空木岳

 10月好日。池山尾根から空木岳をめざす。駒ケ池の横から林道を進み、終点で駐車。結構広い駐車場でトイレや休憩所がある。南アルプスは絶景である。8:05出発。池山へのハイキングルートにもなっていて整備された道が続く。丸太で土止めをしてあり、登山道の流出を防いでいる。鷹打ち場を過ぎ、樹林帯を登ると紅葉が濃くなってくる。40分ほどの所に白樺で作ったベンチがあった。旧池山小屋の分岐を過ぎ、9:05池山小屋分岐点。最後の水場があり、休憩して水を汲む。(1750M) 尻無山をトラバース気味に上り詰め、30分ほどで分岐点の広場(1970M) マセナギを通り、「この先500Mは急峻,やせ尾根」の看板には10:30着。大地獄、小地獄を控え、一息入れる。やせ尾根はスチールのはしごや橋が続くが手すりなどがきちんとしており危険はない。しかし、結構急なのぼりが続く。迷い尾根の看板を過ぎ、11:05 ヨナ沢源頭上の少し広いところ(2300M)で昼食。今夜は小屋どまりなので慌てることもないので、湯を沸かし、ゆっくりと食事をとる。11:40発。宝剣岳を中心にした千丈敷カールが見え隠れする。この付近から霜柱が道の横に見えてきた。日陰には雪もあった。空木平分岐(2528M)には12:30着。駒石方面のルートをとる。ここからは南アルプスが全部見える。鋸岳から光岳まで、塩見の横に富士山の山頂が見える。大きな駒石までは35分ほどで、空木の下に駒峰(こまほう)ヒュッテが見えてきた。ハイマツの間の道を登り、13:35新築されたヒュッテに到着。カメラだけを持って出かけ、10分ほどで空木岳山頂(2863M)へ登頂。360度のパノラマ。遠く白山や奥秩父の山並みも見える。御嶽山はまさに目の前。誰もいない山頂でセルフで記念撮影。小屋には環境保全の工事をしている人たち4人と小屋の手伝いをしている20歳代の井口さゆりさんがいた。夕方までゆっくりとして夕日を見に再び山頂に登った。秋の夕陽は沈み始めると早い。真っ赤な大きな陽が雲の中に沈む光景は久しぶりに見た。夕陽を背にした南アルプスの山々も幻想的で美しかった。夕食には工事の人たちに誘われ、遭対協の人もいたので、話の輪には入り、駒峰ヒュッテのことや空木の遭難事故の救助の話を聞いた。5:30に起床、、ご来光を拝むためにみたび山頂に登る。寒さが沁みて来る。だんだんと明るさが増してくると太陽を背にした御嶽山は雲海の上で紫色になり始める。6時10分前頃に雲海に浮かぶ南アルプスの主峰北岳の横から光が漏れ、あっという間に全ての太陽が現れて明るくなる。感動的な瞬間であった。陽の光を一杯に浴び小屋に下る。朝食を頂き、帰路に着く。ここのトイレは紙オムツ式の袋を200円で購入し、使用後は口をしっかり縛り、最終的には市の焼却炉に行くとのことでした。
 午前7:00、駒峰ヒュッテを後にする。前方に広がる南アルプスの全景を見ながら下る。空木岳を振りかえりながら、千丈敷カールを望みながら7:45に空木平分岐。迷い尾根には8:30。この辺りから登ってくる登山者に出会う。好天に恵まれての良い登山になるだろう。大地獄などを再び通り、尻無分岐に9:20到着。休憩後、池山小屋には10:00到着で、湯を沸かし大休憩。新しい小屋には、信州大学の研究成果や近隣の植生などの展示がされていた。30分ほどゆっくりして出発、土留めの続く林道は膝に来る。11:20駐車場着。「こまくさの湯」に直行。風呂からは千丈敷カールが良く見えて最高の気分であった。隣のレストラン「ガロ」で駒ヶ根名物のソースカツ丼を食べた。ボリュムがあり、満足して中央道を自宅に向かった。(2002年)

