大朝日岳

 朝日連峰は月山に登った時、遥か西南の方角に聳える山だった。
前日に麓の古寺鉱泉・朝陽館に泊まり、翌日早朝の登山を計画した。
4:40に宿を出発。ようやく夜が明け、足元が明るくなった頃の出発である。
いきなり急登が始まる。久しぶりの山行なので、ゆっくりと登り始める。
一服清水の水場を過ぎると間もなく、6:00にハナヌキ峰の分岐に到着。
(1187M)古寺鉱泉が670Mなので、500Mを一気に登ったことになる。
尾根伝いに30分ほどで三沢清水に到着。冷たくてうまい水であった。
さらに20分で7:00に古寺山(1501M)に到着。大朝日岳はガスがかかっていて
見えず、小朝日岳が時々姿を見せた。朝食をとり、7:30出発。
小朝日岳には、一旦下ってまた登る。途中、トラバースするコースもあったが
帰りに使うことにし、小朝日を目指す。8:00に小朝日岳(1647M)に到着。
朝霧でガスっていて展望はない。急な下りを慎重に歩き、トラバースコースの
合流点の熊越までは20分ほどであった。
尾根道をまた登りあげる。小さなピークをいくつか越えるとガスの切れ間から
大朝日岳が見え隠れするようになった。右手には雪渓の残る中岳が見える。
9:30分、銀玉水の水場に到着。ここに来てようやくお花畑が広がる。
砂礫の道や階段状の石積みの道は、最後の登りとはいえ、かなりきつい。
マツムシソウやヒメサユリの可憐な花がまだ咲いていた。
10:00に大朝日岳小屋に到着、一休みして山頂をめざす。15分ほど登り、
10:25にはついに朝日連峰の主峰・大朝日岳(1870M)に登頂。
この時間にはガスも切れ、小朝日岳、古寺山の稜線がはっきり見えた。
山頂の方位盤によると澄んでいれば佐渡が見えるということだ。朝日連峰は
日本海側の庄内地方の天候だそうだ。時間がたつにつれて、周りの山並が
はっきりとしてきた。地元の人たちに周囲の山々の様子を聞きながら景色を堪能し、
11:00下山開始。11:40に銀玉水に着き、昼食にした。先着の人たちが景色のよい場所を
占領していた。湯を沸かし、アルフア米とカレーという昼食。山では何でもうまい。
景色を見ながらゆっくりと食事をし、12:30出発。小朝日や古寺山には登りもあり、
三沢清水には14:00、一服清水には14:40。こんなに登ってきたのかと思うほど
下り、15:40に古寺鉱泉に無事到着した。11時間の長旅であった。
(06.08)

蔵王山


深田久弥は日本百名山の一座に蔵王山を挙げているが、蔵王山という山はない。
氏は著作の中でこう述べている。「同じ東北の山でも、蔵王には、鳥海や岩手のような
独立孤高の姿勢がない。群雄並立といった感じで、その群雄を圧してそびえ立つ盟主がない。
(中略)もし最高点を盟主とするならば、それは熊野岳であって、その細長い頂の一端に、
斉藤茂吉の歌碑が立っている。」
 昨日の朝日岳の疲れもあり、刈田岳駐車場に着いたのは9:30。まだいくらか駐車スペースがあり、
ラッキーであった。9:40、熊野岳を目指して出発。大勢の観光客はお釜に群がって記念写真を撮っている。お釜は上からのぞくことにして、整備された道を山頂めざして進む。馬の背の道を進み、非難小屋直下でお釜をのぞく。エメラルドグリーンの水をたたえたお釜は、多くのお客を魅了するに十分である。
草津白根より相当規模は大きく、火口原も大きい。火山弾の敷き詰める道を一気に非難小屋に登り、
ロバの耳岩の上からお釜をのぞく。絶壁の上に立ち、一般観光客から隔絶された地点から眺めることができるのも、また、特別な気分である。稜線をもどり、熊野岳山頂をめざす。中学生の登山隊が、我先にと山頂を目指して走っていった。10:30、1841Mの山頂には熊野神社、斉藤茂吉の歌碑があった。
好天に恵まれ、四方の山並みが見渡せた。わかりそうなのは残雪を抱いた月山のみで、朝日連峰は雲に霞んでいた。子供たちや家族連れが食事を始めた。空腹感を感じ、下山開始。
 途中、コマクサが2輪、ガレの中に咲いていた。花の少ない山なのか、シラネニンジンの白い花だけが目だった。1時間ほどで駐車場に着いたが、この時間になると満車状態で、車は、料金所の下まで連なっていた。前回蔵王に来た時は、強風雨の中で、駐車場で1時間ほど粘った末、山行を断念したが、念願が叶って満足できた蔵王であった。一路、早池峰の麓に向かう。(06.08)


