雑感

平成27年度が終わります。
春の日差しがいっぱいです。
4月から気持ちを入れ替えて張り切っていきたいと思います
ニフテイのホームページもサービスが変わりました
アドレスも変わりましたがうまく移行できるのでしょうか
(2016.3.31)

2016年 あけましておめでとうございます
除夜の鐘を撞く頃に雪が降ってきました。年越しにふさわしい雪です。わが菩提寺は天台宗龍華山弥勒寺といいます。本堂では住職が読経をしていました。「一隅を照らす」という教えが宗派の趣旨を表しているのではないかと思い、手を合わせ、今年も世界と日本の平和を願いました。新たな激動の1年になることでしょう。
 帰りにはいつものように「ともせん」で年越しそばと「そばつゆ」をいただき、”飲めるうちが花”だと思いを新たにしました。
 昨年を振り返ると、歴史の歯車は逆流を許さず着実に前進しています。幾百千万の人々と連帯し、新しい歴史を切り開くため今年も頑張ります。

暑中お見舞い申し上げます
新しいソフトが動かず、止まったままで1年が過ぎました。
「寒中見舞い」が一気の暑中見舞いとは、ずいぶん空いてしまいました
この間、フェイスブックで間に合わせてきましたが、ホームページも落ち着いていて良いです。
6月定例会の議会報告です。
議会だより15年7月号
かわら版 8月2日号です

暑い中ですが、毎日「戦争法案廃止」の宣伝カーを回しています。
(2015.7.31)

新しいソフトでホームページを始めます。
2014.8.15

ホームページビルダー18を導入しました。
2014.6.16

PCを取り替えて試行中です
2014.1.21

寒中お見舞い申し上げます
新しい年を迎え、今年の目標に向かって進み始めたことと思います。
新年より行事が続き、多忙な毎日を過ごしています。
沖縄名護市長選挙は明日が投票日です。是非、稲嶺さんに再選して
欲しいものです。
東京都知事には一年前に100万票近い得票の宇都宮さんに頑張って欲しいと思います。
脱原発で突然細川さんが出てきましたが、脱原発の都民の声を吸収してしまうつもりでしょうか。
バックが石原慎太郎さんでは、脱原発以外の政策はすべて右よりです。
自民党を見限り新党を立ち上げ、除名された桝添さんで東京は良くなるでしょうか。
超高齢化を迎える東京は、きちんとした福祉施策が必要です。オリンピックに大金を使う場合ではありませんよ。
 わが佐久市も大型公共事業は厳選し、「有利な起債は使い切れ」式では、後世に大きな
負担を残します。借金には1割の利息がつくことを考えて、事業を進めなければなりません。
佐久市は市民税、固定資産税など24億円にも上る滞納額を抱えています。
この上、国保税や介護保険料の値上げでは、市民生活は大変な状況になります。
今年は正念場の年です。
かわら版 1月12日号

 今年の初仕事は1月3日の佐久市民スケート大会・銀河連邦スケート大会でした。
写真は、相模原市のスケート連盟のスタッフと記念撮影。軽井沢風越アリーナにて。
(2014.1.18)

12月1日、父が他界しました。満91歳。64年間お世話になりました。ありがとう。
11月6日の朝、脳梗塞で救急車で佐久総合病院に運ばれ、治療、看護に全力を
尽くして頂きましたが、遂に回復することはありませんでした。
12月4日の告別式には大勢のみなさんにご焼香いただきありがとうございました。
49日の納骨までは毎日、線香をあげ、元気な頃を思い出しています。
 12月19日は市議会定例会が閉会しました。議員団の議会だよりもようやく出来上がりました。
かわら版
議会だより 議会だより2

12月定例会が始まりました。
佐久市内で自校給食をどうしてもやめさせるために、佐久城山小学校の自校給食を
廃止する計画です。古くなった調理室を建替えるのではなく、給食配送車からのコンテナを
置く場所をつくる計画です。地元の反対を押し切っての設計予算の計上です。
予算にあげる前に市長自らが地元区民や保護者に説明する責任があります。
単に佐久城山小の問題ではありません。佐久市の給食のあり方、食育のあり方に関わる問題です。
食はまさしく文化であり、叡智みなぎる文化発祥の街が廃れます。
議会人も簡単に「追随」は許されません。
議会だより  
議員団ニュース
(2013,11,28)

 市長へ予算要望書を提出 11月14日

かわら版 11月17日号

11月も半ば、立冬が過ぎ、寒くなってきました。
11月6日、父が脳梗塞で倒れ、入院。バタバタしています。
体に気をつけ頑張りましょう。

 11月5日 モンゴルから小さな視察団が市議会を訪れました。



 2メガワットの佐久市の発電所が完成しました。(右から2人目)

かわら版 11月3日号


かわら版 9月22日号


ご無沙汰です
9月議会が終了しました。
フェイスブックの更新はしていますが、こちらはおろそかです。
6月議会報告   9月議会報告

 臼田保育園の運動会、開会式セレモニー (9月28日)
(2013.10.7)

6月定例会が始まりました。
代表質問は7会派7人、一般質問は16人です。
23人の質問者は、初めてではないでしょうか。
活発な議論が楽しみです。
我が家の庭のアンネのバラが一輪咲きました。
枝の先の芽は4月の雪で被害にあいました。
でも根元のほうから頑張って枝を張り出し、見事に咲きました。
議会だより 6月号

(2013.6.6)

市議選が終わると同時に会派構成があり、正副議長選挙が行われました。
議長は見帳票無投票、副議長は選挙となりました。
無事当選し、副議長に就任しました。
明日からは6月定例会です。
議会だより 5月号 かわら版6月2日号
(2013、6、2)

市議選は終わりました。ご支援に感謝します。
この先4年間の責任を果たすために少し充電します。
こんにちは 4月号
(20013.4.18)

いよいよ明日は告示です
ホームページの更新は今日で終わりです。
本番用のビラをつくりました。
名前のないらないビラを配るのもどうかと思いますが、
政党に属さない人は、ビラも配れません。
がんばって作ったビラですからお読み下さい
佐久市民報 4月号外
(2013.4.6)


4月に入り入園式や入学式が続きました。
みんなが新しい気持ちで新学期をスタートしました。
私もスタートダッシュです。
佐久市民報 3月号外2
(2013.4.4)

