男体山

 日光湯元温泉のキャンプ場に前日に来て泊り込み、7月31日早朝に登った。二荒神社にて登拝料500円を納める
ちょうど今晩零時より登拝祭が行われると言うことで、神社の境内はにぎやかであった。6:10中宮祠に参拝し、登り始める。2484メートルの山頂まで標高差1200メートルを一気に登る。最初は階段の連続で足慣らし。一合目で階段は終わり、樹林帯の登山道に入る。鹿の害から木を守るために青い金網が巻かれている木々を横目に滑りやすい道を一気に駆け上がると3合目。6:40、一息入れる。ここからは舗装された林道を歩くことを指示される。20分ほどで4合目に着き、鳥居をくぐり登山道へ。6合目、7:40。7合目、8:00。8合目には8:35分着。途中、中禅寺湖を見下ろしながらの道で、かなり急坂ではあるが、景色の全く見えない樹林帯の道に比べれば、気が和む。苦になるのは親指程のアブが2匹ぐらい常に纏わりついてきて、暑さが倍増する。8合目を越えると砂礫の道が続き、9合目には9:05。白根山,皇海山の山並みが中禅寺湖の上に広がる。赤茶けた砂礫を踏みながら山頂には9:35到着。奥宮では今晩の登拝祭に向けての準備をしていた。頂上には大きな太刀が立てられており、男体山のシンボルだそうだ。
 40分ほど景色を堪能し、10:05下山開始。滑りやすい道を注意深く下る。7合目ではウスユキソウの一種らしい白い花を撮影。6合目には11:15、4合目の鳥居には11:40についた。祭のテントがあったので休んでいたら「講」で来たと言う宇都宮と鹿沼のおばさんたちと出会い、ダベリング。林道もおばさんたちに付き合い、3合目まで下った。
 それからは一気に下り、12:00無事下山。久しぶりの登山であったが無事下りてこれてよかった。(2001年)