五竜岳・唐松岳

コース:八方尾根ー唐松岳ー五竜岳ー五竜山荘(泊)
      山荘ー遠見尾根ー神城ー八方口
▲山行日記
  5:30自宅を出て7時過ぎには八方口到着。ゴンドラで第一ケルンまで。8:15出発ハイキングコースを白馬三山を眺めながら歩く。8:52八方池着。右に白馬三山左に五竜と鹿島槍の素晴らしい眺め。久しぶりの山行で天候に恵まれ感動した。雪田には9:32,丸山ケルンには9:55と順調に歩き、10:30唐松山荘着。北アルプスの山々が素晴らしい。目の前には去年登った剣と立山がその雄姿を見せていた。遠く槍が見え富士山も頭を見せていた。ザックをデポし山頂を往復。昼食をとり、11:25出発、最低鞍部までは下りの岩稜が続き油断できない。12:16着。あとはゆったりしたルートを白岳をトラバースして五竜山荘に13:20着。今夜から天気は崩れるということで目指す五竜山頂まで往復。登り50分、下り30分。山頂では順天堂大山岳部の若者も居て皆で話しながら40分位山岳パノラマを満喫した。
 夜半には降り出し、風も強く、戸の軋む音に悩まされながらうとうとして一夜を明かす。夜朝共に自炊でにを軽くし、翌朝は雨の中7:00出発。遠見尾根は適度に起伏があり小雨の中を滑落に気を付けながら下る。大遠見には8:30。日が射してきたきれいな虹が見れた。小遠見や地蔵の頭を経てテレキャビン乗り場には9:45着。タクシーで八方口へ。  
 町営の風呂に入り、昼食を取り、大町山岳博物館、ちひろ美術館を見学して三才山経由で帰宅した。(99.10.2-3)