木曽駒ケ岳


コース:しらび平ー千畳敷カールー浄土乗越ー宝剣岳ー駒ヶ岳ー浄土乗越ー千畳敷ーしらび平
▲山行日記
  県内の事務局員交流会の最終日。14人で旅館奥伊那を5時に出発。45分くらいバスに乗り、しらび平のロープウエイ駅に着く。既に乗客の列ができている。ロープウエイからは南アルプスの広大なパノラマが展望できた。今年のお盆に登る計画のある赤石、悪沢がはっきり見えて感動した。間の岳の右には富士山の頭が見えた。
 千畳敷からは登山組の久保田局長と二人で宝剣、駒ヶ岳を目指した。6:34出発、目の前に鋭く突き刺さる宝剣岳を登るため浄土乗越に向かう。40分ほどの急登を登山者の合間を抜けながら登る。コルからは八ヶ岳、高妻山まで見え、素晴らしい展望であった。宝剣岳はいくつかクサリ場があり、下山者待ちの渋滞があった。山頂には7:40到着、南アルプスは既にガスがかかりはじめた。祠の前で記念撮影をして駒ヶ岳を目指す。中岳はトラバースして8:40に2956mの木曽駒ヶ岳に登頂。目の前に御嶽山、少し右に乗り鞍、そして槍と穂高の連峰がきれいに聳えていた。又北アルプスにも登って見たい気持ちになる。腹ごしらえをして下山。千畳敷には9:40に到着。ほかの仲間を捜したが見つからない。レストランで生ビールで乾杯、無事の帰還を祝った。10:30頃にはしらび平からバスに乗り、11:00には再び旅館に着いた。
風呂をかり、ビルを飲んで帰路についた。最短時間で登った百名山だったが、素晴らしい景色に感動した。(99.8.8)