奥穂高岳

コース:上高地、涸沢、奥穂、前穂、岳沢、上高地
▲山行日記
臼田出発4:30-沢渡着7:40-上高地着8:25身支度
上高地発8:40-明神舘9:22-徳沢10:15食事10:40
横尾山荘着11:37食事12:00発-本谷橋13:00予定より早いペース。屏風岩が目の前に迫る。後方には常念が姿を見せてきた。13:20出発-涸沢小屋着15:30ほぼ予定どうりの到着であった。好天に恵まれ涸沢カールの素晴らしい眺めがみれた。前穂から奥穂、涸沢槍から北穂の稜線は来るものを拒むにふさわしい岸壁である。布団3枚に8人という寿司詰めでよく眠れない夜であった。もうこりごり。
 涸沢小屋発4:30-裕子は冷や汗が出るという。ペースダウン。少しずつの休憩を多く取る。ザイテングラードは瓦礫と岩場の急登がつづく。穂高岳山荘に着いたのは8:00と1時間ずれた。食事と用を足して裕子の顔色も良くなる。8:40出発し、目的の奥穂を目指す。9:40遂に登頂する。槍、笠
剣、薬師などの山並みが一望でき、最高の山行となった。記念撮影を済ませると前穂に向け10:00出発。吊り尾根はさすがに厳しく紀美子平到着11:50。小休止の後。前穂に向かう岩場を這い上がり12:33登頂。一等三角点にタッチ。紀美子平に戻り軽く腹ごしらえ。13:25-重太郎新道を慎重に降り、15:43岳沢ヒュッテ着。生ビールを干して16:00下山開始-17:45登山口着、上高地16:00。13時間半行程
人出が予想以上で上高地を出たのが10:00、旅館を探したが無くて自宅に戻る。午前2:30自宅到着。(98.7.18-19)