御嶽山

  8月24日、王滝口の田の原高原より山頂をめざす。田の原は7合目にあたり標高2200メートルなので山頂までの標高差は約800メートル。今年はじめての3000メートル峰に挑む。御嶽山は信仰の山なのでここまでの道中にも多くの霊人碑が建立されていた。観光センターの中のボクスに登山届を出し、7:00、登山口の石の鳥居をくぐる。砂利道は遥拝所まで続き、その後、木の階段の多い登山道に入る。この階段は延々と続き、あかっぱげと呼ばれる崩壊地を過ぎてもまだ続く。その後森林限界を過ぎると溶岩の石畳になり、7:55、8合目に到着。まだ新築間もない石室があった。ガスの切れ目から御嶽山が顔をのぞかせる。このあたりには霊人碑が点在している。登りの傾斜もきつくなり一口水を横目に9合目をめざす。8:30到着。振り仰ぐとすぐ上に王滝頂上小屋が目に入る。奥の院への分岐をまっすぐに山頂をめざす。20分ほどで王滝山頂(2936メートル))さらに20分で剣が峰(3067メートル)9:10、三角点にタッチ。ガスで他の山系は目には入らないが、頭上には青空が広がていた。ガスの切れ間から今登って来た登山道がはっきりと見える。二の池はエメラルドグリーンの水をたたえ、岩ばかりの山頂を写していた。
 1時間ほど休憩をとり、ラーメンを食べ、コーヒーを飲みながら景色を楽しんだ。ガスが晴れて中央アルプスが望めるのを期待したが残念であった。しかし、ほとんど真下に今朝登り始めた登山口が見えたときは、感激であった。こういう景色は実際にはあまり見られないものである。10:10下山開始。二の池方向に下り折返して王滝山頂小屋を経て同じ道を下る。8合目より下の木の階段はぬれていて滑りやすく2度ほどこけそうになった。あわてずにゆっくり下りる。それでも下りは早く、11:50登山口に無事下山。うしげの湯につかり、木曽路を帰路につく。(2001年)


乗鞍岳

 7月31日、臼田を4:00に出発。安房トンネルを抜けて平湯峠。そこから乗鞍スカイラインに入る。好天に恵まれて絶好の登山日和。目前に穂高連峰がはっきりと見える。7:20、畳平駐車場から登り始める。観測所への道路を登るので時折車が通る。道路の左右にはチングルマ、ヨツバシオガマ、コバイケイソウなどが咲き乱れている。不消カガ池には雪渓が残り、それの青さを写し群青色に輝いていた。肩の小屋への角を越えると左手の大雪渓で夏スキーを楽しむ若者たちでにぎわっていた。畳平30分ほどで肩の小屋に着き、一息入れて今度はガレキの少し急とを朝日岳をめざす。この道の周囲には、イワギキョウやウサギギクなどが見られた。手ごろな山のせいか登山者は多く、登りと下りで譲り合う場面が多かった。頂上小屋の脇を通り8:50、登頂。3026Mの山頂には大きな祠があり、その裏手に山頂の標識があった。御嶽山をバックに記念撮影。最も容易い3000M峰だ。槍から奥穂、西穂、前穂の山々が青い空に目の高さでそそり立っている。中央、南アルプス方面は既にガスで見えない。目の下にはコロナ観測所のドームがある。山頂から少し降りたところで風呂敷を広げ、湯を沸かして槍穂を眺めながら昼食。まさに爽快な気分だ。9時を過ぎると登山客が増え出した。帰り道は本当に富士山のように行列ができていた。帰りはお花畑コースを回り様々な高山植物をめでた。レストハウスの階段の横で久しぶりにミヤマクロユリを見つけて感激した。そこは階段に注意を払うため、誰もが見過ごすような場所だった。11:40駐車場に戻り、バスターミナルないの自然史博物館で乗鞍岳の自然の概要を学んだ。食堂で軽食をとり、帰路に。この頃には車が一杯で、駐車場に入れない空車待ちの車が道路に連なっていた。白濁した湯で有名な白骨温泉で汗を流し、波田町で下原スイカを買って自宅に戻った。(2002年)