ようやく春らしくなって来ました。
27日の立候補事前審査に29人が参加。1人オーバーの選挙です。
佐久市民報 3月号外
(2013.3.28)

4月7日の市議選告示まであと1ケ月を切りました。
ブログはなんとか頑張っています。
韓国にいる友人が見てくれた便りがありました。
嬉しいことです。
佐久市民報 1面2面
(2013,3,10)


福祉灯油購入補助が実現しました
議員団ニュース13年2月号
(2013,2,8)

 2月3日 節分 63歳の誕生日 快晴
新たな気持ちでスタートを切る
ブログを続けること
(2013,2,3)

 明けましておめでとうございます
今年も宜しくお願いします。
今年こそは希望の持てる良い年にしたいと思います

 【写真は参議院選長野選挙区候補 唐沢千晶さんを囲む市議団】

自己紹介のページは当面ブログにします。
ホームから「ブログ」ををクリックしてください
こんにちは1月号
(2013.1.15)

 2012年も明日で終わりです。
1950年に生を受けて以来、大晦日は自宅で過ごしてきました。
家族が集まり、鯉こくと鮭が定番です。2年参りは近くの弥勒寺で
除夜の鐘を撞きます。寒空に鐘の音が響くと何か新しい決意みたいなものが
湧き上がってきます。歴史の歯車を後戻りさせないために、明日の晩も
力いっぱい除夜の鐘を撞きます。
一年間、お世話になりました。来年が皆様にとって幸多き年でありますように
祈念いたします。(2012.12.30)
議会だより 1月号

半年もご無沙汰でした。
総選挙が終わりました。民主党政権への批判から自民党へ票が流れました。
自民・公明両党で3分の2議席を獲得しました。
自民党は6割の議席を得ましたが、得票を有権者比でみますと小選挙区では24%、
比例代表は15%です。国会の議席と民意が大きく離れています。
したがって、このことを自覚して政権運営をしてほしいものです。
 休む暇もなく、来年は、市長、市議選です。
リーフレットができましたので配布しはじめました。「がんばれよ」の応援が嬉しいです。
ブログの書き込みもはじめたいと思います。
11月に行ったアンケートをまとめていますが、まとまったらお知らせします。
ご意見をお寄せ下さい
かわら版 12月23日号
議会だより 9月号

暑い日が続いていますが、いかがでしょうか。
6月初めに書き込みをして以来のことです。
かわら版も順調に発行していますが、アップしなければいけません。
最新号を載せます。
かわら版 7月29日号
議会だより 7月号


6月定例会が始まりました。
一般質問は13日から15日までで、20人が質問に立ちます。
私が13日10時からのトップを勤めます。
時間のある方はお出かけ下さい。
私を含めた日本共産党市議団の質問は議員団ニュースの如くです。
議員団ニュース12年6月号

 小満祭は今年は晴天でした。めずらしい。
お宿には大勢の皆さんが寄ってくれました。
料理番の丹羽さんは、8種類の山菜の天ぷらあげで参ったようです。
岩谷衆議院選予定候補や藤岡県議が元気良くあいさつしていました。
消費税の増税反対の署名や名張毒ぶどう酒事件の再審開始請求の
署名もしました。(25日、再審は棄却されました、怒)
来年もお宿は開きたいと思います。(4月の市議選の後です)
かわら版 5月27日号

   井出せつおのお宿より龍岡藩の北越出兵の行列を撮影
(2012.5.27)

畑仕事も始まりました。しかし、本格的には小満過ぎからです。
5月20日は臼田小満祭(こまんさい)です。五穀豊穣を願う祭りです。
毎年歩行者天国に露天商が並びパレードがあるなど大勢が参加します。
私も「井出節夫の宿」(井出せつお励ます会主催)を開設し、皆さんが
立ち寄っては歓談します。今年もお待ちしています。

お宿のチラシ
(2012.5.16)

 三陸の被災地、大船渡市を訪問、激励してきました

こんにちは 5月号 最近の佐久市政の課題、東北、消費税

議会だより4月号

 長かった3月議会が終了(3月26日)
佐久市の平成24年度当初予算が決まりました
日本中が緊縮予算を組んでいる中、佐久市は前年比12%増
金額で51億円増の476億8000万円の予算総額です。
17年の市町村合併時から見れば、100億円もふくれあがりました。
市税収入は僅か8億円しか延びないのに、借金ぶくれの予算です。
反対したのは3人だけです。この借金をどうするのでしょうか。
結局、ソフト面の予算は圧迫され、下水道料金の値上げ、介護保険料の
値上げ、挙句の果てに生ごみ分別でできた堆肥代金も値上げです。
市長の選挙公約の中学卒業までの医療費の無料化は予算化されませんでした。
かわら版や「議会だより」を見てください。もう少しで完成します。
 春になりました。みなが動き出しました。
 重い腰を上げ、畑にも顔を出さなくてはいけません
(2012、3,28)

かわら版 3月18日号

2月に入り、立春を過ぎましたが、厳しい寒さが続いています。
インフルエンザが猛威を振るっているようですが、気をつけましょう
2月3日、62歳の誕生日を迎えました。決意を新たにしています。
ブログをのぞいて見てください

かわら版 1月22日号  2月5日号   (2012.2.5)

明けましておめでとうございます
新しい年を迎え、益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。旧年中は公私ともに大変お世話になりました。
おかげさまで力いっぱい議会活動ができました。本年も昨年同様、ご指導ご支援の程宜しくお願いいたします。
 昨年は東日本大震災、長野県北部地震、東京電力福島原子力発電所の事故など、かつて経験したことのない
大災害に見舞われました。今なお避難生活を余儀なくされている方々に心よりお見舞い申し上げます。  
特に、東京電力の原発事故は広範囲に放射性物質が撒き散らされ、この佐久市にもセシウムが飛散してきました。
子どもたちは特に注意をしなければならず、安全な給食の食材を提供するための対策を要望してきました。
原発事故以来毎日の空間放射線量の測定値が新聞に載っていますが、事故は決して終結してはいません。
将来を担う子どもたちを再び原発事故で被曝させないようきちんとした検査体制が求められます。
 2012年度の国家予算・政府案が決まりましたが、「コンクリートから人」へどころか、公約を投げ捨て
自民党政権の時と全く変わりのない予算案です。税収入以上の借金をしてまで大型開発の復活と軍事費の増額です。
年金などの社会保障の切捨てをしながら、消費税の増税を狙っての予算編成です。今、必要なことは、
富裕層への課税や大企業への減税の縮小など財源確保の道を求めながら、政党助成金、軍事費などの
歳出の徹底した削減をすることです。声を大にして、庶民増税に反対して行きたいと思います。
 佐久市では、来年四月から下水道料金が値上げされます。佐久公共下水道の決算は黒字ですが、
値上げするのですから市民への説明はどうするのでしょうか(共産党の三議員が反対しただけです。
消費不況が長引く中で生活も経営も大変な時期です。地域住民の暮らしと福祉を充実させる施策を求め、
本年も頑張る決意です。どうぞ宜しくお願いいたします。
2012年元旦

