久住山


中九州3山の山行の初めは久住山であった。上野に前泊して羽田発6時20分のJALで熊本に降り立った。予約してあったレンターカーを駆って赤川山荘には10時30分に着いた。
紅葉に染まる久住山をめざして10時40分出発。コナラの林の中をゆっくりと登る。信州の山と比べると緩やかな登りが続く。周りの景色を見ながら、後ろを振り返りながら歩を進める。
広大な飯田高原、その先に阿蘇の山並みが続く。展望が開けた辺りが1400Mで、岩が多くなってきた。扇ケ鼻、肥前ケ城は紅葉が美しい。
12時20分登頂。久住山の山頂は大勢の登山者で賑わっていた。久しぶりの天候に恵まれ、家族連れや中高年者で一杯であった。
ここで大きな失敗に気づく。カメラを車に置き去りにしてきてしまった。ザックの中身を確認せずにあわてて登ってきたのだ。近くの家族連れのかたにお願いして一枚撮っていただいた。助かった。
星生山は未だ噴煙を上げており、登山は禁止されている。この山域での最高峰は中岳で、ここから山頂の人だかりが見える。登りたいが次の日程もあり時間がなくあきらめる。
1時30分、下山開始。これから登る祖母山や阿蘇山を眺めながら下山する。14時40分には登山口に着いた。久住山を振り返りながらカメラを向けた。
竹田市から神原の民宿「清流」に向かい、16時到着。檜風呂で汗を流した。この夜は長崎大学の職員のかたと同宿であった。(98・10・31)

祖母山


 民宿に車を置き、同宿の人に同乗して登山口に着いた。7時20分出発。夕べ同宿の人たちと意気投合して飲みすぎた。荷は軽いが体は重い。杉林を登ると神原川左岸沿いの登山道になり、清流の音を聞きながら高度を上げる。五合目小屋までは20分で着いた。ミズナラやモミの林の中をひたすら歩き汗を流すうちに体調は回復してきた。あとはひたすら樹林帯を歩くのみ。神原の渓谷の紅葉はきれいだが今年はいまいちだということだ。何回も休みながら登りつめる。9時30分、国観峠、広場にお地蔵さんが置かれ、数人が休んでいた。ここから初めて祖母山が望めた。
10時にはようやく頂上に着いた。上空は晴れているのだが、時折ガスの切れ間から傾山が見え隠れした。昨日の天気はどこえやら、民宿で作ってもらったお結びを一つ食べる。ガスの晴れるのを期待して1時間ほどのんびりしていたが、諦めて11時に下山開始。
九合目小屋から小松尾根を下る。同じ道を帰るのもと思い、メンノツラ谷コースを下る。
シャクナゲの群生地で、大株があちこちに茂っていた。さすがに人通りも少なく、落ち葉が踏まれている気配は少なかった。山頂での話ではこのコースを登ってきたのは一人であった。
急坂では落ち葉で滑り、スズタケにすがっって転げるように必死で下る。
谷に下りると川原の石の中を歩く。次の一歩をどこに置くか目を離せない。赤いテープを頼りに際限なく下る。紅葉の渓谷の静寂の中で休憩。一度指導標を見失い、戻ってリカバリー。
旧五合目小屋には12時45分に着いた。昼食はお結びとラーメン。渓流に足を漬けながらの食事もまた良い。13時10分出発。ここからは林道を下る。14時には最初の部落に着く。運良く、藁を買い付けにきた酪農家のトラックに同乗させてもらい神原までたどりついた。
民宿で風呂に入り、缶ビールをあけた。今日の下山路は冒険ものであった。
一休みして明日の目的地である阿蘇山の麓に向かった。幸運にも「かんぽの宿阿蘇」が空いていた。この温泉も気持ちよく料理もおいしかった。(98.11.1)

阿蘇山

          


仙酔峡道路を登山口まで車を走らせる。彼方に久住山や祖母山の山並みが霞んで見える。
曇天で風があり寒い日だ。7時45分、ロープウエイ駅の横を出発。火山礫の中を進む。登山道は観光客用に、石が転がらないようにコンクリートで固められていた。足場がしっかりしていて歩き易い。高度が上がるにしたがって風が強くなり、なるべく南に面した道を選ぶ。この辺りはミヤマキリシマの群生地ということですでに枯れた潅木が生い茂っている。尾根に着くと強風にあおられた。9時5分、高岳山頂に着いた。強風が吹きつけ、寒い。記念撮影をして岩陰で間食をとる。
快晴ではないが、周囲の山並みを見渡せる。昨日登った祖母山が南に横たわっている。結構雄大な山系だ。阿蘇山のカルデラもみごとなもので、周囲を見渡しながら中岳に下る。さらに巌根を下り火口展望台に着くと、ようやく観光客がロープウエイで登ってきた。噴煙は上げていないが、すごい火口と周辺の巨大なカルデラだ。(翌日飛行機で上空から眺めたがその雄大さはおそらく日本一であろう)
午後の日程があるので下りはロープウエイで下りた。楢尾山の火山岩は赤く岩肌を染め、うつくしい。二度咲きのミヤマキリシマが数輪花をつけていた。10時40分登山口到着。熊本市内観光に向かう。(98.11.2)

開聞岳


.


