龍岡城五稜郭


 西洋式の筑城法を用いて作られた城です。函館の五稜郭に3年遅れ、1867年に完成をみました。28歳の若き藩主松平乗謨(のりかた)が「これからの城はかくあるべきだ」と天下に示したもので、日本では最後に完成した城です。わが国で二つだけの洋式の城でした。
 築城工事が終った年には大政奉還、さらに4年後の明治4年には廃藩。奥殿藩、田野口藩、龍岡藩と187年にわたった大給松平家の歴史に終止符が打たれました。
 廃藩と共に龍岡城の土地建物は全て処分され、現存しているのは御台所のみとなっています。周囲の堀は一度は埋められましたが昭和7,8年に地元の人たちの力で石垣、土塁が復元されました。堀に掛かる大手橋、樹齢を重ねた桜樹、堀水に浮かぶこうほねの花、「はねだし」のある美しい石積みを見ることができます。昭和9年に国史跡に指定されました。城内の建物は田口小学校です。最近歴史の里「であいの館」(写真右上)が完成。ボランテアの人たちが史跡を紹介してくれます。

都市交流
 函館市・・・五稜郭を通じての「ゆかりの町」
 岡崎市・・・松平・奥殿藩のあった縁で「ゆかりの町」