御座山

(おぐらさん 2112M)

南相木村と北相木村の間に聳える御座山は、「女性のための百名山」にも紹介されている。
シャクナゲノきれいな山である。北相木村の山口の部落から林道を登り、下木沢川の端の傍に駐車した。久しぶりの夫婦での山登り、9:25分出発。沢に沿って登山道を登る。苔むす倒木の林を横に見ながら高度を稼ぐ。30分ぐらいで休憩をとりながら10:25、1500Mの標識があった。左手に御座山の岩峰を仰ぎながら急傾斜の道を踏みしめていく。11:40、栗生方面からの道と合流、岩の多い、道を登り上げる。シャクナゲがきれいに咲き誇っている。イワカガミもきれいだ。12:02山頂に着く。360度の素晴らしい展望で、まだ雪をかぶった八ヶ岳連峰が美しい。富士山はかすんで見えた。湯を沸かして昼食。丁度適当な平らな場所があり、単独行の登山者(植竹さん・写真)と一緒に食事をした。
 ゆっくり景色を楽しみ、13:10下山開始、写真をとりながら同じ道を帰り、15:00登山口に到着。
南相木村の「滝見の湯」で汗を流し、自宅に戻った。(2003.6.5)
   

茂来山

(もらいさん 1717M)

 小海町と佐久町の間に聳える茂来山は、私の住んでいる臼田町からはきれいな三角形の山に見える。この山頂に雲がかかると天気が変わるなどの観天望気が伝わっている。
佐久町役場で登山の略図をもらい、大日向の下川原の部落から林道を入った。10:20、林道終点から歩き出す。草原から岩に苔むす林の中を槙沢に沿って進む。物静かな林は気分爽快である。
沢が切れると今度は落ち葉の上を歩く。人通りの少ない登山道である。11:10、尾根に出る。高度計は1380Mを指している。約300M登ったことになる。しばらく歩き、11:40、霧久保沢からの登山道と合流する。幾らか急になった道を登り上げ、11:50山頂に着く。山頂は結構広く、子どもたちが登山に来てお昼を食べるにはいい場所である。新旧二つの祠があり、信心深い人たちがいるなーと感心する。湯を沸かし、ラーメンと結びの定番メニューで昼食をとる。抜井川の扇状地がはっきりとして、集落を築き、地理の勉強には生きた教材となるのでは。佐久町から臼田町、佐久平を見渡しながら食べる結びは最高である。12:30、自然を満喫し、下山開始。家に着くまでが登山との戒めを心に快調に下る。槙沢(真木沢)橋のある駐車場には13:30に着いた。古谷温泉の臼石荘で汗を流し帰宅した。
(2003.7.22)