大台ケ原(日出ケ岳)


5月4日、自宅を3:40に出発し三重県をめざす。途中、雨が降り出し計画の山行きは一時あきらめるものの、結局今日中に何とか行ってみようと思いをめぐらし、大台が原をめざす。霧の中の道路は運転もままならない。駐車場で支度をし、15:45出発。林道を歩き始める。散歩道程度から階段が続き、明日のための足慣らしみたいなものであった。根の浅い大木が無残にも横倒しになっている。(写真)16:20山頂の広場には展望台があり、1694Mの一等三角点の標石がある。数人が休憩していた。近くでは、小鹿が何かえさでも捜しに来ているようであった。そう言えば結構木の幹がかじられていた。雨の多い地域なので幹は苔むしていたが、かじられた跡も多く残されていた。元来た道を引き返す。17:05には駐車場に着く。急いで着替えて和佐又キャンプ場に向かう。ゴールデンウイークでキャンプ場は盛況であった。明るいうちに食事も済まし、明日の転機の回復を祈る。(2002年)


大峰山(八経ケ岳)


 5月5日、昼からは晴れるとの天気予報を信じて、昼に頂上の予定でゆっくりと出発する。行者還トンネル西口の駐車スペースは満車であった。9:05出発。小坪谷の渓流を右手に見ながら歩く。キャンプをしている場所もあり、このあたりは丁度足慣らしで良い。渓流を渡るところで下りの一行が川の中で汚れた靴などを洗っていた。相当の泥道を覚悟しなければならない。石楠花がきれいな花を咲かせていた。つぼみは真っ赤で美しい。(写真)一時間ほどで奥駆出合の分岐にでる。数人が休んでいた。10:13出発。5分ほどで石休の宿跡、弁天の森には10:34到着。どろの多い道を進む。11:00聖宝の宿跡到着。理源大師の銅像が建っていた。部分的に分割して背負ってきて組み立てたものだが、信者の人たちのご苦労はすごいものがある。(写真)
 これからは聖宝八丁の急坂ということでつづら折れの坂道が続く。12:05弥山小屋到着。廻りは霧で何の展望もきかない。天気予報ははずれか?八経が岳山頂で昼にしようと歩き始める。かなり下ることになる。途中、オオヤマレンゲの保護のための金網の扉が4箇所あり、鹿などの獣害から守るための物だとの説明されていた。近畿地方最高峰の1915Mの山頂には12:40に着いた。山頂には10数人が休んで天気の回復を心待ちにしていた。思ったより時間が掛かった。しかし、天気は徐々に晴れつつあり、弥山の山頂や小屋が見えてきた。昼食をとり、13:10下山開始。途中弥山の中腹で八経ケ岳の山容を見れたので満足できた。(写真)
 小屋には13:40、聖宝宿跡には14:26、弁天の森には15:00丁度。滑り易い斜面に気をつけながら下る。霧が上がり、台高の山並みがきれいに見えた。吉野の深い山は威厳を持っている感じだ。石楠花の下で写真をとりながら、16:23登山口に無事到着。今シーズン最初の山行にしては結構きついものがあった。
 下北山村の池原ダム真下のスポーツ公園キャンプ場までまっしぐら。テントを組み立て「きなりの湯」で疲れを癒す。「きなり館」での生ビールの味は別格であった。
那智の滝、潮の岬,白浜、和歌山城を見て帰宅。(2002年)

 

伊吹山













 近畿地方の山で一つだけ離れている百名山(1337M)で、関西地方に行くときにいつも関ケ原で眺めていた。大きな山塊だがドライブウエイがあるのでいつでも行けると思いつつ、機会を逃していた。鳥取の大山の帰りに天気も良く登る決意をした。前夜は丹後半島の小浜というキャンプ場に泊まり、5時起きで京都に向かい、大津SAで朝食をとり、関ケ原をめざした。古戦場を見た後、ドライブウエイに入り山頂をめざす。「海の日」であったことをすっかり忘れ、山頂に近づくにつれ、それを実感した。駐車場の先客が出ると次のお客が入れる仕組みであった。いつまでかかるのか分からないので、約1キロ手前で駐車し、自動車道を歩いた。車はなかなか前進していない。
 山頂はハイカーで賑わっていた。お花畑を眺める気分で花の写真をとりながら25分ほどで山頂に着いた。ガスで周りの景色は見えないが、様々な種類の花が咲き乱れていた。山頂付近にも売店があり、丁度昼時で、小学生がカップヌードルを買って食べていた。売店のカレーうどんを戴き、帰路に従って南回りげ下山した。こちらの方が花は豊富で素晴らしい自然の花園が続いていた。1時間かけて写真を取りながら下山(?)した。近畿の人たちにしてみれば手ごろな天上の楽園かもしれない。霧が峰のビーナスラインと同じく、開発の爪あとは厳しい。(2004・7)

大山


 臼田から車を駆り前日に下山キャンプ場に着く。(約12時間)。キャンプ場開きは翌日とのことであったが、許可してもらい、テントを張った。
当日は、暗いうちから駐車場には車の音が聞こえ、登山客が詰め掛けていた。
朝食をとり、6:10出発。夏山登山口と書かれた木柱のところから階段を登りはじめる。嘗ては両脇に僧坊があったようだ。杉並木を過ぎ、ブナ林を登る。土留めとしての階段状の登山道できつい。約1時間で5合目に着く。ここでは視野が開け、北方の平野が展望できた。6合目辺りからは徐々に展望が開けるが、天気はイマイチである。潅木の中をくぐり、8合目には8:00に到着。これからは山頂まで高山植物の植生保護のための木道が続く。ガスで周りの景色は全く見えない。風も強くなり、荒天となった。木道の周りにはダイセンキャラボクの群生が広がり(写真)、足元に気をつけながら、弥山山頂(1711M)には8:30到着。頂上避難小屋には大勢の人が休んでいた。少し休憩をして、記念撮影をし、早々に引き上げた。下山路は、景色も望めないので、花の写真を取りながら下った。6合目より下は好天で、日本海が望めた。下りの階段はきつく、休み休みの下山であった。登山道を少し左に入った阿弥陀堂は静寂の中で蝉の鳴き声だけが響いていた。11:35登山口に戻る。皆生温泉で汗を流し、昼食をとり、出雲大社に参拝に出掛けた。(2004,7)