燧ケ岳


コース:温泉小屋より見晴小屋を経て見晴新道往復

▲山行日記
温泉小屋の温泉に浸かり昨日の疲れを癒し、6月1日早朝6時に温泉小屋を出発した。朝もやの中の尾瀬が原はまた違った趣がある。見晴小屋にザックを預け、ヒウチを目指す
尾瀬沼に向かう木道を進み15分ばかりのところで左に折れ、
見晴新道に入る。まだ芽吹きの遅い山中を進むと、残雪が所々に顔を出す。まもなく全くの雪上歩行となる。春の雪は柔らかく、歩きやすい反面すぐにめり込んでしまい、傾斜が急になるに連れて、難度が高くなる。軽アイゼンを用意してくればよかったと悔やまれる。
頂上近くはガレ場が多く、最後の胸突き八丁はさすがに疲れた。山頂での眺望は素晴らしく、深田氏の言う展望台である。目の前に武尊,至仏の山並み、そして平ケ岳を始めとする越後の山々。日光や赤城の山並みが360度の展望で見渡せる。記念撮影の後でゆっくりと昼食をとり、下山した。残雪の下山道はこれまた大変で見晴小屋に着いた時にはクタクタであった。ビールで喉を潤し、尾瀬が原を鳩待峠に向かった。振り向き様に見るヒウチは雄大で高く聳え立っている。さっきまであの山頂にいたと思うと感慨は一塩であった。
やっとのことで鳩待峠にたどり着き、帰路に片品村の温泉で疲れを癒した。帰宅はとうに10時を越えていた。(97.5.31-6.1)