大雪山(旭岳)


 新潟港からフェリーで小樽港には4:30到着。翌日から天気が崩れるとのことで、今日のうちに一座をと思い、その足で大雪山・旭岳に向かう。
旭川が近づくと大雪の連峰が目前に広がる。有名な旭山動物園の脇を通り、旭岳温泉に向かう。ロープウエイ駐車場はそれほど混んでいない。ロープウエイの終点すがたみ駅を8:00に出発。ハイマツの間を通り、15分ほどで標高1670Mの姿見の池に着く。すでに多くの高山植物は姿を隠し、秋の準備をしている雰囲気である。チングルマの綿帽子が一面を覆っていた。旭岳の爆裂火口は、いたるところで噴煙を上げていて、活火山らしく硫黄の匂いが漂っていた。石室のところで登山届に記入し、山頂をめざす。登山道はよく整備され、安心して登れる。しばらくぶりの登山なので、足の進み具合があまり良くない。時間もあるのでゆっくりと歩く。8:40に7合目到着。
この時間帯は、十勝岳を盟主とする十勝連峰もよく見えた。まだ残雪というか雪渓の残る連山の向こうにトムラウシが遠望できた。トムラウシに数年前に登ったときは雪渓で迷ったことを思い出した。
 左手に爆裂火口を見ながら徐々に高度を上げる。8合目には9:10に着いたが、曇っていて山頂は見えなかった。急登が始まり、霧も濃くなって、風も強まってきた。気温も急に下がってくる。手元の温度は10・6度だが風のある分、体感温度は低い。山はこれだから恐ろしい。合羽を着る。9:50、2290M北海道最高峰の旭岳山頂に登頂。何も見えない中で、記念撮影した。
 10:15下山開始。岩場らしきところをルートを見失わないように、足場をキチント確保しながら下る。11:20に姿見の池に到着。山頂を振り仰ぐが、山頂は見えない。夏の残りの高山植物を眺めながらロープウエイ駅に11:40到着。昼食後、旭温泉で汗を流し、富良野に向かった。(07.08)

雌阿寒岳


 台風5号一過の早朝、オンネトー国設キャンプ場登山口から山頂をめざすことにした。昨夜来の雨で登山道は滑りやすいと聞いていたのでなるべく平坦の方の登山道を選ぶ。5:30に登山届けを出して出発。アカエゾマツの林の中を進む。1合目毎に標識が在り、目標を持って登るにはいいかもしれない。前の山行で左ひざが少しへたっていたので、サポーターをして登った。
5:55 2合目、6:30 4合目で休憩。膝をかばいながらの登りは結構疲れる。間もなく左手にポンマチ火口下観測局の建物が見えた。6:58 5合目、この辺りからジャリ道が始まる。7:17 6合目。周辺の山が見え始める。また、休憩。背丈を越えるハイマツの林の中を進む。7:40 7合目。ここを過ぎると阿寒富士がかっこ良く見えてくる。8:00 8合目。ガスがかかって視界が利かない。硫黄の匂いが立ち込めて来る。火口のふちを歩いている。風の加減でジェット機の爆音のような激しい音が絶えず聞こえてくる。8:12 9合目。ここからは稜線歩きで、平坦な火口壁に沿って山頂を目指す。8:27 阿寒湖畔からの登山道との分岐点。8:32 1499Mの雌阿寒岳に無事登頂。食事を取りながら、足を休める。ガスが時々晴れて、阿寒富士や火口を望むことができる。しかし、阿寒湖を見ることまではできなかった。
 9:20 下山開始、同じ道をピストン。膝はくだりの方がきつい。ゆっくりと休みながら進む。時々ガスが晴れて火口内のお釜、青沼がきれいに見えた。(写真)火口壁は鋭く切り立っている。9:45 8合目。まだこれから登ってくる登山者に出会う。9:56 6合目。10:28 5合目。10:57 3合目。20分ぐらいで休む。まだこれから先の登山を考えると無理をしないで降りる。11:14 2合目。11:35 登山口。無事降りられて良かった。中高年登山は下山中の事故が多い。自分が考えている以上に足は弱っている。雌阿寒温泉の野中温泉に入り、疲れを癒す。露天風呂が良かった。
 裏摩周湖、神の子池を訪れ、清里町でテントを張る。(07・08)

