苗場山


 カヤノ平高原から切明温泉、上ノ原から小赤沢林道3合目で駐車。広い駐車場にはトイレもあり、きちんと整備されていた。8:10林道を登り始める。1合目ごとに標識があり、次の標識までの所要時間が表示されていた。4合目は8:37、5合目は8:57。1580Mの標識で一休み。樹林帯の中を段々と高度を上げる。風倒木の輪切りの足ふみや階段が続く。苦労して整備した様子が伺える。6合目9:25、7合目9:38、1810M。この辺りからは少し急になり、鎖やロープが補助に張ってある。8合目は9:57、1940Mの標識。ゆっくり休んで山頂を目差す。それからは5分ほどで樹林を抜け出し、木道が続き、地塘が広がる。湿原はもう紅葉が始まり、何の障害物もないので急に風が出てきた。穂高連峰や後立山連峰が一望のもとに、目前には鳥甲山が雄姿を表した。木道沿いには夏の終わりを告げるりんどうがまだ咲き誇っていた。一旦樹林帯に入りまた、木道が続き、山頂ヒュッテが見えてきた。2145Mの山頂には10:45到着。小屋の横の展望のない山頂で、セルフで記念写真を撮った。小屋でバッジとビールを調達し、岩菅山方面を望みながら昼食。草原の中の山頂はまさに頂上台地であり、草原と地塘が素晴らしい景色を提供してくれていた。11:30下山開始、5合目には12:50、登山口の3合目には13:30に着いた。左ひざに少し自信のない山行で、膝にサポーターをしていたが、無事下山できて今後の行動の参考になった。切明温泉雄川閣の風呂に浸かり奥志賀林道を湯田中に向かった。(2002.9)

草津白根山

 天気が良いので思い立って8:20に自宅を出発した。軽井沢から嬬恋を通って草津白根山の登山口には焼く2時間でついた。10:30出発。右に弓池を見ながら逢ノ峰をめざす。霜柱が解けて少しぬかるんだ道を登っていくと後立山連峰が見え隠れする。逢ノ峰山頂(2110M)には展望台の四阿屋があり、数人が休んでいた。その先はスキー場のゲレンデを急降下、ゴンドラの駅のあるレストハウスには10:55着。ここから再び上りに入り、大きな火口壁に出る。歩道の右の砂礫の中にコマクサの枯葉を見つけることができる。シーズンにはさぞかしきれいな花を咲かせるであろう。本白根山頂(2164M)には11:35に着いた。この日も好天恵まれ富士山から八ヶ岳連峰が望めた。日光や浅間連峰は目の前である。白馬から蓮華に至るまでの後立山連峰はそれぞれ思い出深い山々で、感慨にしたっていた。レストハウスまで戻って帰りは逢ノ峰を迂回して登山口に帰った。そのまま、湯釜を見学しに舗装された道を登る。観光客で道はふさがれており、リュックを背負った人は少なかった。湯釜は数十年前にきた記憶があるが、その時の記憶と同じ乳白色であった。近くの人に記念写真を撮っていただき、13:45、駐車場に到着。草津の湯につかり、汗を流し帰路についた。(2003.10.10)