鷲羽岳

 7月27日朝3時に自宅を出発。安房トンネルを越えて新穂高温泉駐車場には5:35到着。5:50出発、気持ちの良い朝の林道をワサビ平小屋を目指す。すでにシーズンに入っているので大勢の登山者でにぎわっている。6:50小屋に到着。生ビールの看板をよそ目に更に林道を進む。登山道に入りイタドリ原,秩父橋を経て10:00に鏡平山荘に着く。鏡池は槍ヶ岳の雄姿を写し、その美しさは格別であった。好天に恵まれ、槍・穂高を眺めながらの山行は久びりである。山荘では名物のカキ氷とオレンジジュースを飲み、10:30出発。三俣山荘までの道のりは遥かに遠い。弓折岳の分岐点には雪田が残っており、お花畑と槍ヶ岳が素晴らしくマッチしている。絶好の撮影ポイントで何人ものカメラマニアが雲の切れ間を狙っていた。小休止しながら景色を堪能し、11:20出発。稜線に出て歩みを速め、12:20に双六小屋に到着。昼食をとり、自宅に電話をする。三俣山荘に向け巻き道のトラバースルートを選択する。途中、雪渓が多く残っており、結構難儀をした。三俣山荘には3:00到着。目の前には鷲羽岳の雄姿が迫っていた。(写真)
 翌日霧雨の中を鷲羽岳に向かい5:35出発。白い岩礫の中を黙々と進む。何の景色も見えずただ足元だけを見て高度を稼ぐ。6:30山頂に立ったが誰もいない山頂でセルフタイマーでザックを標識の前においての記念撮影。携帯電話で自宅に登頂を報告。その後、水晶岳に向かい帰りにもう一度山頂にきた時、学生のパーテイーに行き会い記念写真が撮れた。この日はだんだんと風雨強くなり、1:20山荘に到着。黒部五郎小屋はあきらめて、停滞。
 翌日、天気は回復せずぐずつき気味なので、下山することにした。(2000年、単独)

水晶岳


 7月28日は最初は霧雨であったが、段々と雨に変わってしまった。6:30に鷲羽岳の山頂に立ち、尾根伝いにワリモ岳に向かった。ワリモ岳の山頂はナイフブリッジで、頂上のわずか下に山頂の標識が立てられていた。ここでは偶然に登山者に出会い、写真を取り合った。それからは下りが続き、15分で岩苔乗越との分岐についた。風雨も強まってきたので水晶小屋を目指す。8:00水晶小屋に到着。小さな小屋で戸を開けた所の土間を借りて間食を食べる。ゆっくりお茶でもと思ってガスもコッフェルも持ってきたのにそんな余裕はなく出発した。このころになるとかなり風雨も強くなり登頂できるか心配になってきた。しかし、30分ほどで山頂に着き、下山しようとしていた夫婦の登山者にシャッターを押してもらった。(写真)黒岳とも言われるこの山はまさに黒い岩ばかりの山であった。今回の山行のメインがこの水晶岳であっただけに登頂できたことへの喜びは一入であった。北アルプスのほぼ中央で奥深い山である。雨の中ではあったが風をよけて岩陰に腰を下ろし、暫く感慨にふけっていた。8:45下山開始。黒部の源流方面に下りたかったが、危ない雪渓が残っているとのことで、同じ道を引き返すために鷲羽岳に向かった。9:15水晶小屋、10:26鷲羽山頂、三俣山荘には11:20到着。知り合った登山者と生ビールを飲み山の話をしながら時間をつぶし、早々とおねんね。(2000年)


 笠ケ岳
      

     山行日記

  天候が悪く下山の予定で5:05三俣山荘を出発。巻き道は悪路なので三俣蓮華山を目指す。巻き道分岐は5:32、三俣蓮華山頂には5:49に着いた。この道の方が楽であった。相変わらず雨は強く夕べ粉失したザックカバーの無いのが悔しかった。6:43双六岳分岐、小屋には7:30に到着。雲間に太陽が顔を見せ始めたので、自炊場でゆっくりと朝食を作り、今後の計画を練り直す。
せっかくだからもう一つの百名山笠ヶ岳を目指すことを決意した。8:00出発。弓折岳は8:56大マノ乗越は約15分。大マノ岳山頂には10:00、秩父平から秩父岩までは雪渓が多く少してこづった。抜戸岳分岐は11:27.12:30には笠ヶ岳山荘に着いた。バッジを買い、下山情報を聞いて山頂を目指す。12:45山頂。雲が全てを隠していた。土曜日なので登山者も6〜7人いた。山頂でゆっくり小屋で作ってもらった弁当を食べ、13:30クリヤ谷コースを下山開始。人の避けたがる悪路の岩場が続く。濡れた岩には閉口しながら14:40クリアの頭到着。この間、二組の登山者に出会う。登り8時間だと言って息を切らせていた。それから水場まではクマザサの切り株で靴が滑る。滑り落ちれば大変な事になる。慎重に降りる。3:30水場。この先クリヤ谷左岸を下り、川に沿って歩くが濡れた丸みを帯びた石が歩行を困難にする。穴滝までがなんと長かったことか・・・。5:25ようやく滝に着き渡渉、鬱蒼と生い茂った林の中をひたすら歩く。6:00槍見館前に到着。13時間はさすがに疲れた。宿はお客で一杯とのこと。宿の好意で新穂高温泉の駐車場まで乗せてもらった。栃尾温泉で民宿を探し泊まる。丁度、花火大会の夜で久しぶりに花火を楽しんだ。