荒島岳


 8月7日、福井県の名峰・荒島岳に向かう。登山口の勝原スキー場までは臼田からは5時間以上かかった。既に陽は昇っていて暑い盛りであった。9:25出発。スキー場の工事をしているダンプを横目にリフトに沿って登る。リフト終点には10:00。ここからは樹林帯に入り日陰になるが北陸地方は標高が低いため、なにせ暑い。泥道に続き、根っこ道、そして、階段道。石楠花平に着く頃にはもうアゴが出そうであった。11:50着。何の展望も無いところだが、木々の間から荒島岳が望める。ここからはわずか下り、すぐに急登。きつい階段が続く。いくつかピークを越えると広々とした山頂に到着。13:10。1524Mは百名山では低いほうの山であるが結構見ごたえのある山頂である。はるか北方に霊峰・白山が横たわっている。ハクサンフウロ、アカバナシモツケソウ、ヤマルリトラノオなどの花が咲きほこっていた。2枚の大反射板の陰で日陰をとり、昼食。靴を脱ぎ、上半身裸になた。気温は31度と佐久の平地と同じだ。360度の景色を楽しみながら1時間ほど過ごし、14:05下山開始。石楠花平までは40分。下りの階段はきつく、ひざが笑ってきた。ようやくリフト終点にたどりついたのは15:55。大休止。登山口には16:45。早起きと長距離運転の疲れがどっと出てきた。明日の白山山行をあきらめ、九頭竜温泉・平成の湯に直行、風呂とビールで体をリフレッシュする。九頭竜国民休暇村でテントを張り、ぐっすり眠った。翌日、飛騨古川を散策し、安房トンネル、松本経由で帰宅。(2002年)

白山


 北アルプスに登ると西の方角に見える大きな山塊が白山の連峰である。2002年、上記の荒島岳山行の折に計画したものの、体力不足で断念した山である。また、北陸地方は天候が悪い日が多く、なかなか決行できなかったが、ようやくチャンスが訪れた。
 登山口まで車で6時間の予定なので白峰の民宿に前泊した。4時に起床して宿を出発。小雨が降っていたが天気予報を信じて一路、別当出合の駐車場に向かう。川沿いいの路をライトを点けて慎重に運転する。駐車場の上段には十台ぐらいが止めてあった。周りはまだ暗く、車の中で、ルームランプの光の中、宿で作ってもらった朝食を摂る。満天にに星を散りばめた夜空は美しく、快晴を物語っていた。
 5:50、駐車場を出発。少し行くと別当出合の休憩舎があり、登山届を提出。「砂防新道」を登ることにした。吊り橋を渡り別当谷の左岸を登る。砂防工事が行われており、川のあちこちに重機が置かれている。塩見の時のこともあるので、今回は最初からゆっくりと歩き出した。尾根歩きみたいな感じであり、景色を楽しみながら歩を進める。6:30林道と交わるところに中飯場があり、トイレが設置されていた。シラビソやダケカンバの林を行くと、7:05別当覗という見晴らし台に着く。対岸の観光新道側が朝日に映えていた。大きな崩落の痕があり、足元は断崖になっている。甚之助避難小屋(1970M)には、7:40着。小屋の前で朝食をとっている人もいた。段々と登山者が増えてくる。登山道は整備されおり、石の階段が各所にあり、階段のぼりに閉口する。南竜山荘からの合流点を過ぎるとトラバース気味に道が続き、小さな沢をいくつか渡る。8:45、黒ボコ岩につく。観光新道との合流点であり、巨大な岩があり、眺めも素晴らしい。雲海を見下ろす位置にあり、ここからは木道が続き、湿原を保護している。弥陀ケ原からハイマツ帯を登りつめると9:10、突然、室堂のビジターセンター(2450M)が目前に迫る。大自然の中の人工物ダーと言う感じである。後ろに聳える霊峰白山の御前峰には小さく祠が見えた。700人収容できる宿泊施設があり、15日には閉鎖ということであった。休憩の後、水を調達し、山頂をめざす。
 10:08、2702Mの白山御前峰に登頂。後立山、槍・穂、御岳・乗鞍と雲の上に顔を出してる。全てが登破した山々である。感慨無量。北アルプスの山並みを見渡せる場所を探し、昼食休憩。これがあるから山登りは止められない。1時間ほど景色を楽しみ、11:00に下山開始。室堂で記念バッジを買い、11:40黒ボコ岩。下山は観光新道を選んだ。この道は尾根歩きが多く、樹林帯が少ない。周りの景色を楽しみながらの下山路である。蛇塚、馬の鬣などの標識を見ながら、12:15に殿ケ池避難小屋に着いた。紅葉の盛りだが、色つき具合は今ひとつというところ。残り咲きのリンドウ、ハクサンフウロ、イワカガミなどをカメラに収めながら歩いた。別当坂分岐までの下り結構長く、1:10到着。一休みして、更に急な坂を下り、登山口には2:05に着いた。駐車場は50台近い車で埋まっていた。工事用のダンプや生コン車が行き交っていた。「かんぽの郷白山尾口」で疲れを取り、翌日白山スーパー林道を通り、平湯経由で帰宅した。
(2005,10)