南アルプス南部へのアプローチ

 3年前に妻と二人でテントを担ぎ、聖岳をめざして聖平まで行き、暴風雨のため引き返した。何としても何時かはと思いながらアプローチの長さもあり実現できなかった。今年は天気の良い日を見計らい綿密に練った計画を実行に移した。9月26日、自宅を出発し、上村の下栗の里をめざした。宿は前日に予約した民宿「みやした」。かつて不破哲三氏が南アルプス山行の時に泊まった宿である。下栗の里はこれで3回目だが、何時来ても緊張感あふれる道路である。午後3時には宿に着き、遠く聖、上河内、茶臼を望めた。ワクワクする気持ちを抑え、郷土色あふれる夕食を頂き床につく。


光岳


 9月27日、3時ころにはもう目がさめ、5時20分に宿を出発。朝食と昼食を用意していただき、女将さんに見送ってもらった。下山したら又報告に寄りますと約束して出発。狭い道路をライトをつけて走る。北又渡から易老渡そして便ケ島に駐車して身支度を整える。登山口の易老渡にザックをおいてきたので空身で20分ほど林道を歩く。6:25易老渡を出発。体格のいい一人の同行者がいた。登山道は最初から急登で、久しぶりのザックが重くのしかかる。ゆっくりと歩を進めているつもりが同行者のペースになり、2時間ぐらいで別行動をしてもらった。120ぐらいの脈拍になり、少し長く休憩をとった。面平には8:05に思ったより早く着いた。これで難関は突破したと思いながらも、最初のペースの乱れが回復できずに、20分おきぐらいに休みをとる。樹林の合間から上河内岳のきれいな三角錐がその姿を現していた。1500Mの標高差を登り切ると林の中に易老岳の道標が見えた。11:35に2354Mの山頂を踏んだ。休みながらではあったが5時間で到着でき、当初の予定どうりであった。展望もない山頂から20分ぐらい下ったお花畑(すでに枯れている)で食事をして40分ぐらい昼寝をした。三吉ガレを通り三吉平には13:10、光小屋まであと1時間30分の標識があった。静高平はきれいなお花畑が想像できた。水は枯れていた。(実は少々流れていたことを後で知った。)
 2:35本日の目的地・光小屋に到着、これも予想どうりのコースタイムであった。一休みして光岳山頂を目指す。15分ほどで山頂に達した。樹林に囲まれ何の展望もなかったが、長い間登ってみたかった山だけに感慨深いものがあった。近くに展望台があったがもうガスが巻いてきていた。誰もいないのでセルフで記念撮影して小屋へ。。ここの水場は10分ほど下ったところにあり、サブザックに水筒などを入れて汲み上げにいく。県営光小屋は最近建てられたもので、快適であった。さっきの同行者の他に三人の同宿者がいた。5時に夕食をとり、7時には就寝。


光小屋から聖平小屋への縦走

 9月28日、雨模様の天気。予報では午前中は雨だが午後は晴れるとのこと。朝食をとり雨具を着込んで6:00に光小屋を出発。易老岳までは昨日のコース。静高平で水場を見つけ補給する。きれいな湧き水であった。三吉平までは下りが続く。6:50樹林の中の三吉平に到着。それからはのぼりが続き、3人ほどの登山者に出会う。易老岳には7:50着。雨も本降りになるが天気予報を信じて歩き続ける。赤茶けたような紫のような石が多い。赤石山脈の中にいることを実感する。シラビソの根が張っているのが地上に出て滑りやすい。アップダウンを繰り返しながら希望峰には9:30着。仁田池まで進むと雨が上がってきた。池の傍で湯を沸かしコーヒーを飲み体を温め、ラーメンを食べる。晴れ間が広がり目の前の茶臼岳が良く見えてきた。40分ほど休み、10:40出発。茶臼岳(2604M)はすぐで11:00登頂。展望が開け、隣の上河内岳から聖、赤石などが望めた。
亀甲紋のあるお花畑がすでに枯れていたが、さぞ夏は素敵であったろうと想像しながら休憩。11:35出発し、上河内岳の分岐点には約1時間で着いた。山頂まではカメラのみ携帯で登頂(2803M)、セルフで記念撮影。目の前に聳える聖岳は雄大であり、明日の登頂が楽しみであった。一昨年に大雨の中登った赤石,悪沢の雄姿を目前に見ると感慨深いものがあった。1:15出発、聖平小屋を目指す。ほぼ下りであったが結構長い道のりであった。易老岳からの道で始めての登山者に出会った。6時間ぶりに人に出会った。兎岳を見たり、笊ケ岳を眺めながら15:00に聖平小屋に到着。新築した方は閉鎖され、古いのが開放されていた。重いドアを開けると先客が3名。後で聞いたのだが一人のおばあさん(失礼かな)は76歳で聖、光で99座目の百名山。後は九州の韓国岳を残すのみとのこと。すごいひとに出会った。