槍ヶ岳


 7月19日午前4時、自宅を出発。松本市、安房峠を越えて新穂高温泉へは8時に到着。穂高平小屋を経て白出沢までは林道を歩く。昨日までの雨のため、横から出てくる多くの沢は激流となって流れている。いくつかの沢を渡って滝谷出合にて昼食を取る。いつもと違いテントを担いできたので肩が痛くなってきていた。大小の石が積み重なる道をひたすら歩き、槍平小屋には2時半についた。やっと荷が降ろせる。ビールで喉を潤し、しばし景色を眺める。テント場には10人程度の登山客。テントを張り夕食の準備。就寝。
 20日はいよいよ槍を目指す。テン場がヘリの基地になっているとのことでテントを一応撤去。小屋に荷物を預け、5時出発。昨日に比べ軽装なので足取りは軽い。奥丸山の上に笠ケ岳が見え始め、だんだんと高度を稼いできた。ダケカンバの林が終わると低木地帯になり、お花畑が続く。キヌガサソウ、ミヤマキンバイ、ハクサンイチゲなどが咲き乱れている。飛騨沢のガレ場は蛇行しながらで歩きにくく、富士山の登山道を思い出す。3000メートルを越える日本一の峠である飛騨乗越に到着。午前11時、槍ケ岳山荘、目の前に槍の穂先が見える。ザックを置き、頂上を目指す。直登に近い岩壁をクサリやハシゴをたよりによじ登る。上り下りが別になったり一緒になったりで25分ぐらいで頂上に。ついに3180メートルを征服した。山頂からの眺めは正に360度の大パノラマである。さすがにきたアルプスの頂点、アルピニストの憧れの場所である。頂上は狭いため後続者に場所を譲るため10分位で下山開始。山荘横で、さっき迄で立っていた槍の穂先を眺めながら昼食。
 下山はゆっくりと花を眺めながら降りる。クロユリの花がきれいに咲いている。槍平のキャンプ場で泊まり翌日下山。中尾温泉の「焼の湯」で疲れを癒す。この温泉は露天風呂から笠ケ岳や錫杖岳がきれいに見え、飛騨牛もおいしかった。翌日は上高に立ち寄り、翌年に計画している穂高連峰を眺め、帰路に就いた。(1997年)

焼岳

 夫婦で登る百名山は久し振りである。アルプスの紅葉を見に焼岳に出かけた。梓川沿いの国道を上高地方面に向かう。奈川渡ダムの辺りから紅葉が始まってくる。安房峠への旧道に入ると紅葉の盛りでもみじが木漏れ日で美しかった。中ノ湯温泉の少し上の駐車場に車を止め、8:40出発。この地点はおよそ1600Mで山頂までの標高差は850Mぐらい。病み上がりの妻にはまあまあの行程だと思った。森林を抜けて1900Mぐらいの高原に出ると、ぬかるみの道が続き、緩やかに高度を稼ぐ。10:35、中ノ湯からの道と合流地点に着く。天気は曇りで山頂付近はガスっている。火山岩の道を右に崩落跡を見ながら登る。2000Mを超えると紅葉は終わりかけている。対岸の霞沢岳が時々姿を見せる。尾根に出ると相当の強風にあおられる。すぐ傍からガスが噴出しており、活火山の怖さを味わいつつ岩場を東側に巻き、山頂をめざす。山頂直下には登山道のすぐ脇に噴出口があり、もし噴出したらと思いながら登る。正午に焼岳北方山頂に登頂。ガスの中で記念撮影をして下山開始。尾根筋から少し下り、風をよけられる岩場を探し、湯を沸かして昼食とする。食べているうちにあられが降ってきた。山の天気は本当に変わりやすく、準備してきた防寒服を着込んだ。景色も見えず、ひたすら歩き、森林地帯に逃げ込んだ。下るにしたがって明るくなり、晴れ間も出てきた。15:20、登山口に到着。新平湯温泉に直行した。(2003.10.15)