黒斑山

 秋晴れの9月22日、8月の霧島山以来の山行だ。黒斑山(2404M)は何度か登ったが、休日の気分転換には手ごろな山である。5時20分に自宅を出て車坂峠には6時少し前に着いた。高峰高原ホテルの駐車場で富士山を眺めながらサンドイッチをほおばった。 駐車場はこの時点では15台ほどであった。6時10分、登山届けを出して登り始める。細かい火山礫の道でハイキングコースだ。周りの高山植物は殆ど枯れている。久しぶりのせいか、体が重く感じられる。森の中で下りがあり、鞍部まで階段状に道が続く。それからはのぼりの連続だ。40分ほどで視界が開け、遠く北アルプスが一望できた。八ヶ岳連峰の左に富士山が顔を出している。一休みして景色を楽しむ。多分、帰りではこの景色は見れないだろう。単調な登りを繰り返しながら、避難小屋(ドーム)を過ぎると稜線にたどり着き、目の前に浅間山が飛び出す。岩の飛び出したトーミの頭に数人が立っていた。浅間山の外輪山の荘厳さを象徴する岩だ。ジグザグ歩きを繰り返して、トーミの頭に到着。浅間山にひきつけられる。一息ついて山頂を目指す。8時12分登頂。2時間のコースタイムなので順調に登ったことになる。体が慣れてきたのかもしれない。ここからは浅間の火口が見え、前掛山の山頂標識が見える。双眼鏡をのぞいていた人の話では、相当の登山者だそうだ。山頂には若いカップルなど11人がいた。証拠写真を撮ってもらい、朝食をとる。
 8時30分下山開始。瓦礫の道は危険が伴う、本当に注意して歩く。好天に恵まれた連休でもあり、登ってくる登山者の多さにびっくりした。グループ、家族連れ、カップルなど「続々」という言葉が正に当てはまる。あの狭い山頂がひしめき合うのかと考えれば気の毒だ。のぼりの時と同じ場所でアルプスを眺める。うっすらと見えただけである。ハイキングコースで高山植物の写真をとりながら10時には登山口に着いた。無事、山行を終えた。駐車場も道路も車で溢れていた。天狗の湯も車でいっぱいだろうと思い、サンピアの温泉まで車を走らせ、浅間連峰を遠望しながら湯に浸かり、疲れを癒した。(2013.9.22)

籠の塔山

 11月14日は朝から天気が良く、絶好の登山日和。まだ積雪のない浅間連峰をめざす。籠の塔山(2227M)は、地図では籠の登山と表示されている。登山口の高峰高原までは自宅から1時間。標高2000Mの峠で「アサマ2000」のスキー場である。高峯温泉の横に駐車し、9時に登り始める。唐松林をなだらかに登るとやがて溶岩が飛び出す登山道になる。温泉客のハイキングコース程度の道で快調に高度をあげる。クマザサが切れると岩の砕けた砂礫の道に入り、登山的な雰囲気になる。遠く冠雪した北アルプスの山並みが見え始める。天気は良いが風が強く、帽子をかぶり変える。45分ほどで水ノ塔山(2202M)に到着。景色を眺めながら一息つく。浅間山の外輪山らしく火口が開けて、崩壊している。その火口壁づたいに西方向に進む。木々に着いた氷の粒が落ちてくる。道も所により霜柱があり、濡れた岩を注意をしながら踏み越えていく。40分ほどで籠の塔の山頂。人影はなく三角点にカメラをセットし、セルフで記念撮影。北アルプスの穂高連峰から立山、剱後立山連がきれいに見えた。その右側には遠く雨飾や妙高, 火打の山々が望めた。風をよけて50M位下ったところでアルプスを眺めながら湯を湧かし間食、元来た道を戻り高峯温泉に浸かる。