3・11の東北大震災の年。この6月には新燃岳が2度目の噴火をし、霧島山は登山禁止となった。
かいもん山麓ふれあい公園には18時に着いた。このキャンプ場で泊まり、開聞岳をめざすことにした。
 公園を5時40分に出発し、一般道を歩き、登山口となっている3合目には、6時9分着。あと2・9キロの
標識がある。学校の団体登山があるとのことで、役員が準備に追われていた。U字状の道を歩いていくと
4合目の標識があり、あと2・5キロ。6時40分には5合目に到着、視界が開ける。このあたりは、常緑の広葉樹林で
真夏ではあるが涼しい。長崎鼻の海の眺めが素晴らしい。救助ポイントになっている。
 7時には6合目、あと1・6キロ、7時20分には7合目に到着、標高は700M。この辺りからは岩石の道で気を集中し
高度を稼ぐ。仙人洞、ロープ場と続き、7合目から20分ほどで8合目に到着。久しぶりの山行なので疲れがくる。
団体登山の子どもたちに徐々に追い抜かれる。8時に9合目を通り、所々に展望所が設けられている。
景色を楽しみながらゆっくりと登る。この辺りからは弓状の海岸線が素晴らしい。枕崎方面に続いているのだろう。
 開聞岳山頂には、8時20分到着。山頂には御嶽神社がある。360度のパノラマ。これだから山はやめられない。
岩ばかりの山頂で腰を下ろす所を捜す。子ども達が次々に到着する。所狭しと陣取って朝食。
1時間ほど休憩、景色を眺め、9時20分下山開始。10時30分、5合目、11時20分、2合目キャンプ場到着。(写真)
薩摩富士・開聞岳は、特攻隊員が日本の見納めに眺めた山だと言われている。感慨深い山だ。
霧島山登山の日程を天草に振り向け教会を見て歩いた。(2011.7.24)


霧島山

 日本百名山、99番目の山,霧島山。主峰・韓国岳1700M、高千穂峰1574Mに挑戦した。
2年前に新燃岳の噴火で登山を断念した山であり、再挑戦でもあった。
 まずは、韓国岳
天気は上々、未明に空港ホテルを出発し、えびの高原の登山口に着いた頃には、何人かの登山者が出発していた。
6時15分、高原登山口を出発、ミヤマキリシマの群生の中を車道に沿って歩く。6月に是非花を見に来たい。
6時30分、道路沿道登山口からの道と合流し、登山届けを出した。左に硫黄山の噴気を嗅ぎながら溶岩の道を歩く。
1合目6時40分、3合目6時52分、5合目には7時10分到着。ここは開けた台地状になっていて、噴煙をはく桜島が見えた。
犬と共に登っていた地元に人の話では今日は久しぶりの素晴らしい天気だという。山頂の景色が楽しみだ。
 赤い焼け石の急な道を登ると6合目、7時23分。眼下に大浪池が見える。休憩して朝食をとる。
これからは火口をトラバースする形で進む。左側には爆裂した巨大な火口があり、所何処で覗いてみる。
火口縁を歩きながら、7合目はなく、10分ほどで8合目、山頂まであと300Mとある。韓国岳山頂には7時50分着。
桜島、遠くに開聞岳が見える。本当に幸運だ。眼下には、新燃岳のの火口、噴煙はあまり上がっていない。その先に、
中岳の火口、そして、秀麗なコニーデ型の高千穂峰、感動的な眺めである。(写真中)
 しばらく休んでから下山開始。9時10分に登山口に到着した。どうにか標準タイム。
観光売店で足湯を使い、しばらく休む。明日の天気が下り坂という予報があるので、頑張って高千穂河原に向かう。
 高千穂峰
この山は、「坂本龍馬とお龍が新婚旅行で登った山」として最近有名になり、宣伝されている。
高千穂河原登山口は、10時10分に出発した。暑い盛りである。しかし、登り始めはアカマツなどの樹林帯で暑さをしのげた。
樹林帯を過ぎると赤茶けた火山礫の道で、急斜面はずるずると滑り、疲れが増す。1日2座はきついなーと思いながら、もくもくと
登り詰める。馬の背口には11時20分着。一息つく。御鉢の縁である。ここからは御鉢めぐりで火口を眺めながらゆっくりと進む。
15分ほどで分岐があり、下ると背門丘(せとお)と呼ばれる鞍部で、6-8世紀に霧島神社の社殿があったという場所に着く。
ザレ場で相当足を使ったので、最後の登頂に備え、食事をとり、ゆっくりと休む。
 11時50分出発、最後の急登、富士山と同じザレ場。汗を搾り出し、12時15分、高千穂山頂に到着した。感無量。
山頂には天孫降臨神話にまつわる天ノ逆鉾があり、(写真右、私の顔の右側) 実物はさすが威厳がある。ここでも360度の
パノラマが見られた。しかし、この時間になると桜島には少しガスがかかり始めた。今朝登った韓国岳はさすが霧島連峰の主峰の貫禄がある。下りのザレ場に備え、シートを敷き靴を脱いで、大の字で休む。
 13時10分下山開始、ずるずると滑りながら下る。これも富士山の「砂走り」と同じで気持ちよく降りられた。14時24分、登山口に到着。ビジターセンターでバッジを買い、名物のソバを食べ帰路に着いた。霧島・林田温泉で疲れを癒す。
翌日は、天気予報があたり、朝から雨。(昨日苦労した甲斐があった。)雨の中を宮崎・西都原古墳を見に出かけた。さすが日本有数の古墳群、博物館で3時間ほど勉強してきた。
佐久にもこうした施設が必要だ。「文化発祥都市」ではないか。(2013.8.3)