北岳・間ノ岳


コース:広河原-大樺沢-八本歯のコル-北岳山荘-
      間の岳-北岳山荘(泊)-北岳-広河原 
▲山行日記
 鳳凰三山からの北岳が忘れられず天候を見計らって一人で山行を計画した。夜叉神峠までの道のりは前回経験したがあのトンネルはいい気分ではない。しかし周りの紅葉の素晴らしさがそれを吹き飛ばしてくれた。6:50広河原を出発。  シーズンをはずれているためか登山者はまばらであった。大樺沢を一歩一歩登る。単独行なのでマイペースで登る。
二俣から八本歯のコルへの登山道には所々雪が積もっていて凍結した道もあり緊張しながら登った。コルまではハシゴが続き、苦しい最後の登りだった。山頂は明日にしてトラバースルートを通って北岳山荘に11:30に到着した。昼食後間ノ岳をピストンしたがそれは別記する。
  単独登山者が一室に押し込められながらも持参した酒などで歓談し、山の話に花が咲いた。相当の山好きの集まりであった。19日の夜明けは素晴らしいご来光に恵まれた。朝食を早く済まし、北岳に向かった。この時期はさすがに寒くカッパを着ての登頂であった。360度の展望は素晴らしく目の前の富士山は何とも言えぬ姿であった。北岳を眺めた鳳凰三山はほんの手の届く距離で素晴らしい山容を誇っていた。御岳、乗鞍、駒ヶ岳という信濃の国の歌のとうりに目の前にそれらの山々が聳えていた。南の方面は南アルプスの山並みが遠く続いていた。来年はあそこに登ろうと決意を固めた。10:30に下山した。広河原では紅葉まつりが行われ、大勢の観光客で賑わっていた。帰りはいつものように芦安村の温泉で疲れを癒やし帰途についた。  (97.10.18-19)

コース:北岳山荘よりピストン

▲山行日記
  北岳より間ノ岳コースは、この時期登山者はほとんどなかった。北岳山荘の人に聞いたら往復3時間あればと言われ、昼食後12:30に出発した。天候は快晴であったがそこは3000メートル、寒さは厳しかった。中白峰は3055メートルあり、前に間ノ岳後ろに北岳と稜線が美しく続いている。眺望は素晴らしいがまだ目的の間ノ岳は遠い。寒さが増してくる。防寒具を小屋においてきたことを悔やむ。間ノ岳はデカイ山でなかなか山頂を拝ませてもらえない。時々北岳を振り返り、仙丈や甲斐駒を眺めながら登り続ける。
  頂上は360度の展望で素晴らしい眺めであった。日本で第4位の高さを誇る山である。明日は第2位の北岳に登る。第3位の奧穂は来年妻と登る計画である。18歳の時ワンダーホーゲル部で登って以来の間ノ岳の頂上は当時の記憶は全くなかった。北岳と甲斐駒をバックにした唯一の写真が家にあるがその景色をこの年で見られるとは思ってもみなかった。寒さを忘れて感激に浸っていた。ポツポツと登山者も見え、農鳥や北岳方面に消えていった。   
  仙丈方面に雲が沸いてきたので、天候は崩れるのではと心配しながら北岳山荘に向かった。一日の行動で疲れているのでより慎重にしながら間ノ岳を後にして小屋をめざした。 予定どうり 4時前には到着できた。