議会だより 1月号 
こんにちは 1月号 1面

 11月に入りました
行政視察、議会報告会、クリーンセンター議会、「議会だより」の編集など
あわただしい10月でした。励ます会でもきのこうどん会や親睦コンペなど
行事の多い月でした。
カレンダーもあと2月分です。28日からは12月定例会が開かれます。
1日、1日を充実させないといけません。
(20011.11.2)
議会だより1面2面3面4面 かわら版 11月6日

10月30日、三井記念美術館を訪れました。
「華麗なる京蒔絵ー三井家と象彦」の特別展が開かれていました。
鑑賞に先立ち、前館長の由井常彦先生よりレクチャーを受けました。
国宝や重要文化財となっている素晴らしい漆器に感動しました。
旧財閥の財力と象彦の卓越した技術、京蒔絵に引き込まれました。
(午後より関東のうすだ会総会)

  館内は撮影禁止のため、美術館入口にて案内嬢と記念撮影


10月に入り、穏やかな日が続いています。
9月定例会も終わり、今月は行事がいっぱいです。
議会報告ももう少しで完成します。
市議会主催の「報告と意見交換会」もはじまりました。
佐久病院再構築の説明会や総合計画・世界最高健康都市の地域懇談会
など、夜の日程も埋まりつつあります。

畑仕事も段取り良くやらないと、種まきなどの時期を逸してしまいます。
昨年の日記を見ながら、時間を見つけて畑に出ないといけません。
(2011.10.10)
かわら版 9月25日
こんにちは 9月

ブログもホームページも少しご無沙汰でした
鹿児島に山登りに行ったり、東北3大祭りに行ったり、議会の視察で
三重県に行ったり、会派の視察で沢内村に行ったりしました。
忙しい夏が終わりました。
台風12号が近づく中、9月定例議会に向けて準備しています。
かわら版 8月14日
かわら版 8月28日

 岩手県西和賀町沢内地区 深沢まさ雄記念館前で
 小林、内藤、井出の佐久市議団と山浦立科町議

ふとホームページをめくると、もう7月22日。
台風もそれてよかった。
いよいよ夏本番です。夏山シーズンに突入。
かわら版 7月17日
(2011,7,22)

明日は佐久市議会6月定例会の最終日です。
折返し地点での新人事はうまくいったのでしょうか。
頭数の多い会派が正副議長、正副委員長を占めるのが佐久市議会の
慣わしですが、「議会改革」は、所詮、数の論理なのでしょうか。
前年度からの請願・陳情の3件がまた継続審議となり、先送りされました。
「休会中の継続審査」は経済建設委員会ではありませんでした。
総務文教委員会でもなかったように聞いています。
定例会での常任委員会審査は2日間日程が組まれていましたが、
社会や総務文教は、1日で終わってしまいました。
2日目は、午後に議員学習会がセットされました。それで、3件も
継続審査では、市民は納得できるのでしょうか。
佐久市議会では、委員会審査中心主義を掲げながら、その委員会が
おざなりにされてはいけません。この辺りから改革すべきでしょう。
かわら版 7月3日
(2011,7,4)

内閣不信任騒ぎがありましたが、ネズミはでませんでした。
退陣表明をした総理の元でいつまで混迷を続けるのでしょうか
大震災の義捐金は未だに配分されず、10万人近い避難者が
いるというのに、いつまで政争を続けるというのでしょうか。
本会議欠席者の小沢氏の言い分を聞いてる時間があれば、
被災地の声を聞くべきではないですか。
 民主党も失望の限りです。
かわら版 6月13日
(2011、6,9)

 とうとう梅雨入りしました。畑もぬかって入れません。
パソコンに向かいブログでも書いて情報を発信しています。
6月定例議会に向けて情報開示請求書を書いています。
今回は何をやろうかと、いつも楽しみですが、欲張りすぎてはいけません
その点で一問一答方式は、いい方式です。
蜩c市政も折り返し地点です。5月補正では、余剰金を23億も積み立てて
「健全財政」と胸を張っていますが、市民は市税や国保税の納税に
苦労しています。21年度末で市税の未納は15億円余、国保税の未納は
6億7000万円余です。22年度末はどうなるでしょうか。
SOS佐久ネットには、督促状に悩まされる市民の相談が絶えません。
かわら版
(2011,5,29)

5月9日から11日まで臨時市議会が開かれました。
正副議長選挙があり、中澤兵衛氏が議長、木内昌明氏が副議長に就任しました。
会派の変動もあり、8人が高志会、7人が平政会、5人が市民の風、共産、公明各3人となり
最小会派になってしまいました。役職も少なくなり、この機会にきちんとした行政チェックと
市民要望実現のため頑張りたいと思います。
議会だより1面2面

5月14日、念願の臼田弓道場が完成しました。
近所に住んでいる東信地方の弓道界の重鎮、日暮千曲さんの悲願でしたので
嬉しいニュースです。私の「ブログ」に写真があります。


5月22日は、臼田小満祭です。佐久病院祭もあります。
恒例の井出節夫のお宿を開きます。お出かけください。
案内は。こちら・・・
井出節夫励ます会ニュース
(2011.5.18)

県議選、大勝利。12398票。堂々第2位当選。佐久地区初の共産党県議誕生です。
北佐久郡区で220票、佐久市で2181票。合計2401票伸ばしての当選です。
4年前の雪辱を果たしました。佐久市では、9635票と、当選者の中ではトップです。
我等、市議も鼻が高い。今後の活動にも反映されるでしょう。
翌日、蜩c市長を訪問、あいさつしました。

議員団ニュース」参照 かわら版
(2011、4、20)

