宮之浦岳

コース:淀川口-淀川小屋-花の江河-黒味岳-宮之浦岳-新高塚小屋(泊)-縄文杉-ウイルソン株-大株歩道-荒川口
▲山行日記
  前日まで3日に渡り降り続いた雨が上がり、絶好の登山日より。前日予約しておいたタクシーにて6時に民宿を出発し淀川登山口に向かう。途中弁当屋で食料を調達。紀元杉や川上杉を見ながら登山口に到着。帰りの時間を予約して朝食をとる。7時15分出発。一番遅い出発なのか後からはあまり人は来ない。淀川小屋を通過して花之江河に到着。湿原が素晴らしいが、まだ花は咲いていない。宮之浦岳登山のツアーの人たちに行き会う。時間があったので黒味岳に向かう。しかし厳しい道でコースタイムどうりには行かず、かなりの時間を費やす。素晴らしい展望が救いの種であった。頂上は全く木がなく岩ばかりであった。そこから目指す宮之浦岳は厳しかった。3時に登頂。360度のパノラマはそれまでの疲れをいやすに十分であった。遅い昼食を取り、セルフで記念撮影。早速下山。新高塚小屋には6時に到着すでに小屋はお客で一杯だった。夕食の準備の気力もなくラーメンなどで間に合わせた。夜は土間にツエルトをひいて横になる。8時頃2人組が到着。寝袋もツエルトもなくそんな時間に来て多くの登山者のひんしゅくを買った。夜はいびきがすごく眠れず、わずかな睡眠を取った。よく朝は4時おきで朝食を済ます。縄文杉には8時頃ついたが歴史の重みと自然の雄大さを感じる自然遺産だ。ウイルソン株は多くの登山者で賑わっていた。トロッコ道を飽きるほど歩き、荒川口に到着。2:30。タクシーは来ていた。屋久島温泉に直行。(98.4.25-29)