塩見岳


中央道松川インターから大鹿村鳥倉林道終点まで車で入る。駐車場は整備され、トイレも完備された。以前に来た時と大きな違いであり、登山者がふえたことを思わせる。土曜日でもあり、駐車場は満杯で、5分ほど手前に戻り、空き地に駐車する。
 丁度午後1時、出発。舗装された林道を登山口に向けて歩き始める。所々に崩落の痕があり、これではこの林道は使えないなーと前回も思った、記憶を呼び起こしながら歩く。45分ほどで豊口山登山口に到着。登山届を提出し出発。三伏峠への最短の登山口なので人気があるが、最初から急登が始まる。総選挙、議会と体力つくりをサボってしまった附けが回ってきた。いつものペースで歩いていたら動悸が激しくなってきた。脈拍が120を超えている。15分ほどで休憩。歩みを遅くしながら、歩き出す。ジグザグの登りのコースであり、幾らも進まない。一体夕方までの小屋に着けるのか、今退き返すのが良いか、迷いながら歩く。また、休憩。脈拍90まで休む。栄養剤を飲む。落ち着いたのでまた歩き始める。ゆっくり行けば何とかなると思い歩を進める。峠までの距離が10分のいくつと表示されており、普段はあまり苦にはしていなかったが、今回は頼りになった気がする。3:35、あと1キロ、1時間地点に水場があり、数人が休んでいた。大きなザックをかついだ外人(英語圏の人)が辛そうな顔をしていた。塩川土場からの合流点には4:10、三伏峠小屋には4:43到着。ほぼコースタイムぐらいでついた。小屋は7割ぐらいの登山者があり賑わっていた。久しぶりの小屋泊まり。担いで来た5合の酒をわずか残して飲み、7時には就寝。
 翌朝は、思っていたように3時ごろから人が動き始め、寝てはいられない。早寝が正解であった。4:50はまだ暗かったが、ヘッドランプを点けて歩き始める。満月に近い月が西に沈みはじめる頃、朝陽が差してきた。5:55、本谷山(2658M)で朝食をとる。湯を沸かしてスープを飲むと体が温かくなる。6:15出発。樹林帯の中から時折塩見が覗ける。急登が続く樹林帯を抜け出て、ハイマツ帯になるとしばらくして塩見小屋に到着。7:55。きのうで小屋終いということであった。ここから標高差約300Mの山頂まではガレキと岩の登りが続く。悪沢を登った時のことを思い出した。頂上付近はいつも岩を這い登るのが南アルプスの山だ。8:55、西峰につづき最高峰の塩見岳東峰(3047M)に登頂。私の日本百名山最後の3000M峰踏破である。目の前に富士山を見ながら、南アルプスの北部、南部の山並みが一望でき、八ヶ岳連峰、中央アルプスの山々がパノラマのように展望できた。富士山の見える風除けの場所に陣取り、昼食をとる。3000Mでのドリップコーヒーの味は格別としか言いようが無い。
 9:45、名残惜しいが下山開始。岩山は下りが危険である。慎重に三点確保をしながら下る。本谷山は登りがあり、三伏山にも登りがある。疲れてきているので結構辛い。 13:20、三伏峠小屋到着。30分ほど休憩。登山口への下りをこれでもかと下り、ようやくと言う感じで15:45登山口に到着。時間的にはそうでもないのに、同じ道をまた降りるのは、長く感じられるものだ。日陰の草むらでで大の字になり休憩。そして、舗装された林道は、太陽の熱を十分吸っており、最後の試練を与えてくれた。16:45、車にたどり着く。大鹿村、新装の赤嶺館にて一宿。(05.9.17−19)


東駒ケ岳(甲斐駒ケ岳)