早池峰山



岳の民宿・大和坊にはほかに4人の登山客がいた。大迫町はこの春合併して花巻市になったという。
早池峰山は全国から登山愛好者の集まるメジャーな山なのに、この麓の集落は、携帯電話が通じない。
当然、早池峰山一帯も通じない。周辺地域も活性化するための市町村合併であるならば、まず、携帯で通話ができる地域にしてほしいと思う。安全な登山をするためにも是非必要です。
 岳の集落から車で20分、4:40に登山口の河原坊駐車場に着いた。隣の神戸ナンバーの車のおじさんが支度を終わって出発した。この時間になるとだいぶ明るくなり、登山届けを記入し、山頂を目指した。
このコースは、コメガモリ沢に沿っての登山道で、大小の石ころばかりの道である。沢を何度かまたぐ道だが、このところ降雨がなく、安心して徒渉できた。登山口から80分ぐらいで頭垢離(こうべごうり)という場所があり、水場があるとのガイドであったが、水場はなかった。500ミリしかない水をどう持ちこたえるかが、大きな課題になった。岩場が続くなか、6:13、御座走りという標識があり、山頂まであと0.8Kと記してあった。8合目の打石には、6:45分、あと0.7K。ほとんど直登であり、岩の間を一気に高度を上げる。下を見ると駐車場がはっきり見える。こういう登山道もめずらしい。
 ハヤチネウスユキソウの遅咲きの花が目の前に飛び出す。日本のエーデルワイスである。ウスユキソウの仲間も数多いが頭花の部分が異なっている。ハヤチネウスユキソウは頭花の大きさがほぼ等しく、エーデルワイスに似ているが、エーデルワイスの頭花はひとつひとつが大きい。ハヤチネの花丈はエーデルワイスに比べて長い。長期間、雪に埋もれ、アルプスの高地に咲くエーデルワイスは、5センチから15センチほどの丈である。スイスのベルナー・オーバーランドで見たエーデルワイスを思い出す。
10分ほどで千丈ケ岩という巨岩に到着。あと0.4Kという標識がある。少し登るとお花畑が開け、まだ数種類の花が咲いていた。1917Mの早池峰山山頂には7:30到着。標柱には1913.6Mと記されていた。三角点より高い位置に奥宮があり、最高地点は1917Mにはなりそうだ。展望は360度のパノラマで岩木山から八幡平、八甲田の山々を望むことができた。3日連続の晴天であり、夢のようである。一滴の雨にも遭わなかった。少ない水のうちから150ccを沸かし、コーヒーを飲んだ。この日のコーヒーは格別の味であった。帰路となる小田越方面を眺めながら、中食をとった。
 8:45、下山開始。携帯用トイレを使用するトイレと非難小屋の横を通り、お花畑、湿原、木道の続く中、花をカメラに納めながらゆっくりと下る。8合目の鉄梯子など、途中、巨岩をくぐりながら炎天下を下る。御金蔵(おかねぐら)の岩場周辺には、ハヤチネウスユキソウが咲き誇っていた。ザックを置き、カメラを構える。両側にロープの張られた道を下り、コメツガなどの低木帯に入り、休憩。わずかな風が心地よい。
 9:40、木道が始まり、100Mで小田越登山口に到着。自然保護センター、監視所がある。ここからは舗装道路を約2キロ、河原坊まで歩く。途中、ミヤマオダマキ、ガクアジサイを撮る。9:45に登山口に到着。遂に3日間、3座制覇を成し遂げた。大和坊の女将に無事下山の報告をし、早池峰をあとにした。(06.08)