明日は県議選の投票日です。

 (藤岡候補の出発式で団結ガンバローの音頭をとりました)

 最近、ブログを始めました。
活動の様子やコメントは、ブログをご覧ください。トップページからどうぞ。
3月定例市議会報告 1面 中面 4面 上手く作れずごめんなさい。
(2011.4.9))


御代田の町長選挙は、茂木町長が他の2氏を押さえ圧勝しました。
同和対策事業をやめ、その予算を福祉や教育に回した4年間の実績が
評価されたと思います。(2月14日の記事が裏付けられました。)
私も浅間民商の会員周りをしましたが、佐久民商の頃から知り合いの会員さんが
元気に仕事をしていました。殆どの人が、茂木町政を高く評価し、支持を
約束してくれました。今日の新聞報道では、副町長を廃止するとのことですが
職員とスクラムを組み、議会とも良い関係で緊張感を持ち、頑張って欲しいです。

 わが佐久市も昨日、28日に市議会3月定例会がはじまりました。
瀬戸地域への火葬場建設断念、佐久病院からの基幹医療センターへの財政支援
に対する市長の考えが述べられました。課題は山積みされています。市民への
情報公開と丁寧な説明、そのために汗をかく、若さで頑張って欲しいと思います。
 3月定例会は各会派の代表質問があります。「一般質問もやるべきだ」との
わが会派の要望は握りつぶされたままです。議員の発言権を奪うものです。
 私ども日本共産党の代表質問は9日午後3時30分頃より2時間です。
佐久市には「質問採り」という風習があり、通告したし質問に対して「質問」
してきます。昨日はそれで2時間かかりました。本会議でやりたいものです。
中には、質問項目にに対し、既に回答は決まっているようなことを発言する
課長もあり、論戦が始まってしまいました。「質問採り」どころではありまえん。
何を勘違いしているのでしょうか。「あなたが雛段に座ったら」という感じです。
質問項目は、別にお知らせします。市議会のホームページもごらんください。
(2011.3.1)

 2月26日のTPPを考える集会 佐久森林組合の代表(研修センター)

 御代田の町長選挙は明日、15日告示されます。
茂木祐司町長は2期目を目指します。前回は同和問題で町民が
歴史的な判断を下しました。現職町長を破り、同和対策事業を
終結させました。そして、その予算を福祉や健康の施策に振り向けました。
そうした、施策を支持する人が増えているということで、再選への
手ごたえは感じているようです。最後まで手綱をゆるめず。
 県議選は、13日付け信毎の記事では、木内氏の後継は若手の新人
佐久市議が有力候補という報道でした。自民党籍があるのは
大井議員ですから文脈からも名前は解ります。大井氏の地元高瀬区は、
合併時の選挙でも当選したK議員が学歴詐称で辞職、今度も任期の途中で
辞職ではやり切れません。トップ当選が泣きます。懸命な判断を。
 わが佐久市議会は28日から始まります。当初予算を審議する重要な
定例会です。各会派の代表質問も注目です。この1年間、議会改革を
特別委員会で論議してきましたが、どんな代表質問になるでしょうか。
議案の事業説明を求めるような質問は、事前に所管の係長に聞くべきです。
佐久市民新聞に議員が事業仕分けをしろと叱咤されたわけですから、
市民の目線で事業をチェックすべきです。高志会5時間、平政会3時間で
主要な「仕分け」はされるでしょう。われらはタブーに挑戦しますか。
(2011.2.14)

かわら版 2月13日号

 2月3日、誕生日が来て61歳になりました。
豆まきの日が誕生日ですので、覚えてもらいやすい日です。
ブルーマリンSCとアイルエイジェンシからお祝いのメッセージが届きました。
ありがとうございました。嬉しいことです。
 1歳という年齢を重ね、10年間の議員活動を振り返る時期です。が、
いっせい地方選挙が終わるまでは、そうした余裕は生まれません。

 佐久では、小諸市議選挙が終わり、今度は御代田の町長選挙です。
3人の戦いで、茂木町長は2期目を目指します。
4月の県議選挙は、木内県議が衆議院選に出るということで後任を
選んでいるようです。佐久市・北佐久郡区は広い地域ですので、
知名度も問題になります。前回落選し、補欠選挙でも名を売っている
藤岡氏は、少し有利かもしれません。長野県議会は7人の共産党
議員団が頑張っているので、共産党への期待も大きなところがあります。
頑張り次第では、佐久地区での初議席もも夢ではありません。

 わが佐久市議会は、議長などを選ぶ臨時議会の日程が決まりました。
ゴールデンウイーク明けの5月9日に議長選挙とのことです。
そろそろ、立候補の動きが始まります。二元代表制の一翼を担う
議会の代表にふさわしい議員を選出したいものです。
(2011.2.5)

最新の身近な情報をお知らせするために「かわら版」を作ろうと思い、はじめてみました。
しんぶん赤旗 日曜版読者 臼田・野沢地区向けです。
ホームページにもアップします。PCに向かう時間を作りだしたいと思います。
少しフォントがちがっていますが記事の内容は同じです。
(2011.1.27)
こんにちは井出節夫です かわら版 1月30日号


     1月25日夕刻の浅間山 今年は雪が少ない

 新しい年を迎え、菅内閣の改造がありました。与謝野氏の入閣が話題になっています。
自民党の比例代表で当選して、離党、立ち上がれ、無所属と渡り鳥ですが、今度は
民主党政権の一員です。東京の有権者も黙っているのでしょうか。その与謝野氏、昨日は
年金支給年齢の引き上げ発言など、国民無視の姿勢をあらわにしています。菅首相と
打ち合わせての発言でしょうか。内閣不信が募ってきます。24日からいよいよ通常国会が始まります。
小沢一郎氏の政治とカネ問題をはじめとして与野党の攻防が始まります。国民無視の論議に
しないよう、われわれがきちんと監視していくことが大切です。
 佐久市は20日に臨時議会を開き、緊急経済対策を具体化しました。幼児のヒブワクチン、肺炎球菌
ワクチンの接種、防犯灯のLED化、小中学校の保健室のエアコン、図書の充実など生活重視の
施策が盛り込まれました。区からの要望の小土木工事も23年度分を前倒ししておこなわれます。
6億円の補正予算は地域経済を潤すことになるでしょう。
 
