鳳凰三山

コース:広河原より白鳳峠口、白鳳峠、高峯、地蔵岳、観音岳を経て鳳凰小屋泊まり。翌日地蔵岳オベリスクを通り、
同じ道を広河原へ。
◆山行日記
 鳳凰三山から白峰三山を望みたいというのが夢だった。天気予報では前線の通過はあるが晴れるとの見通しで、計画を実行に移すことにした。入山をどこにするかは単独山行ということもあり御座石鉱泉口を避け、広河原口にした。
  朝5時には雨が降っていたので早速天気予報を見る。晴れとしか言わない。常念岳のこともあるのでためらう。しかし、明日晴れればよいのだからと思い直し出発。広河原には8時に着いた。駐車場は満杯で人気の高さを思い知らされた。小雨がパラついてきたが今更引き返すわけには行かない。登山ノートに入山を記録して8時30分出発。白鳳峠口は直ちに急登で15分もしたら息切れがしてきた。1時間ぐらいは具合が悪かった。3時間の車の運転が利いている。下山も考えた。15分ほど休み、気を取り戻してゆっくりと登る。この道は本当に人が少ない。雲が切れ北岳が見え始めた。峠には11時に着いた。2778Mの高峯は景色がよく目の前に北岳、鳳凰三山が見えた。目で見た見た地蔵岳のオベリスクはすばらしい偉容がある。2840Mの主峰観音岳は14時に到着した。鳳凰小屋は畳1枚の寝場所がありまずまず快適であった。夜の満点の星空は最近見たことのない美しさだった。一合550円の酒を2本飲んで眠りについた。
  翌朝は快晴。この夏一番の天気で富士山を始め周囲の山並みがパノラマのように見渡せた。夢であった白峰三山の雄大さを目の前にし、高峯の山頂で45分ほど一人で気分を満喫していた。いつもとは反対側からの八ケ岳連峰はこれまた、素晴らしい眺めであった。下山路は急な下りを覚悟し、ゆっくりと下山。10時半には広河原に到着した。
  芦安村の南アルプス温泉で疲れを癒やし、生ビールでのどを潤し、感激を胸に帰宅した。15時30分。(97.8.23-24)