蛭ケ岳

コース:青根-八丁坂-姫次-蛭ケ岳-鬼が岩-往復

▲山行日記
早朝3時半に自宅を出発する。青根には6時についた。登山届けの箱に届け出をして出発。林道終点まで車を入れる。階段続きの登山道は疲れる。30分で休憩しながら1時間ほどで尾根筋にでた。そこからは東海自然歩道になっていて散歩道であった。姫次は広場になっており、展望が開けた。目の前が檜洞丸、その左が目指す蛭ケ岳。頂上はすべて林に覆われているのが信州の山との違いか。最高峰は1672メートルなのでその程度であろう。伊勢原から来たという人としばらく同行する。丹沢山系には時々来るようで詳しい。
蛭ケ岳には10時に到着。今晩は丹沢の山小屋に泊まる予定だったが早くついたのと天候が下り坂なので下山することにした。鬼が岩まで行くとシロヤシオツツジ、トウゴクミツバツツジがきれいだとのことで、往復1時間の行程を費やす。しかし、その甲斐があり、美しい咲きようを堪能できた。頂上でビールを飲み干し、昼食をとり下山した。(2:30)(98.5.23)