飯豊山


 川入キャンプ場には11時に着いた。途端に夕立に見舞われた。しばらく様子を見ていたが12時には小降りになった。数人がずぶぬれになり下山してきた。今日は三国小屋までの行程なので、雨具を着て登り始める。車道を進むと10分ほどで大滝遊歩道との分岐となる。久しぶりの無人小屋泊まりで、装備もしっかりと肩に重い。12:45、下十五里の標識に到着。ブナの根っこで滑らぬように注意しながら進む。時折、上の方から雷鳴が聞こえる。雨も降ったり止んだりの状態が続いている。20分ほどで中十五里、さらに20分で上十五里には13:25着。「笹平まであと0.6キロ」の標識があった。15分ほど休み、上を目指す。笹平付近は、名前のように笹が多く、なんとなく気持ちが悪く、熊よけの鈴をつける。笹平には14:07、横峰小屋跡には14:30に着いた。このあたりで雨は止んだ。地蔵山をトラバースする登山道を進み、給水地点の峰秀水にはちょうど15:00に着いた。飯豊山は標高の低い山域なので蒸し暑く、アブがまとわりついてくる。清水は冷たくおいしい。長い間手を入れられない。この辺りから花が見られる。これから小山では水がないので、2・5リットルの水を補給する。10分ほどで地蔵山との分岐になり、いよいよ剣ケ峰に取り付く岩稜が続き、一部鎖もあり、軽装の時は違うのでバランスもとりにくく、雨上がりでもあり、三点確保に注意しながら慎重に登る。16:25、三国小屋に到着。珍しい山頂の小屋であった。無人小屋ということであったが、管理人がいて、2000円の素泊料を徴収された。福島県営の新しいきれいいな小屋だった。夕飯と翌日のおにぎりをつくりながら、800円のビールを飲み、早々と寝入る。しばらくして、隣のおじさんのいびきで目覚め、以後、うつらうつらの一夜であった。夜半に結構な量の雨が降った。
 4時ごろ目覚める。外に出ると深い霧で、天気は悪くなるとの管理人の話であった。軽装にして雨具を着けて5時に出発。登山道脇の木々は露にぬれていて、雨具着用が正解。30分ほど歩いて行くと朝日が差してきた。七森、種蒔山を経由し、切合小屋には6:10と、わりに早く着いた。小屋の手前の丘で朝飯を食べる。飯豊本山はまだガスの中であった。15分ほど休み、草履塚には6:50、御秘所には7:10、いよいよ山らしい登山道になってくる。この辺りの岩稜も慎重を要する。ジグザグな御前坂の上のほうには石を積み上げた山頂が見える。一ノ王子の標識を過ぎると右手に雪渓があり、お花畑が広がる。地図で見ると御秘所沢の上部にあたるニッコウキスゲもまだ元気よく咲き誇り、チングルマは、変身していた。7:55に本山小屋に着く、休まず山頂を目指す。8:11遂に登頂、2105Mの一等三角点にタッチする。天気はよく周囲の山々が望めた。東北地方の日本百名山の最後の踏破の山であり、何回か計画しては豪雨などで延期し、計画変更しながらの今回の山行だったので、感慨も深かった。昨晩作ったむすびをほおばる。
 この調子なら麓まで降りられると思い、8:45に下山開始。本山小屋までのお花畑でカメラに花々を納め、夕立が来ないように祈りながら下る。9:40、上りでは横に見てきた姥権現(写真)で休憩し、一息入れた。切合小屋でバッジを買ったが「1000円です」と言われ、少しびっくりした。三国小屋に持っていくための水を2リットル補給し、小屋を目指した。三国小屋には正午に到着。管理人も早く帰ってきたのでびっくりしていた。昼食をとり、装備を整え、12:40に出発。デポしてあった着替えなどを積み込んだので、かなりザックが重く感じた。水場には13:25に到着。小屋からもっと近いと思ったが結構かかった。冷たい飯豊の水はこれで最後なのでしっかりと飲んだ。少し傷んでいる左足のヒザには、下りはつらいものがある。ストックと右足を中心に下る。木の根は良く滑り、数回バランスを崩し、しりもちをつきそうになった。20分間隔で休みを入れ、15:46登山口の川入キャンプ場に無事到着した。川入の民宿に泊まり、蚊に悩まされた。翌日自宅に帰った。(06.8)