西吾妻山

  今年は梅雨明けがあまりにも遅く、それを待てずに東北へ出かけた。
前日に裏磐梯・早稲沢の民宿に泊まり、天侯の回復を期待した。夜、夕立があった。
7月31日、午前4時半に民宿を出発。福島・山形県境の白布峠から西吾妻山(2035M)をめざす。
5:10登山口を出発。昨夜の雨で登山道脇の木々が濡れている。緩やかなアップダウンを繰り返しながら1時間ほどで小川の流れに出会う。合計4本の小川が湿原(馬場谷地)から流れ出ているのであろうか。5分ほど行くと湿原を展望できるところにちょっとした木造の展望台があり、もう少し時期が早ければ見事だったように思えた。1700から1800Mの湿原には地塘があり、ところどころに木道が敷かれていた。西大巓(にしだいてん)への登りは苔むした石、岩の連続。雨に濡れ滑り易く気を抜けない。登山道に熊笹が多い懸かり、それを払いながら足元を確認し、前進する。露で腕も下半身もずぶ濡れ状態。
8:05 西大巓(1982M)着。早稲沢口からの登山者が一人休んでいた。雲が多く、まわりの景色は望めないが、天気はよく、気持がいい。まだ時間が早いので雲が切れるのを期待した。8:30 出発。お花畑にはまだコバイケイソウやチングルマ、コウメバチソウなど数種類の花が咲いていた。シャクナゲも道の脇に咲き誇っていた。西吾妻山頂手前には避難小屋があり、木道の脇には地塘がある。9:10吾妻連峰最高峰に到着。山頂山頂は樹林の中で、展望は利かない。標識の前でセルフシャッターを切り、
10分程でUターン。途中、登山口でであったご夫婦にすれ違った。西大巓で食事をするために一度下り、またのぼり上げた。10:00 山頂に着く頃には青空が見え、西吾妻の山頂も望めた。西方にはグランデコの駐車場も見えた。誰もいない山頂で、靴を脱ぎ、湯を沸かしゆっくりと食事をした。1時間ほどして
11:00 下山開始。帰りは濡れたり、泥になってもよいようにと雨具のズボンをはいた。下りはよく滑る。一瞬たりとも気を抜けない。30分おきに休まないと気力が続かない。例の展望台で休んでいた地元の人に出会い、20分ほど山に話を聞く。冬場は5メートルを超える雪が降るのに木々はそれに耐え、元気に育つ。飯豊山荘も作ったそうだ。その人に「西ダイテン」の読み方を教わった。13:40 登山口着。
今年初めての日本百名山登山は疲れた。体力づくりを少しサボっていた為である。(2003.7.31)

磐梯山

 会津磐梯山は近づくにつれその雄姿を現してくる。桧原湖畔の早稲沢から磐梯山ゴールドラインを登山口に向かう。猫魔八方台の駐車場は広く、大型バスも止まっていた。家族連れの登山者も多くにぎわっていた。昨日の西吾妻山とは全く違う様相だった。8:00に登山口を出発。ブルドーザーの跡のある林道を気持ちよく進む。20分ほどで中の湯に到着。今は休業中の小屋の横には硫黄の湯が湧き出ていた。周りにはアジサイが咲き誇っていた。そこからは登山道に入る。樹林帯の道はところどころに展望の開ける場所があり、裏磐梯や桧原湖が望める。火口壁の上を歩いているので絶壁の上であり、場所によっては冷や汗をかきそうな処もある。弘法清水の小屋には9:30着。2軒の小屋があり、天狗岩方面の景色も良い。冷たい清水を一口飲み、山頂をめざす。急登を20分ほどで磐梯山の山頂、丁度10時。
途中で小学校の子ども会に会うなど結構混雑していた。山頂は360度の展望で、吾妻連峰もその雄姿を横たえていた。その右方向には安達太良の山々が見え、いずれこの百名山にもお世話になるなと思いながら、眺めていた。この頃には遠方の山頂はガスがかかってきていた。湯を沸かし、食事をとり、10:35下山開始。弘法清水には10:50。20分ほど景色を眺めたりバッジを買い、11:10出発。これから登ってくる人も大勢いた。4歳くらいの子どもが親に付き添われて登ってきていたが、心配になる。50分ほどで中の湯の小屋着。林道を下山中に珍しいセミの脱皮に遭遇した。うすい緑色の皮をむいて徐々に成虫になる瞬間であった。12:30無事に登山口に到着。2日連続の百名山はさすがに応えた。桧原湖畔の高原ホテルの温泉に浸かり、一挙に自宅まで車をとばした。(2003.8.1)

