鹿島槍ヶ岳

 コース:扇沢、種池山荘、爺ケ岳、冷池山荘(宿泊) 
      布引山、鹿島槍南峰・・・同じコースで下山
▲山行日記
前日に長野に泊り、朝6時に出発した。中条あたりから見るとはるか雲の上に頭を出した爺ケ岳、鹿島槍ケ岳、五竜岳が悠然と見えた。あそこにこれから登るのかと思うとワクワクしてきた。扇沢の登山口には8時には着いた。道路脇に駐車
スペースを確保し、入山開始。いきなりの急登であった。この柏原新道は種池山荘のご主人が開拓したものだそうで整備もされている登りやすい登山道であった。初めての山小屋泊りということでいつもより装備が増え、その分ゆっくりとした歩行を心がけた。昼には種池山荘に到着。目の前に爺ケ岳が、その向こうには目指す鹿島槍が半分ガスを被っていた。
昼食後、爺ケ岳に登り久々の北アルプスの山頂に立った。
15日は冷池山荘に泊まった。途中で行き会った群馬県の信大卒の若者のと酒を飲みながら歓談した。夜は一人が肩幅のスペースで寝ることになり、十分眠れなかった。
16日、ご来光を眺め、決意新たに鹿島槍をめざした。布引山を越えて、双耳峰の鹿島槍南峰に登頂。360度の大パノラマで素晴らしい眺望であった。槍や穂高は勿論、富士山まで眺望できた。つい先日登った富士山だけに感激も一塩であった。来年は槍に挑戦しようと誓い合った。
佐久から遥か望む鹿島槍は、いつみても素敵な山である。
またいつの日にかこの山に登りたいと思う山である。(1996.9.15-16)