 ブログを始めてみました。肩肘を張らずに日記風にということで、やてみます。
少しずつ研究しながらコメントをいただける様なブログにしたいと思います。
(11.01.23)

 あけましておめでとうございます。
09年の衆議院選挙、10年の参議院選挙、民意はめまぐるしく変わったのでしょうか。
ぶれてばかりいる政治家に愛想が尽きたのでしょうか。沖縄県民は「米軍海兵隊は
県外移設」で民意は統一されました。沖縄に連帯しましょう。
 昨年は秩父困民党の名跡を訪ねてきました。自由民権運動の激化の中、1890年、
帝国議会は開設されました。あれから120年、今は日本国憲法下の国会ですが国権の
最高機関としての国会の果たす役割が問われています。
 政治を国民の手に取り戻すために今年もがんばります。
(年賀状のごあいさつ)

 昨年、「デフレの正体」の著者の藻谷浩介氏の講演を拝聴する機会がありました。
「生産年齢人口の減少と高齢者の激増」という漠然としていた私の知識を目の前の
事実として数字を示し、明解に応えていただきました。
昨年12月29日『朝日』の社説の中に「人口減社会の行方」の見出しを見つけました。
英国の雑誌「エコノミスト」も11月号で「日本の重荷」として日本の人口減少の特集を
組んだとのことです。日本は今のままでは、1995年に8700万人いた労働人口が、2050年には
5200万人にまで減る。国力は衰退し、年金制度や社会保障は行き詰まる。警告を発した
とのことです。
 わが佐久市でも2005年に60,881人の生産年齢人口が、2035年には45,246人になるという
資料があります。4分の3になってしまいます。これは、厚生労働省・国立社会保障・
人口問題研究所の資料です。この資料では、老年人口(65歳以上)割合は、2005年の
24.3%が、2035年には36.4%になり、人口でも31,034人になるとのことです。
自治体の仕事である国民健康保険や介護保険の制度が行き詰まる恐れがあります。
 『朝日』の社説は、対策として、子どもを産み、育てやすい環境をつくる。女性が働き易い
仕組みをつくる。ことをあげています。
高齢化が進むことは避けられない事実です。しかし、少子化を食い止めることは、
政治の力で克服できる課題だと思います。諸外国の例も研究しながら、佐久市という地域で
なにができるのか、このテーマを今年は探求していきたいと思います。

 国の政治は民主党の自民党化が言われています。大企業への奉仕精神、アメリカへの
思いやりしかりです。憲法学者の小沢隆一氏は、「今の民主党政権は、まるで自民党が次に
スムーズに政権を担当できるように、道筋をつけてあげているという意味では、自民党返りと
言っていいと思います」と語っています。小沢一郎氏を政治倫理審査会出席という程度で
お茶を濁すわけにはいきません。証人喚問ができるかどうかに民主党の「政治とカネ」への
姿勢が国民の前に明らかになります。
政治を国民の手に取り戻すためにも今年は重要な年になります。
 皆さんのご指導、ご援助を頂きながら、力いっぱい頑張る決意です。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
(2011,1,1)

こんにちは井出節夫です 1月号1面 2面

あれから2ケ月が過ぎ、師走も半ばになりました。
総合文化会館の建設の是非を問う住民投票は、11月14日投開票が行われ、投票率は
条例で修正した50%条項をクリアーし、約55%に達しました。結果は、約71%が建設反対の
意思を表明しました。反対は31,051票、賛成は12,638票でした。
年代別投票率では、私の属す60代が71・62%と最も高く、30,40代も高い投票率でした。
マスコミの取材でも若者は、「もうハコモノはいらない」「この子たちに負担を残して欲しくない」
と答え、「建設反対がほとんどだった」(期日前投票の取材『朝日』)と投票後に報道しました。
私ども議会は、昨年、建設推進派の「早期建設の陳情」に対し、賛成17人、反対9人で陳情を
採択しました。私は主に財政面から早期建設には反対の態度を表明し、5年後の地方交付税の
優遇措置の終了を市民に知らせてきました。(下記 5月7日参照)現在の優遇措置は、
22年度ベースでは約20億円です。民主党政府の地方交付税改正論議では、もっと不安定な
ものになるかもしれません。市の将来の財政について学ぶ機会になりました。
いずれにしても、投票の結果は議会の多数の意思は民意とはねじれていたことがはっきりしました。
蜩c市長は、「首長と議会が共に、市民との距離をより近づけるべく、もっと汗をかかねばいけません」
と語っていました。(「週刊ダイヤモンド11月27日号」)同感です。
 さて、佐久市議会12月定例会は11月30日に開会し、私の一般質問は9日に終了しました。
土地開発公社が公共用地にするため取得したものの塩漬けになっている30億円近い土地のうち
臼田の土地について質問しました。佐久総合病院入口信号の正面の3階建てビルと敷地。
平成5年度に臼田町が「商店街の無料駐車場にするため」に取得しました。以来、16年間、
手をつけず、「塩漬け」のままです。建物を解体し、この約230坪の土地が更地になれば、
隣接する佐久病院の従業員駐車場と一体になり、河川敷にある(雨が降るとぬかってしまう)
評判の悪い駐車場が一部解消できるでしょう。市当局は、答弁できませんでしたが、いずれ
市が引き取る土地ですので、買い物客のためにも一日も早い土地の利活用が望まれます。
 ごみ処理問題では、これまで、何回も生ごみの資源化、堆肥化を訴えてきました。臼田の
堆肥製産センターが事業仕分けの対象になったりして、生ごみ処理への論議が始まりました。
また、ごみ処理基本計画では、生ごみ処理機、コンポスト処理が初めて取り上げられ、
実施計画にも載りました。生ごみを燃やし続ける施策から資源循環型社会形成に向けて
蜩c市政の「変革をめざす」第一歩になるのか楽しみです。
 12月定例議会は、22日まで続きます。その後、続編は書こうと思います。
(10,12,12)