 前日に戸台から北沢峠経由で北沢駒仙小屋キャンプ場にテントを張った。南アスーパー林道は約1時間で2000mの北沢峠まで登山者を運んでくれる。前に登ったのは学生時代だから、40年ぶりである。あの頃はバスは戸台までで、後は重いザックを背負い、戸台川をさかのぼった。川原でテントを張ったのをかすかに覚えている。駒仙小屋キャンプ場は、殆どいっぱいであった。スペースを確保したが、久ぶりのテントなのでなかなか寝付かれなかった。
 4時に目を覚まし、朝食後5時5分に出発した。北沢沿いに登り始める。朝の空気が心地よい。自然のセラピーロードだ。仙水小屋には5時35分、そのまま登り続ける。樹林帯の中を徐々に高度を上げる。今年初めての山行なので体調も万全でなく、まずは慎重に登る。少しいくと樹林帯は終わり、左手に岩塊の山肌が露出する。樹林帯との境目に沿って登ると仙水峠、6時着。目の前に摩利支天が聳えている。圧倒される。右手は栗沢山から早川尾根が続く。ここから駒津峰までが今日の難関である。再び樹林帯の中の急登を進む。途中、仙丈の雄姿を望む。大きなカールが良く見える。北岳はさすがに高い。その左手遠方に富士山が見えた。山に登り富士山が見えるとなんとなく安心できるから不思議である。どこから見ても間違うことのない山容である。ハイマツ帯の尾根道を登り詰め、7時17分、ようやく第1関門の駒津峰2750mに登頂。ここで双児山からのルートと合流する。中食。景色は最高である。目の前に摩利支天と駒ケ岳が迫っている。
 ここからはいわゆる痩せ尾根の岩場を進む。巨岩の六方石(ろっぽういし)付近は大きな岩の登り降りが続く。やがて尾根道の直登ルートとトラバースルートに分かれるが、迷わず、巻き道を選ぶ。花崗岩のざらけた道で滑りやすい。慎重に足場を選んで登る。摩利支天と分かれる鞍部を越えると斜面は急にきつくなる。白い岩肌が40年前の山行の記憶を呼び覚ますが、あの時は雨模様の中、景色も見えず、ただひたすら登りあがったとしか記憶がない。今回は、途中立ち止まりながら富士山や鳳凰三山、地蔵岳のオベリスクを眺め、景色を楽しみながら登った。仙丈のカールもだんだんはっきりと見えてくる。宝剣岳のカールと違い山頂のカールだから雄大である。ザラ道を登り、岩場を詰めると石祠があり山頂だ。8時45分、2967mの一等三角点に登頂。無事登れたなーと感激。山頂は大勢の登山者でにぎわっていた。八ヶ岳の連山はガスがかかり見えなかったが、佐久平の方向に向って陣取り、湯を沸かした。
 1時間ほど景色を楽しみ、9時40分下山開始。同じルートを下った。ザレ場は上りより下りが大変だ。浮き石に気をつけ、慎重に下る。10時40分、駒津峰に到着、日差しが暑い。あわてて降りても仕方がないのでここでもゆっくりと休む。道中いつも前後していた三重県の高校の山岳部(部員5人、引率教師3人)が到着した。若い高校生徒と中年の教師ではなかなかグループ行動は大変らしい。仲間とわいわい登るのもまた、楽しそうだ。15分ほど休み、双児山へのルートを下る。ハイマツ帯をとおり、尾根づたいだが上りもあり、結構疲れるルートだ。30分ほどで双児山2643mに登頂。11時25分。あとは樹林帯の中をジグザグにただひたすら、下り続ける。この頃になるとさすが膝が笑いそうになって来る。適当に休みを入れながらくだり続け、北沢峠には丁度13時に到着した。峠のバス停は帰りのバスを待つ人たちで混雑していた。
 翌日も登ると計画していたが、とてもそんな状態ではなくテントを撤収し、長谷村に宿をとった。(08,8,4)


仙丈岳



 バス停のある仙流荘の駐車場は登山客で混んでいた。専用バスは南アルプススーパー林道を走り、9時に大平山荘に着いた。登山口から樹林帯を歩き、藪沢を目指す。ジグザグの道をゆっくりと登り、体調を見ながら高度を上げる。藪沢添いに歩く。振り返ると駒津峰、甲斐駒の姿が見え始める。時計は9:45を指していた。シルバーウイークでもあり、多くの登山客が登っていく。北沢峠からのコースと合流し、沢を離れて右手に行くと間もなく馬の背ヒュッテだ、11時30分到着。コースタイムどうりの2時間30分だった。30分ほど休憩して仙丈ケ岳を目指す。少し歩くと馬の背の鞍部に出る。左に小仙丈のカールを見なが紅葉を楽しむ。12:40には新しい仙丈小屋に到着。ソーラー発電、風力発電など自然エネルギーを取り入れた小屋だ。ここからは目指す山頂が見える。小休止をして登りはじめ、13:15に3033Mの仙丈ケ岳山頂に到着。この時間では景色はあまり望めず、混みあっている山頂で記念写真を撮りあった。昼食をとっていると、ガスが少し晴れ、目の前に塩見岳の雄姿が現れた。南アルプスの日本百名山ひとつであり、感慨深く見つめた。13:40下山開始、仙丈小屋でバッジを買い、ヒュッテには14:42に着いた。夕食までの時間は、東京から来たという4人の同世代の山仲間と意気投合し、小牧から来た夫婦と共に盛り上がった。夕食後も小屋の中で消灯まで語り合った。翌日は6:40に出発し、北沢峠を目指すコースを下った。何度か沢を渡りながらのコースだった。下からは続々と切れ目のないくらいに登山者が登ってきた。大滝の頭には7:15、北沢峠には8:40に着いた。2時間の下りだったが、結構な距離だった。ラッキーなことにちょうど9:00に臨時バスが出た。仙流荘で汗を流し、伊那市内で名物のソースかつ丼を食べ、自宅に向かった。仙丈には学生時代に登ったものの、百名山を目指してからは初めてであり、これで99座目となった。(2015.9.21)