白根山

 8月1日、恒例のお墓参りをパスして昨日に続き日光の山を登る。昨日の男体山は久しぶりだったのでかなり疲れた。今日は暗いうちに起きてしっかりと朝食をとり、テントを撤収。金精峠を越えて菅沼登山口を5:35出発。林道から登山道へ快調に高度を上げる。座禅沢に沿って湿りがちな石のごろごろした道を進む。曇り気味の空模様なのであまり景色は望めない。モクモクと歩く。沢道が終わると座禅山を取り巻くような道が続き、弥陀ケ池には7:05に着いた。地図では2時間10分と記してあったが、休み休みで1時間30分。小さな池で、池の周りにはシレネアオイの群生がすばらしかった。また、鹿の害から木や植物を守るための電気仕掛けの線が張りめぐらされていた。あまり自然とはマッチしないが、いたし方のないことだ。ここから山頂まではかなりきつい斜面が続く。頂上直下はほんとうに這いつくばって登るようなきつさであった。ここは降りる気はしない。50分奮闘し、8:08、2577メートルに登頂。ガスで何の景色も見えない。朝はあんなに天気がよく、張り切って登ってきたのに残念。朝作ったむすびとラーメンはおいしかった。40分ほどガスの切れるのを待ったが、8:50下山開始。ビールと温泉を楽しみに他のコースを下る。シラネアオイの群生がすばらしい。遥か下方に五色沼が見える。避難小屋には9:25。五色沼を越えてまた急坂を登り上げ、弥陀ケ池には10:05に着いた。この登りは予想してなかったものだからつらいものがあった。(わずか15分)一休みして10:15出発、登山口をめざす。くだりはぬれた石が滑りやすく、少し油断をするとすべり落ちる。落差の大きいところは浮石に気をつけながら慎重に下る。11:30無事下山。2日間よく歩いた。白根温泉で汗を流し、温泉饅頭を土産に帰宅。