 10月に入り、めっきり秋らしくなりました。今年の暑さは異常だったので、一気に秋になりました。
民主党の重鎮・小沢一郎氏が起訴されることになりました。検察審査会の決定です。議決書の
要旨を読みましたが、立派な判断です。30歳代の人が多かったようですが、よく調査し、市民の
目線で判断したと思います。民主党も司法の判断だけにゆだねるのではなく、国会できちんと
解明すべきです。そうでなければ、金権政治から脱却できません。先の代表選挙で小沢氏を
支持した議員はどのような行動をとるのでしょうか。庇い続けるのでしょうか。注目です。
自浄能力のない政党はいずれ消え去るでしょう。
 今日からゼロ金利政策が始まりました。これで日本経済は立ち直れるのでしょうか。円高、
デフレ、消費不況、失業は克服できるのでしょうか。200兆円も内部留保のある大企業を救う
だけの円高対策、景気浮揚策では、下々は干上がってしまいます。
国民の懐が豊かになり、安心して暮らせる政策を、今こそ実行すべきです。
 佐久市では8月末の臨時議会で総合文化会館建設の是非を問う住民投票条例ができました。
実施設計まで出来上がった建設計画を、これから「住民に賛否を問う」ということです。
日本のトップ企業の設計書を市の職員のチームで見直し、圧縮案を作りました。
8億円ほど建設費が減額されました。20ページに及ぶ広報の号外を全戸配布し、各地区で
説明会を開き、判断を仰ぐという計画です。11月14日が投票日です。
 8月末の臨時議会から9月6日には定例会の開会、30日に閉会ということで、盆明けから
ずっとでした。その後、佐久広域連合の議会が昨日4日にあり、やっと終わったという感じです。
 この秋は、住民投票、事業仕分け、火葬場用地の選定、ごみ焼却場の建設用地、都市計画
マスタープランの見直しなど課題が山積みされています。
(10,10,5)

 長野県知事選挙と県議補選(佐久市・北佐久郡区)が行われました。
知事選では民主党などの推薦の阿部守一氏が当選しました。田中県政の一期目に
副知事を勤めた人です。自民党推薦の前副知事腰原氏との接戦を制しました。
私どもの推した松本氏は及びませんでした。阿部氏に期待を寄せたいと思います。
 県議補選では、共産党公認の藤岡義英氏が清水氏に大差をつけられました。
ともに1議席を争う選挙戦であり、強力な組織が動きました。
 この間、7月の参議院選挙があり、選挙の連続で疲れ気味でした。体調も良くない上に
連敗続きではなんとも気が重くなったままです。政党政治が続く中で、国や県の政治は
個人の魅力よりは、政党の政策、イメージが大きく左右するようです。日常的な住民との
結びつきと政党の理念・理想が合致しない面があるかもしれません。テレビ、新聞等の
マスコミの報道も大きく政局を左右します。選挙の戦い方を考えなければいけません。

 今日は、長崎の原爆記念日です。7月3日に私たちが臼田をリレーした平和行進のペナントが
平和祈念公園に届いたと思います。昨晩も選挙速報をテレビを見ていましたら、
ライトアップされた平和公園の北村西望作の平和の像が写されていました。
長崎の原水禁世界大会に行ったのは十数年前のことでしたが、八月は、あらためて
戦争と平和を考える機会です。8月6日の広島での式典で、核廃絶を願う広島市民の前で
「核の抑止力」を平然と述べている菅首相は、どういう平和・戦争認識でいるのでしょうか。
平和運動、市民運動の原点に戻ってもらいたいものです。

 わが佐久市では、総合文化会館の是非をめぐる市長提案の住民投票条例が物議を
かもしています。6月定例議会では「早期建設を求める」陳情が17対9で採択されています。
建設推進の議員は、住民投票必要なしの人が多いようで、条例案は否決される可能性が
あります。市当局は、最近、投票を行った場合の概算経費を3400万円と提示しました。
蜩c市長は、建築の実施設計も中断せず、管理運営費の積算委託料も満額支払った後に、
建築費や管理運営費の「圧縮」を行うために職員をはりつけました。
どの程度「圧縮」されるのでしょうか。余計な税金が使われるように思われます。
佐久市は、5年経てば地方交付税は今の2割近く減額されることは確定しています。法人市民税も
落ち込みは極端で、景気の悪化を裏付けています。大型事業は極力控えなければ、
福祉や教育、医療に税金は回りません。合併特例債はしょせん、借金です。国の財政政策も
あやふやです。「特例債は交付税措置されていますよ」といわれても、数字にでてきません。
ここは、『建設延期』を決断すべき時です。
 これからも酷暑が続きそうですが、お盆を過ぎれば涼しくなるでしょう。ご自愛を。
(10,8,9)

 鳩山首相と小沢幹事長がやめました。今日は内閣総辞職です。期待された民主党政権、
初代総理は1年持ちませんでした。今回の2人の辞任は、国民の期待を裏切り続けてきた
民主党政権に対する国民の怒りの包囲の結果です。アメリカにも財界にも「ものが言えない」
政権は、国民世論と乖離し、誰がリーダーになっても同じでしょう。首相は辞任理由に、
普天間問題と政治とカネを上げましたが、新しい首相や民主党の幹部が、この問題に
どう向き合っていくかが問われます。首相退陣で、民主党の公約が水に流されたわけでもなく、
普天間の「県外、国外移設」問題は、野党になった社民党も今度は鋭く対決するでしょう。
菅副総理が今日中にも首班指名ということでしょうが、日米合意の閣議決定に参加した人では、
米軍基地問題は解決できないでしょう。参議員選挙での大きな争点にしたいものです。
 1日の参議院厚生労働委員会で、障害者自律支援法の延命につながる改定案が
民主、自民、公明の賛成多数で可決されました。日本共産党と社民党は反対しました。
この時点では与党であった社民党も反対したほどの公約違反の改定案でした。
100人を超える傍聴者の中、法案の趣旨説明に続き、わが党の小池晃議員が反対討論
しただけで採決です。自律支援法違憲訴訟団の意見も聞くことなく、「廃止の方針」を
明記もせず、全くの暴挙です。 後期高齢者医療制度の廃止の延期とも合わせ、
公約違反の積み重ねです。労働者派遣法の改正案も、大企業を応援する内容で、
これで民主党支持の「連合」の組合員は納得するのでしょうか。非正規動労者の量産、
ワーキングプアーの量産のための法案です。許せません。
 蜩c佐久市長が昨日の記者会見の折に、子ども手当てについて「安定性の欠けた政策で、
少子化対策にならない」と批判したとの報道がありました。(6月4日「朝日」)蜩c市長は、
「現場から国を変える首長の会」を立ち上げたとのことです。確かに自民、公明政権の
時と同じバラマキに終わる可能性があります。では、佐久市の少子化対策はどうでしょうか。
子どもの医療費の無料化は小学生まで、学童保育制度のない市、非正規雇用の保育士、
臨時雇いの学校図書館司書、自校給食は1校のみ(それも廃止の危機)等々、地方の
「現場」は悲惨です。市議会でも問題にされましたが、改善の見通しはありません。
まず、地方で変えられることから手をつけてほしいものです。
 6月定例市議会は6月10日からです。一般質問は18、21,22日の3日間です。
今回から一問一答方式です。中身の濃いものにするために準備中です。
(10,6,4)

