石槌山


 5月2日、早朝に自宅を出発し上信越道から北陸道へと2人で交代で運転する。舞鶴道から中国道を経て瀬戸大橋。初めて四国に足を踏み入れる。西条で高速道路を降り、石鎚ふれあいの里キャンプ場には夕刻に到着した。廃校になった校舎を利用してのコテージとグランドがキャンプ場で、快適な設備が整っていた。テントを張り、夕食を囲みながら14時間の長旅をふりかえった。
 5月3日 登山の始まりはまず、ロープウエイ、8分ほど乗り、終点から歩き始める。8:20出発。天気はよく、昨日の疲れもない。20分ほどで成就社に到着。大きな神社で、周りには旅館や土産物店が建ち並んでいた。神社を過ぎると下り坂が続き、石鎚山を望む平らな場所に大きなな鳥居があり、供物台が置かれていた。登山できない人はそこで山に向かい参拝するという。
 八丁坂を登ると「試し鎖」があり、このあとの3ケ所の鎖場の予行演習の場になっていた。混み合う登山客で鎖場はなかなか前に進まない。足場となる岩も湿っているためか鎖場を通過するのは結構大変であった。今度は同じ距離の下りが待ち構えており、見えにくい足場を探しながら慎重に降りる。前社ケ森には10:00到着。休憩。
 一の鎖、二の鎖は混んでいたのでパス。階段状の木道を登る。それでも鎖場を全部パスするのには忍びなく、あまり混んでいなかったので三の鎖は登ってきた。11:30、石鎚山の山頂は彌山と呼ばれ、立派な祠が建っていた。信仰の山らしく、白装束の人たちでにぎわっていた。最高峰の天狗岳は岩場続きの狭い山頂であったが、さすがに西日本一の高峰の感があった。山頂には小さな祠があるだけで、三角点や標識はなく、強風のため、祠に抱きついて記念写真を撮った。
 下山はひたすら歩き、2時間で登山口に着いた。次の目的地の祖谷渓谷キャンプ場までの所要時間がつかめないため、早めの行動をとり、風呂にも入らずに石鎚山を後にした。祖谷渓谷はさすがの渓谷で運転には気を使いっぱなしであった。渓谷入り口の部落の酒屋でビールなどを調達し、夕方にはキャンプ場に着けた。駐車場に目すき板を敷いたキャンプ場で8張りぐらいのお客がいた。夜半に雨が降ったが、板の下を雨が流れ、うまくできていると感じた。(99年 妻と2人) 


剣山


 5月4日 祖谷渓谷のキャンプ場では小雨の中朝食を済ませ、テントをたたみ、5:00出発。途中、有名な「かずら橋」を渡ってみる。渓谷を慎重に運転しながら剣山登山口の見の越に9時少し前に着いた。荒れ模様の天気で風も強く、雨もやむ気配はない。下山者に山頂の様子を聞くと、風は強いが登れないことはない、とのことで登山実行を決断。雨具を着けての仕度を整える。西島までは普段はリフトが運行しているが強風のため運行は中止。リフトに沿った登山コースを登る。西島までは約40分、風と雨は収まることなく吹き付ける。ここからは、3コースに分岐している。「健脚コース」を選び、最短コースで山頂をめざす。刀掛けの松を過ぎると山頂小屋はすぐそこにあった。山頂へは平坦な木道が続き、天気さえよければ最高のハイキングコースであったろうに。風はかなり強く吹きつけ頬にバシバシと当たる。太平洋からの風であろうか。木道脇のロープに時々つかまりながら山頂を目指す。10:40 一等三角点にタッチする。景色は何も見えない剣山頂であった。小屋へ戻り、おでんに熱燗2合、暖かいうどんを食べる。小屋の中に飾ってある写真を眺めながら、悪天候を悔やむ。
 下山は同じ道を下り、約1時間半で登山口に着いた。一宇村の岩戸荘の温泉をめざし車を走らせる。山間の狭い道は運転をてこずらせた。岩戸荘の温泉はまだ人はまばらでゆっくりつかり、疲れを癒した。
 降り続く雨の中、今日の宿を淡路島洲本に決め、徳島自動車道からなると大橋を渡った。(99年5月)