富士山

富士山に登るために少しずつ山歩きの訓練をしてきた。いよいよ富士登山。好天に恵まれ、須走口をめざした。五合目には民宿が立ち並んでいたが、客の姿はあまり見かけなかった。菊屋さんに泊めてもらい早めに休んだ。
17日はご来光を眺め、朝食をとり、5時半に出発した。六合目、瀬戸館では休憩をとった。この辺りはまだハイマツがあり、小さな高山植物が見られた。以後は火山の噴石の道だ。本七合目、見晴館は3250Mで、日本第2の高さの北岳の3193Mを超えた。須走口八合目は、江戸屋。皇太子殿下が泊まったと記されていた。本八合目江戸屋にはうどん、ラーメンなどの食堂が併設されていた。自衛隊員の訓練日であったようで、自衛隊員が休憩していた。素晴らしい展望であった。ここからはきつい登りが続く。斜面のところどころに残雪が見られた。「不二山九合目」の標識には、3600M,「天・夢・人」の看板が掲げられていた。すべるがれきを踏みしめながら最後の難関を登り詰め、階段をのぼり、鳥居をくぐり、11時30分、頂上東京屋に到着。一息入れて展望を楽しんだ。お鉢巡りをしながら最高地点を目指す。噴火口跡である鉢の中は万年雪が残っている。飲料水にしているとのことである。約1時間で日本最高峰富士山剣ケ峰に到着。遂にやった。感無量である。観測所のドームが大きかった。「四方の山を見おろして・・・富士は日本一の山」と歌われた絶景である。目の前に駿河湾や芦ノ湖、富士の裾野の樹海など、一望できる場所である。「疲れが吹き飛ぶ」景色であった。下山は、細かいがれきの道なき道を滑り下りながら、夕方5時に登山口に戻った。山中湖畔の宿で疲れを癒し、地元山梨産のワインで無事の山行を祝った。
(96.7.16-18)