 昨日、村井知事が8月の知事選挙に不出馬の記者会見をしました。
昨日は、藤岡県議補選予定候補と街頭宣伝の日でした。知事は「1期4年と決めていた」と、
述べていますが、胸のうちはわかりません。知事は、浅川ダムだけは強行に推し進めました。
地鎮祭はやり、工事に着工しますが、次の知事はどんな人になるのでしょうか。地すべり地帯の
ダムですからいくらかかるかわかりません。私どもはダムで浅川の洪水は防げないと考えていますが、
多くの県議は予算に賛成したとのことです。来年の県議選で審判を下しましょう。
 小沢一郎幹事長が検察審査会で「起訴相当」と採決を下され、検察の事情聴取を受けます。
小沢氏の秘書が単独で4億円もの借金を銀行から借りれるわけはありません。小沢氏の
借入申込書、印鑑証明書、連帯保証人の印鑑証明書などなど、銀行に必要書類を提出させれば
解ることでしょう。庶民の税務調査でさえ、銀行はすぐに税務署に書類を見せてしまいます。
ましてや、泣く子も黙る東京地検が、「小沢氏本人の関与が認められない」とは、情けない。
これで検察が再度「不起訴」にして、その後検察審査会で「起訴相当」と決まれば、起訴されます。
司法の手によって「小沢関与」が審理されます。これも、面白いかも知れません。
政治倫理審査会は非公開、傍聴なしですから、国会での証人喚問が必要です。
国会の責任で疑惑を究明すべきです。
(10,5,14)

 沖縄が燃えています。25日の9万人の県民集会を契機に、米軍基地NOの声が高まっています。
鳩山総理も公約を投げ捨て、言い訳がましいことを述べています。一国の首相の言動が
世界から注目されています。当長野県選出の北沢防衛大臣も、毎日違う発言をしています。
若林前参議院議員もそうですが、長野県人として恥ずかしい次第です。
普天間基地はアメリカに無条件返還しかないでしょう。海兵隊の訓練はアメリカ領土内で
やればよいのです。「日本を守る」部隊ではないことは、アメリカが言明しています。
そんな部隊のためになぜ沖縄の人たちが苦しまなければならないのでしょうか。
 民主党に対する失望感が広まっています。アメリカにものが言えない。大企業に物が言えない。
自民党と全く同じです。大企業のひも付き御曹司の代表と金権政治家田中角栄の愛弟子の
幹事長を党幹部に据えた政党です。2人とも秘書が逮捕され、有罪判決を受けていても
居直っています。検察審査会は小沢氏を「起訴相当」と判断しました。カネの流れを明らかにすべきです。
これは司法と同時に国会の責任で行うべきです。
長野市の民主党参院予定候補は、ツーショットのポスターから小沢氏をはずしたそうです。
民主党現職の若手からも小沢降ろしの声が上がっているようです。
 参議院議員選挙はいよいよ7月11日投票です。誰に投票したらと迷っている方。
ぶれない政党、企業献金・政党助成金を受け取らず、国民目線で政治をリードできる
日本共産党の支援をお願いします。
 昨日、中野早苗・長野選挙区予定候補と街頭演説をしてきました。遊説カーの上に
乗って手を振るのも久ぶりですが、大勢の通行人が手を振ってくれ、大いに励まされました。

 総合文化会館建設も、4月27日に議会全員協議会が開かれました。
蜩c市長は、実施設計の見直しをしたいとの意向でした。庁内のチームで3ケ月ほどかけて
設計の圧縮を検討する。今後の市の主要な事業計画も見据えた財政計画も精査し、市民に示す、
ということです。詳細な実施計画をどの程度圧縮できるのでしょうか。
 圧縮してやって欲しいことは、市民からたくさん寄せられています。
 財政事情から先送りされている中学生までの医療費の無料化や介護慰労金、国保会計への
繰入で保険料を引き下げること。、学校図書館司書の臨時職員問題、市役所内の非正規職員など
ソフト面での充実も大きな課題です。浅間病院の手術室や東病棟の改築、武道館の改築、
臼田町誌編纂室の玄関の雨漏りなどハード面でも「予算がない」と先送りさせられているものは
山積みされています。
 4月28日の反貧困佐久ネットの相談会には、大勢の相談者がありました。何回も職安に行っても
仕事が見つからない。母親の年金を頼りに暮らしている。カンパで寄せられたお米を配給しました。
夫が生活費を入れてくれないという相談には、正直、困ってしまいました。よく話しを聞いてあげ、
少しアドバイスをしました。また、5月にはお出かけ下さい。5月は最終水曜日の26日です。

 佐久市の財政試算は、合併特例期間終了後の平成28年度からは「地方交付税の算定替特例」が
段階的に終了し、平成33年度には普通地方交付税は、およそ18億7000万円減少する。
減少額は、28年度は18億7000万円の10%、29年度は30%、30年度は50%、31年度は70%、
32年度は90%、33年度は100%という計算になります。
21年度は約100億円ですから、33年度は81億3000万円という市の試算です。
この6年間に、減額される地方交付税の総額は、65億4500万円です。
丁度、総合文化会館建設費分がなくなってしまいます。・・・これが合併特例法のムチです。
「合併特例債の元利償還の70%が地方交付税で配分される」これも特例法です。
しかし、算定替特例は、元利償還の70%をはるかにしのぐ交付税の減額措置です。
合併10年後、日本中の合併した自治体が交付税の減額に悲鳴を上げます。
(10,5,7)

