甲武信ヶ岳

コース:毛木平から千曲川源流を経て甲武信ケ岳、三宝山
大山、十文字峠から毛木平
▲山行日記
朝起きると日本晴れの空。ためらうことなく山支度をし、先日金峰山から見た甲武信ケ岳をめざす。登山口の毛木平に着いたのはすでに9時を回っていた。長野方面から千曲川源流を見に来た3人連れと同行した。緩やかな坂道を勢い良く登っていく3人連れに遅れまいと必死に坂道を登る。源流から引き返す者と頂上を目指すものがいっしょでは所詮ペース配分が違うのに、ムキになって源流まで登り上げた。
初めて千曲川の源流に接した。美味い水であった。
いよいよ甲武信の頂上を目指す。1時間程度とのコースタイムなのでゆっくりと登り、3県にまたがる峰に立った。頂上には立派な標識がこれぞ日本百名山とばかりに建てられていた。狭い頂上には大勢の登山者が昼食を摂っていた。突然の山行なのでセブンイレブンのむすびでも最高であった。
三宝山は2483Mで甲武信より8M高く、埼玉県の最高峰である。十文字峠にいたる尾根道は、木の根が多く湿り気もあり,何度も滑り転びそうになった。十文字峠まではひとりも行き合わず、こんなところでコロンで骨折でもしたら誰も助けてくれないのではと不安だった。峠ではオヤジさんと少し話をして、来年のヒャクナゲの咲く頃には来たいものだと思った。暮れかかった峠道を慎重に下山した。(96.9.1)