天城山


 登山口の天城高原ゴルフ場は一面霧に覆われていた。8:15出発。霧と風の中なので林間コースを進むことにし、天城山最高峰の万三郎岳(1405M)をめざすことにした。岩に苔生す登山道を進む。四辻は15分ほどで通過した。等高線に沿った道なので起伏はあるものの緩やかな登りになっている。ヒメシャラの木が生い茂っている。石柱101地点を9:00に通過し、水場には9:15、休憩した。沢筋の交叉部分で、苔生した石ばかりである。誰かが石を積んでケルン状にしてあった。ここからは巻道のように徐々に高度をあげ、丸太の階段や岩を登り上げ、9:45には涸沢分岐についた。上空は雲に覆われ、風が吹くと雫が落ちてきた。間もなく馬の背に出て、万三郎岳下分岐には10:35到着。10:42万三郎岳に登頂。遂に、日本百名山を踏破した。展望のきかない林間の山頂であったが、感無量だ。山頂には誰もいなかったが、数分して登山者が見え、用意してきた横幕を掲げ、記念撮影した。少ししたら上空から陽が差し込み、写真を撮りなおした。昼食をとり、11:30、下山開始、万二郎岳に、向った。途中10人ほどの登山者に出会った。12:12、馬の背という標識があったが、ここが石楠立(はなたて)というところか。アセビのトンネルをくぐりながら進む。馬の背といってもアルプスの低木地帯や岩場の稜線と違い、林の中なので風の影響も受けなかった。12:25、万二郎岳(1299M)登頂、ここも林の中で、いわゆるピークという感じはしない。三脚を立てて記念撮影をした。下りは滑りやすい石や木の根が多く、慎重に足を運んだ。駐車場には1:40無事に到着。日本百名山を名実ともに踏破した。ケガも病気もなくやり通せた。留守を預かる妻に感謝感謝。(2015.10.21)