聖岳


 9月29日、2時ごろに騒がしくなり目がさめる。2人組が出発するらしく騒がしく朝食、荷づくりをしていた。あまり常識がない。4時ごろ朝食をとり、明るくなりかけの5:25出発。ガスで景色は望めないが天気は良いとのことで頂上での展望を期待する。すでに枯れているお花畑にはところどころにミヤマトリカブトやマツムシソウが咲いていた。3年前には暴風雨で撤退を余儀なくされた山なので今回は天気もよく、心が躍っていた。薊畑の分岐にザックを置き、サブザックで登る。樹林帯が終わると風が強くなり、小聖岳には6:35着。(前回はここまで来た)聖の崩落地を左に見ながら登りあがる。途中、ガスが切れて富士山が顔を見せる。(右の写真)本当に近くに見える富士の雄姿に感動する。2600M付近からは霜が降りていてそれを踏みしめながら歩く。今日のこの山は自分が先陣であるので新しいふみ跡を残している。ガレを登りつめて行くと2800M付近からは今度は霜柱が立っている。相当寒い。重ね着をして雨具をつけての登山である。7:25、遂に3013Mの聖岳山頂に立つ。(写真左、セルフで)日本最南端の3000M峰に立ち、感慨は一入である。快晴とはいかず、強風の中だが、赤石,悪沢の山並みが目の前に聳える。上河内から茶臼、易老の昨日の山々もはっきりと目の前に迫る。強い風を避けて岩陰で休む。30分ほど景色を堪能し、7:55下山開始。小聖岳8:35、薊畑9:06。パッキングをしなおして9:25出発。シラビソの林の中を延々と下り続ける。適当に休みを取りながら下る。15人ほどの団体に行き逢う。10:30に食事をとるが、ヤカンバチの巣の近くですぐに移動するが、ハチが周りを飛び交っているので落ち着いて食事が取れなかった。カラマツ林の急坂が始まり、良くこんな道を前回は登ったものだと感心しながら下る。ようやく営林署の廃屋が見えた。これから登る一人旅の女性に出会うが、この調子だと聖平に着く頃は暗くなるのではと心配する。西沢渡は12:15、ザックをかご渡しで運び、対岸に飛び移る。清流で顔を洗う。工事の進む林道を下り13:00に便ケ島に無事到着。民宿に立ちより下山報告をし、喬木村の小川の湯で汗を流し、18:20、自宅に戻った。久しぶりに手ごたえのある山行をした。(2001年)
(98.8.15-16)

赤石岳.悪沢岳

  大鹿村白河屋に前泊し、湯折5:05発。七釜ダムから河原におり、5:53渡渉開始。高山の滝には6:45着。この辺りは川が深い。休憩して食事。広河原小屋には8:03着。無人小屋だがきれいにしてあって気持ちがいい。ここまでは誰にも会わず。大休憩して8:45発。1200mの高度差を登ることは考えただけでもきつい。樹林帯の中をひたすら登る。30分毎に休憩を入れながら歯を食いしばる。11:00樹林帯を抜け展望が開ける。ガスでそうは見えない。11:40舟窪に到着。30分ほど休憩。2365m。大聖寺平には13:09到着。(写真中)ケルンのそばに京都の一家がやすんでいた。14:00に荒川小屋到着。ビールを飲み疲れを癒し、テントを設営。その直後から雨が降り出し、一晩中降っていた。
 14日、朝食を摂り、雨の中を5:47出発。空身なので足取りは軽い。6:05大聖寺平。小赤石岳6:50。山頂には7:19遂に登頂。雨が降りしきりなにも見えない。しかし、念願の赤石岳山頂に立ち感慨は一塩であった。記念写真を慎重に3枚摂っていただく。(写真右)自宅に携帯を入れたら下の方は豪雨で大変だとのこと。この時はそんなでは無かったが帰ってきて竜岡団地の状況を聞いたらすごさが分かった。7:30下山開始。9:02荒川小屋に着いた。すごい早さで下ってきた。小渋への下山を止め、三伏ルートを取ることに決め、テントを撤収。悪沢岳に向かう。悪天候の中、登山者は誰もいない。セルフタイマーで記念撮影する(写真右)この夜は高山裏避難小屋に泊まる。(1998年8月12日より15日)