至仏山


 10月5日、久しぶりで2人での山行。戸倉よりワゴン車に乗り換えて鳩待峠に向かう。山の中腹は紅葉がはじまっている。登山口を8:30出発。落ち葉を踏みしめながらゆっくりとした足取りで登る。途中、尾瀬ヶ原と燧ケ岳を展望しながら、木道や階段を登る。オヤマ沢ノ田代湿原は枯葉が綺麗に風になびいていた。10:05湯の小屋分岐、木道の休憩所には団体客が陣取っていた。少し先の木道で尾瀬ヶ原を望みながら休憩する。燧ケ岳の双耳峰がはっきりと見える。3年前に残雪の中を登った記憶がまだ新しい。小至仏山へのトラバースルートは蛇紋岩の足場となり、滑り易い登山道となっている。結構な岩場を通って山頂(2228M)へは11:20着。大勢で狭い山頂を満たし、順番に記念撮影をした。越後の山々、平が岳、武尊、日光白根まで360度のパノラマであった。少し手前のピークに戻り、昼食。尾瀬と燧を見ながら爽快な気分であった。12:20下山開始。大勢の登山客で列が出来るようであった。分岐地点には1:20。紅葉を惜しむように歩きながら鳩待峠には2:35着。生ビールで無事を祝う。帰りは吹割温泉センターで風呂に浸かり、疲れを癒す。沼田インター、下仁田インター経由で20:00自宅へ。(2002年)