滑る、百名山は簡単には下山させてはくれなかった。自宅にまで戻る元気もなく、六日町温泉で一泊して帰った。(2003.8.11)