                      

会津駒ケ岳

 登山前日に桧枝岐村の民宿に泊まった。関越自動車道を小出I.Cで下りて奥只見シルバーラインを通り、檜枝岐村に入った。カーブばかりの道で、小雨の中の運転は疲れた。村に入る頃には雨も上がり、新築されたばかりの白旗史朗写真美術館を見学した。
 当日の朝は雨があがっているものの寒い朝で、天気の回復を期待しながら登山口に向かった。
6:30滝沢橋登山口より出発。最初にハシゴの階段があり、急登が始まる。途中でお結びをかじりながら体をなじませる。約1時間で水場の標識のある広場に到着。山頂まで2・9K、国道まで3・8Kの標識がある。上の沢源頭部には雪渓が残っている。8:30頃には草原地帯に入り、木道が始まる。周りは草紅葉できれいだった。下りの登山者から上は霙が降ったとの話で、気を引き締めにかかった。少し登ると木道はうっすらと雪で覆われていて、よく滑る。注意をしながら進み、8:50には駒ノ小屋に着いた。一休みして山頂をめざす。山頂まではずっと木道でよく滑る。駒大池の周りには地塘が多く、リンドウやチングルマをカメラに収めた。15分ほどで山頂(2132M)に着いたが、すっかり雪で覆われていた。もちろん、何の展望も利かない状態であった。周りの木々も雪でツララ状になっていた。5分ほどいて下山。くだりはもっと大変であった。駒ノ小屋で昼食にした。泊り客と一時避難客は入口が違い、休憩所には3人の登山者がいた。湯を沸かし、ラーメンを食べながら宿で用意してもらった結びを食べた。寒かったので生き返った気がした。
 10:20下山開始。雪は小屋の付近だけでこの頃には木道の雪は溶けていた。11:20水場。これから登るという学生4人が雨具に着替えていた。時折木漏れ日のさす中を下り続け、丁度正午には登山口に着いた。何もなくほっとした。村営の温泉で疲れをとり、尾瀬桧枝岐温泉のポスターを買って、那須に向かった。(2003.9.30)

那須岳

 檜枝岐村から那須岳登山口方面への道路事情は悪く、かなり迂回し、大回りをして新甲子温泉に泊まった。飛び込みの客であったがサービスも良く、風呂も素晴らしかった。
 当日は好天に恵まれた。茶臼岳に登るだけを計画していたが、天気が良く、欲が出てきた。
ロープウェイ山麓駅の駐車場を8:40に出発。平日だが大勢の登山者がいた。峠の茶屋付近までは広い登山道でハイキングコースである。その後は火山礫の登山道に入る。右手に朝日岳の岸壁を見ながら峰の茶屋をめざす。9:20、峰の茶屋跡避難小屋に着く。剣が峰の東側を巻いて岩場を朝日岳に向かう。途中、鎖場があるが使う必要もない。9:55、朝日岳山頂(写真右、後ろは茶臼岳)。目の前の茶臼岳は噴煙を吐いている。遠くには富士山を展望できた。付近の山は紅葉で覆われ、みごとであった。熊見曽根は展望が良く、写真をとる人やスケッチを楽しむ人が大勢陣取っていた。そこからは下りで、木道も通りながら清水平に降りる。10:30着。10分ほど休憩して出発。北温泉分岐から左に歩を進め、ハイマツの中のアップダウンを繰り返す。那須岳の最高峰、三本槍岳(1917M、写真左)には11:05に到着した。20人近い人がいた。360度の展望で男体山やあ会津駒ケ岳などが見渡せた。誰もが富士山を指差し、好天の幸運を喜び合った。会津方面を見渡せる場所に陣取った。この日は昼食の準備はなく、ラーメンとソーセージ、みかんで済ませた。ゆっくり素晴らしい景色を味わい、11:45下山開始。同じ道を戻り、峰の茶屋跡には13:00着。学校での集団登山の中学生の一団が休んでいた。火山岩の転がる道を茶臼岳に向かった。お鉢めぐりをしながら山頂へ。
13:35到着、山頂(1915M)には鳥居や社があり、ここにも大勢の参拝客がいた。地面のあちこちから噴煙・蒸気が上がっており、少し気味が悪い。ハイペースで登り続けたせいか、かなり疲れた。磐梯・吾妻の山並みを眺めながら、まだ未踏の安達太良山に思いを馳せた。
帰りは、20分ほど下り、那須ロープウエイのお世話になった。次の目的地の筑波山麓まで行く元気がなく、那須湯本温泉で疲れを癒した。(2003.10.1)