斜里岳


 この前来た時は雨上がりでその容姿を拝むこともできなかった。今年7月の仲間との旅行中に標津方面から斜里岳を望んだ時には、なんとしても登頂したい思いを強くしたものだった。
 清里のキャンプ場を出るとすぐ目の前に高く聳える斜里岳のシルエットが浮かび上がった。今日こそは登るんだと思うと、少し身震いする気がした。斜里岳バス停からは砂利道が続き、8キロの所に清岳荘、駐車場がある。数台の車が止まっていた。5:20 駐車料金を箱に入れ、登山届に記帳し、出発。林の中を進むとしばらくして林道におりる。林道を一の沢に沿って進んでいく。膝の調子を確かめながら、今日一日持って欲しいと願う。林道終点に大きな登山口の看板があり、これから先は渡渉の繰り返しになる。飛び石を繰り返しながら、へつったりしながら沢と樹林帯を登る。6:10新道コースとの分岐、下二股に着く。これからは沢登り気分であり、鎖あり、ロープありで結構滑りやすい岩を慎重に登る。6:50 方丈の滝は7合目にあり、すばらしい眺めだ。八つの滝があると言うがそれまでは数えてこなかった。七重の滝は看板があり、竜神の滝が最後の滝であった。なめ滝は登るには良いが下りは止めとこうと思うような岩渡りであった。7:12 8合目。7:40 新道と合流する上二股で休憩、ここから先は沢水は涸れている。ダケカンバのアーチが続く。ガレ場の急登が続き、頂上間近を告げる。間もなく馬の背の稜線に着くと、オホーツクが見えた。知床・羅臼の山並みが遠望できた。めざす山頂付近が見渡せる。痩せ尾根を慎重に登りながら、8:38 1547Mの山頂に登頂。頂上での展望は既にきかなくなっていた。羅臼方面もガスが昇って来ていた。しかし、念願であった斜里岳の登頂は、実に爽快な気分で、ひと時膝の痛みを忘れた。軽い食事をして9:00下山開始。9:37上二股。ガレが多いので転倒しないように注意しながら、左ひざをかばいながら慎重に下る。ここから沢を避ける新道コースに入る。熊見峠までは結構上る道で、最初のピークには10:00に到着。斜里岳の雄姿がまた別角度から見えた。ガイドブックに在るように眺望は抜群である。10:18熊見峠。ここからの下りが大変だった。相当急な下りで、滑りやすく、捻挫をしないように、一歩一歩踏みしめて下る。沢の音が聞こえはするが、なかなか沢は現れない。2回ほど休憩を取りながら、水分補給をして、11:05ようやく下二股に到着した。沢の水で顔や腕を洗いさっぱりとした気分になった。15分ほどして出発、沢を下り、渡渉を繰り返すが、下りは結構、川石から目が離せない。11:43林道に到着。一安心。
正午丁度に登山口に到着した。膝が良く持った。怪我がなくて良かった。しかし、もう、ひとっきら、山登りはいい。(07.08)




後方羊蹄山(しりべしざん)


 蝦夷富士と呼ばれるコニーデ型の後方羊蹄山は、1893Mの独立峰である。深田久弥は、この山の呼び方について「この山を単に羊蹄山と略して呼ぶことに私は強く反対する」と記している。古く『日本書記』に「しりべし」と書かれた歴史的な呼び名だという。後方(しりへ)羊蹄(し)と分解できるとのことだ。(これ以上の解説は氏の著書を)
 この日は息子と二人で倶知安・比羅夫登山口から頂上を目指した。4時45分出発。ゆるやかな林の中の道を歩き、30分ぐらいから急登が始まる。風穴からは更に急登、5時40分にようやく2合目に到着。標高650M、休憩。天気は回復方向の予報だが、山中は風が強く、周囲の景色は見えない。4合目は6時30分、860M,5合目は7時に到着、1040M。風が強く、雨混じりなので雨具をつける。「天気予報はどうなっているのか」と話しながら休憩をとる。7時30分出発。ダケカンバだけの林になり、8時には6合目に到着、1220M雲の上に出た。「あの風と雨は雲の中だった」と振り返る。長丁場なので休みを何度もとりながら登る。
 9時20分に8合目着、1575M。食事休憩を20分ほどとる。ここからはガレ場が始まる。15分ほどで9合目に着き、樹林帯から抜け出す。間もなく避難小屋との分岐となり、旧小屋跡には10時10分着。一面のお花畑である。1785M。写真を撮りながら休憩。ここからは2分ほどで火口口にでる。1820M。ここまでくるとあとわずか、御鉢めぐりで山頂を目指す。旧山頂の一等三角点、1880Mには10時48分。そこから羊蹄山頂までは4分。10時52分登頂。岩の上に標識が立っていた。(写真左)天気は快晴、360度のパノラマで、久しぶりの登山の息子も感激していた。眼下に洞爺湖から内浦湾が広がっている。西にはニセコアンヌプリのスキーリゾートが広がっている。深田が登った時は景色は見えず、「何も見えない乳白色の中を、旧火口を一周して下山についた」と記している。さぞ無念であったろう。標高差が1300Mあるのは、富士山並みである。6時間かかったことになる。
 下山は御鉢めぐりをしながらということで、11時40分出発。火口口の分岐点まで1時間10分かかった。12時50分。5合目には14時50分、食事をとる。下りも結構長い。やっとのことで、登山口には16時55分、5時間近くかかった。足が棒の様とはこのことである。往復で12時間のきつい山行であった。一人であったならばどうなっていたのか。これで日本百名山98座目の山行が無事終了した。倶知安の日帰り温泉で汗を流し、小樽の甥の家に向かった。(2012.8.7)