 4月17日は記録的な大雪でした。当日は臼田の春祭りの宵祭で、雪を心配していましたが
夕方までには殆ど溶けました。太陽の力はすごいものです。18日の本祭も晴天に恵まれ、
楽しいお祭となりました。息子が来たり、叔父さんが来たりで盛り上がりました。
 お祭が終わり、野山はいっせいに芽吹きをはじめ、田畑での仕事が始まっています。
今年は定番野菜の他に何を作ってみようかなどと計画を立てるのもこれからです。
 政治の世界は新党ブームで、民主・自民を見限った有権者の受け皿にでもなる
つもりでしょうか。「無党派」といわれている有権者も、その時の流れで政権担当者を
選んでいると思いますが、ここらで軸足を何処に置くか一考しなければなりません。

戦後65年、日本はアメリカの占領下におかれ、経済も食糧もアメリカに依存している。
核を持ち込まれても何も言えない、米兵の犯罪も取り締まれない、なんと情けない
国でしょうか。総理に就任すればまず、アメリカを訪問し、ご機嫌を伺いながら外交政策を
進めているのです。つい先日の訪米では、殆ど相手にされませんでした。数ヶ月しか「持たない」
首相には用はないのかもしれません。・・・4月25日、沖縄が燃えています。

 大企業の横暴を取り締まり、労働者の働く権利を守る労働組合の支持を得て、政権に
付いたはずの民主党・社民党も大企業の言うなりの労働法制を容認しています。
本当にどうなってしまったのでしょうか。
資産家の息子と大企業からの企業献金に固執する金庫番の政治は、これまでの
自民・公明の政治とあまり変わりがないことが、国民の前に明らかになってきました。
 アメリカ従属と大企業奉仕の政治からの脱皮、事業仕分けはその点にメスをいれる
べきではないでしょうか。天下りもきちんと仕分けるのは当然ですが、2つの異常から
目をそらせては、大手術は出来ないでしょう。劇場型の事業仕分けをしても、成果は多くないでしょう。

 昨日の報道によりますと、志位和夫共産党委員長が党首としては初めてのアメリカ訪問をします。
今月30日から来月8日までの日程です。主な目的はNPT(核不拡散条約)再検討会議への参加・傍聴と
参加各国代表団、国連関係者との会談とのことです。オバマ大統領のプラハ演説から
始まった核廃絶への流れが大きくなることを期待しています。

 佐久市内では総合文化会館建設の住民投票、ごみ処理場建設用地、火葬場建設用地
の誘致など活発な議論が交わされています。
8月8日に投票日が決まった県知事選挙と同時に行われる県議補欠選挙が激しさを増してきています。
私どもは前回9997票を獲得し、惜敗した藤岡義英氏を擁立します。
元佐久市議の息子さんの旅館の主人も立候補をするようです。
今、佐久市内には県議は木内氏一人しかおりません。もう一人は欲しいのですが、
誰でも良いというわけにはいきません。長野県政、佐久市政に対しての政策を市民に訴える
必要があります。現職市議の中にも元気の良い人はいないのでしょうか。
県議選での政策論争を期待しているのですが・・・。

 今、佐久市の財政研究をしています。国の動向が定まらなくて大変ですが、いずれにしても、
地方交付税頼み、国庫補助金をあてにするやり方は必ず破綻します。政府は地方交付税が
地方に配分できずに、交付税の一部を先送りする「臨時財政対策債」という赤字地方債を
考え出したのです。後年度に100%地方交付税に上乗せするというものです。
この借金は、佐久市だけでも100億円あります(22年度末見込み)。全国では90兆円という
巨額になります。国の税収が減り続ける中で、どうやって「交付税に上乗せ」出来るのでしょうか。
少し考えただけでも推測できます。その上、合併特例債事業も70%は「交付税に上乗せ」と
いうことです。国頼みの政治とは早く決別すべきです。
自主財源をきちんと確保できる経済・産業政策を地道に築き上げることです。
(10,4,21)

 4月、新学期が始まりました。入園式、入学式の季節です。
役所では人事異動です。納得行く人やそうではない人や悲喜こもごもです。
議員にとってはやっと3月定例議会が終わったという一段落の感じです。
国の方ではわが長野県の若林元農水相が辞任しました。任期まであとわずか。
息子さんとバトンタッチして有終の美を飾るはずでしたが、どうしたことでしょうか。
参議院というところは、採決の際に、出席議員数と投票総数を確認しないのでしょうか。
後で、報道写真で不正が判明したようですが、どうなっているのでしょうか。
 参議院選挙も近づいてきました。民主党も2人区に2人立候補ということで、長野県でも
2人目を発表しました。民主党は長野県では「ダム賛成・必要」です。「コンクリートから
人へ」という公約は何処へ行ってしまったのでしょうか。前原国交相も浅川ダムには
補助金をつけるということです。政権をとってしまえばなんでもありですかね?
新年度予算は、税収より多い借金をして、うちの86歳の母親も「国は幾らでも借金が出来て
いいねー」「借金で仕事をするなら、誰でも総理大臣になれるよ」と言っています。
「子ども手当てをもらった人たちが、大きくなったら負担するんだよ」と、教えなければ。
 佐久市は無駄な公共事業の「甲冑博物館」の予算、約3億5000万円を削除しました。
私どもは、昨年、当初予算で反対を表明しましたが、賛成した皆さんが、何も疑義を持たず、
質疑もなく、予算減額に賛成したのは、どうしたのでしょうか。
市長提案には逆らえないのでしょうか。市民に対し説明責任があるのではないでしょうか。
 今年は、総合文化会館の住民投票条例の論議です。市長の提案に賛意を示したのは、
共産党だけでした。私どもは、以前から、アンケートか住民投票を求めていましたので、
提案を歓迎しています。6月議会が楽しみです。
 新年度もゴミ焼却場や火葬場など課題は山積みされています。
佐久病院の基幹医療センター、高度医療センターも診療内容を煮詰めているようです。
これから「用途変更」の難題、病院建設に適地かが市民的論議となります。
 議会報告ができました。皆さんに対話をしながらお届けします。
(ホームページもいくらかイメチェンしましたが、不都合はこれから工事します。)

(10,4,5)

 

 最近の私の活動

更新日 15年7月28日 

 


    

井出節夫   65歳(1950.2.3)寅年      

   

   ・佐久市議会議員 
    経済建設委員
    地域医療問題特別委員会 
    
     
  ・日本共産党佐久市委員会 副委員長
  ・日本国民救援会佐久支部副会長

  ・ブルーマリンスポーツクラブ会員

  

 


   事務所